こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千孤独 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>kyoko5346さん..
by nonacafe at 10:49
お久しぶりで~す❗ 狛..
by Kyoko5346 at 13:43
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(74)
(66)
(62)
(48)
(41)
(35)
(34)
(31)
(23)
(22)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 01月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 02月 14日
ジャパネスク・フレンチな、箸置(笑)
タタラの残り物を戯れに丸めた、クロワッサン箸置
その形はプリッツェルか?はたまた話題騒然のギョーザではないか?との一説も…(爆)。酸化焼成にてコゲ目の伊羅保釉+黄瀬戸釉でこんがりサクサク感を狙ったのだが、厚掛けし過ぎたかツヤツヤテカテカの光沢に…。(涙)

して、撮影のテーマは巴里は19世紀末ベル・エポックの東洋趣味とか(?!)。
巴里のクロワッサンと朱塗りの琉球箸とのチャンプルー・ミスマッチ。(笑)
e0047694_0112413.jpg
e0047694_012754.jpgぐい呑み(正しくはワンショット・カップ)は、時のムーラン・ルージュ歓楽に放蕩したアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック作「快楽の女王」の絵が微笑ましいサントリー美術館のスーベニールである。36歳で生涯を閉じた彼の身をむしばんだであろう超・度数の強い酒アブサンを、エールを込めキュッ!とあおるに相応しいのでは…と。(苦笑)

と言うのも、先の週末、東京ミッドタウンに新装なったサントリー美術館に遅ればせながら初入館したからだ。
開館になって何度か訪れたのだが毎回長蛇の列に辟易とし、入場をあきらめていたのだった。
e0047694_014591.jpg
いまさら「ロートレック展」でもなかろうとタカを括って観たのだが、いやはやとても面白く鑑賞できた。お決まりのリトグラフのポスターはもちろんであるが、肉筆のデッサン、油彩絵、モンマルトルでの人物交友録とその作品(そう、当時はもう写真や映画もあるのね・笑)、そして浮世絵ジャパネスクとの参照企画など。
今回もやや混雑状態の入場であったが、辛抱した価値と満足感があったのです。

■サントリー美術館「ロートレック展」〜3月9日まで
くわしくは、こちらへ。
[PR]
by nonacafe | 2008-02-14 01:06 | 庵主の陶芸 | Comments(4)
Commented by kanmyougama at 2008-02-14 09:24
ムランルージュのロートレックが出てきたので、耳を傍立てて、聞き入って・・・・いや・・読み返していますよ。
薩摩展ノ一夜はムランルージュ。
肩摺りあわす狭い座席で足の触れ合うのを気にしながら、ワインを手に、ロートレックのリトグラフのポスターに目は釘付け。
往時に帰って・・・・自分までロートレックと同じ気分でいました。

9時ごろ開宴11時過ぎにほろ酔いで風車を見上げました。
Commented by nonacafe at 2008-02-16 10:03
>上名窯さま お早うございます。(遅いレスですが…)笑

昨秋のパリ、ムーランルージュにも行かれたのですね。いいな〜。
その光景、まさにロートレックの「快楽の女王」さながら…。(苦笑)
そのモンマルトルの赤い風車、小生が見上げたのはもう遠い昔。
中に入ったんだっけかな〜?すでに記憶があいまい。
レビューを観たのは、リドだったか?クレージーホースだったか?(健忘症?!)
そうそう、ロートレックの肉筆油彩画。その走るタッチに
上名窯さんの「蓮」の絵を思い浮かべながら観覧しましたよ。
Commented by Potter-Y at 2008-02-17 21:23
サントリー美術館がミッドタウンに入ったことすら知りませんでした。(爆)
それにしても長蛇の列になるほど人気なんですね。
クロワッサンは黄身をふんだんに塗って焼いた感じですね~。
Commented by nonacafe at 2008-02-19 20:00
>Potterさま こんにちは。
サントリー美術館は赤坂見附から昨春引越して拡大新設されました。
工芸作品にいいものがあって、開館記念の企画展をいつも混雑していて
いくつか見過しました。やっぱりトレンドスポットゆえの
効果と影響でしょうね。赤坂ではいつも空いていましたのに…。(笑)

クロワッサン、黄身のテカリはいい具合?でしたが
タタラにバターの層をケチったのかサクッとは行きませんですたっ。(笑)
<< 廃材、転じて植木台に。 土の整理。 >>