こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千孤独 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>kyoko5346さん..
by nonacafe at 10:49
お久しぶりで~す❗ 狛..
by Kyoko5346 at 13:43
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(74)
(66)
(62)
(48)
(41)
(35)
(34)
(31)
(23)
(22)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 01月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 04月 10日
春の陶芸展まで、あと8日。
毎年この時期に開催する教室の陶芸展が今年もいよいよ迫ってまいりました。
今回発表予定の、最後となる制作物はこちらの箸置きたちです。
e0047694_16452156.jpg
この写真は施釉前でして、この後あれこれ悩みながら教室に用意された数多の釉薬を駆使し、先日やっとのこと還元焼成の本焼受付までたどりついたところです。
野菜や魚たちはこれまでも人気だったのですが、さて今回の出来栄えはどうだろう?
完成を見るまでちょっと不安!(笑)

他にも出展作はいろいろ。この一年の集大成を玉石混交?(笑)でご覧いただきます。
庵主の当番は初日の搬入設営と、4月21日(土)12:00〜16:00です。
吉祥寺はmonoギャラリーにてぜひお会いしましょう〜!


More さて、8日ならぬ、あと836日といえば‥‥
[PR]
# by nonacafe | 2018-04-10 17:54 | 庵主の陶芸 | Comments(0)
2018年 01月 05日
イヌ年の狛犬@新・国立競技場
2018年(平成30年 戊戌) 明けましておめでとうございます。

年賀状用に絡めて庵主のことしの作陶物は「阿吽(あうん)の狛犬」。
そう、ツーと言えばカー!言わずとも語らず忖度の心遣いで、本業の
デザイン原稿制作に、してまた日常のコミュニケーションにおいて
「阿吽の呼吸」こそが、我がポリシーだからして‥。
e0047694_11260423.jpg
ところで狛犬って何の動物?神社仏閣では唐獅子というライオンだか虎だかの
謎の動物が多いけれど、場所によってはオオカミやドラゴン、キリン、河童!?
なんてあるらしい。キツネはもちろんお稲荷様、沖縄ではシーサーが知られるね。
一対の門番である仁王様も「阿形と吽形の金剛力士」‥あれイヌじゃ無イヌ、ね(笑

で、連れ出したのは2020年に向けて急ピッチで工事が進む新・国立競技場の現場。
ここは神聖なる神宮の敷地。新設の競技場に狛犬の用意が無くば、ぜひ提供したい。

新春特別附録!!(おまけ)
上掲の狛犬撮影日は新年1月2日夕刻。凄いスピードで階層が建ち上がっていた。
思えばいろいろ変遷があったこのスタジアム。少ない機会だが、これまで
折にふれて現場を遠巻きに見てきた。ちょっと振り返ってみよう。

2015年4月12日
e0047694_11295797.jpg
e0047694_11301391.jpg
e0047694_11312636.jpg
思い出多き旧・国立競技場の解体工事現場。階段状の観客席一部と照明灯、
そして西面の正門公園の階段部分が残るだけの、寂しい光景だった。

以下のプレイバック写真集は長くなりますので、お時間とご興味のある方のみ・・・


*****こちら、Moreをクリックしましょう。
[PR]
# by nonacafe | 2018-01-05 12:48 | 庵主の陶芸 | Comments(2)
2017年 04月 20日
陶芸展、絶賛!?開催中!!!!
いよいよ我らが陶芸教室有志参加の陶芸展が昨日より開催中です。
1階エントランスは例によって一番人気の
掘り出し物満載100円からの「青空陶器市」で、2階に上がれば
e0047694_14483144.jpg
ギャラリーオーナーが拙作の染付角皿をチョイスしていただいて
文字通りウエルカムプレートに仕立てていただきまして、お客様を迎えます。

我がブースは今年も桜色仕様で、並んだ作品も相変わらずの進歩なしで、
あれ?これ?おや?まさに「デジャブ=既視感」状態ですが‥最新作です。(苦笑)
e0047694_14574579.jpg
そんな中に初日喝采を浴びた我が作品が、下のコレ!
e0047694_14592808.jpg
陶片小皿や箸置きのカケラ達だったのはちょっと複雑な気持ち‥。

[PR]
# by nonacafe | 2017-04-20 15:18 | 庵主の陶芸 | Comments(0)
2017年 04月 14日
「2017 むさしの春の陶芸展」のご案内
庵主がお世話になりっ放しの陶芸教室むさしの「春の陶芸展」が今年も開催されます。
会期は、4月19日(水)〜24日(月)12:00~19:00(最終日のみ17:00にて終了)
会場はお馴染みの、吉祥寺monoギャラリーにて。
庵主の出番は、初日の搬入陳列と、22日(土)12:00~16:00が会場当番です。
e0047694_19290437.jpg
今年は陶友の皆さんご多忙の様子で参加人数がやや少なめですが、ヒマな庵主は(苦笑)いつも通り張り切っての参加となります。
気分だけは張り切っているのですが、作陶内容は相変わらずの妥協&駄作の産物でありまして、この一年に仕上がった手前勝手な自信作や愚作並びに残念作のすべてをご覧いただくつもりです。ま、玉石混交の発表会ですからして‥。

例えば、描き込み過ぎの磁器染付皿。くどいカレーライスや、逆にあっさりした冷やし中華におすすめかも。
e0047694_19310050.jpg
そして姿形もマチマチな豆鉢。醤油皿に酒杯に酒肴に‥ま、何でもOKマルチ対応。
e0047694_19322928.jpg
磁器だけじゃなく土もの陶器も‥。下のこちらは昨年度ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞決定の報道を拝聴した際、記念に歌詩を配したラーメン丼ぶり。我が青春のラーメンとディランに敬意を込めて‥と言ったところか‥(爆涙)
e0047694_19381211.jpg
その他の作品はどうぞ現場にてごゆるりとご笑覧ください。お待ちしております!

[PR]
# by nonacafe | 2017-04-14 21:54 | 庵主の陶芸 | Comments(0)
2017年 01月 05日
一富士・二酉・三つ鱗
あけましておめでとうございます。
庵主の年越から新年は例年になく温泉でのんびり過ごした。

初詣は富士山ビューイング@大涌谷。
東京では日頃かすかに三角が見えるだけで「あっ!富士山!!」と
ワクワク得した気分になる富士山だが、ここでは大きく雄大。
つい手を合わせ拝みたくなる。これぞThe日本のシンボル。
e0047694_1844203.jpg

初夢では二番目は鷹だが、ここでは酉年にちなんだ庵主作イヤープレート鶏2点。
年賀状メインビジュアル使用のこちらは、なんちゃってバーナード・リーチ風
スリップウエア初挑戦戯作。へたくそ民藝を狙っています。(笑)
e0047694_18445877.jpg

セカンドとして制作したのは、なんちゃって若冲風
南天鶏図粉引色絵皿。超一級最高画材使用の若冲の「ハレ」に対し
こちらは再生土と古絵の具の使用で、「ケ」いや「ゲッ!」かも。(苦笑)
e0047694_18452387.jpg

さて、三茄子ならぬ「三つ鱗」の家紋は小田原北条氏。
昨年修復完成となった小田原城天守閣に登れば
戦国の現代にあっても「わが世の春」を感じる目出度い正月だ。
e0047694_18455240.jpg

[PR]
# by nonacafe | 2017-01-05 19:06 | 庵主の物見遊山 | Comments(0)
2016年 10月 07日
パキラの発芽、観察記。
9月13日*パキラの種子を植木鉢に忍ばせて翌日、早くも発芽らしきものがチラホラと。
前日一晩種を水に浸したのが良かったのか、なかなかの生命力が旺盛である。
e0047694_1856074.jpg
9月15日*種の殻を破って、15個のほとんどに発芽の兆候が‥。
e0047694_1856366.jpg
9月16日*殻を押し上げて茎らしきものが立ち上がる。種子の胚部分が双葉に変わったようだ。太めの大豆モヤシに見えなくもない。
e0047694_1857686.jpg
9月19日*雨を浴び、幼い双葉が光合成により葉緑素をたくわえて若葉色に。
e0047694_18573319.jpg
9月22日*茎が伸び、中には2本の株立ちとなったものもある。
e0047694_18581564.jpg
9月28日*さすが熱帯雨林の植物か逞しさを感じる。小さな本葉の芽生えを確認。
双葉がアンテナになって太陽からの栄養を本葉に補給しているのだろう。
e0047694_18584532.jpg
10月3日*パキラ特有の楓かヤツデのような本葉が成長。
もう一丁前にミニパキラの誕生!
e0047694_18592448.jpg

10月6日*15個の種子から実に20本以上の株が出来た。このままでは窮屈そう。
いづれそれぞれ株分けし、時期を見て本植木鉢に移植せねばならぬ。。。
e0047694_1901279.jpg
さて、こんなにパキラが増えちゃって、それぞれが立派に成長したら、我が部屋がパキラの森、アマゾンのジャングルと化しそうだ! (‹@_@›)アハハ‥。
[PR]
# by nonacafe | 2016-10-07 19:33 | 庵主の園芸 | Comments(0)
2016年 09月 12日
パキラの結実。そして種子の採取へ。
パキラの開花からだいぶ時間が経過いたしましたが、我がたわむれなる受粉の
お手伝いが見事成功したのか、7月のある日、メシベの萼の子房部分が
ぷっくり膨れているのを発見!!
それは日増しに大きくなり、めでたくご懐妊いやパキラの果実に違いあるまい。
e0047694_19191869.jpg
大きさはアボカドよりちょっと大きめと言ったところ。
ベタベタの甘そうな樹液を発散し、ひたすらひたいに汗かき「加油!」と
頑張っているあの夏の日、リオ五輪の出場選手のように‥。
(当時、昼夜逆転のTV中継で応援だった!?のだ‥笑)
e0047694_19213840.jpg
そうそう‥‥パキラは南米原産で、かのリオ五輪開会式でも入場の際には
各国のプラカードと共にパキラの小さな鉢植えたちが行進していたっけな‥!
ま、テーマはアマゾンに代表されるブラジルのグリーン・エコだったけどね。
e0047694_19224496.jpg
やがて果実はその重さに耐え切れず、2.3日前にいきなりドスンと落果した。
その弾みで果実は5つに割れ、中には完熟したような種子15個が
パンヤの綿に包まれて誕生。まるで美味しそうなナッツである。
e0047694_19233157.jpg
それはカイエンナッツと言い、食用でもあるそうな?‥油で炒めて
バターピーナッツで行けそうだが、微量の毒成分があるんだそうで、
まだまだ生存意欲のある我が身ゆえ、泣く泣く喰いしん坊は返上した。
e0047694_19241010.jpg
で、小生はリオ五輪のグリーンエコの精神を受け継ぎ
種子15個は、なにやら五輪マークに模した植木鉢に3個づつ忍ばせた。
さて、発芽は相成りますでしょうか?目下、非常なる愉しみとしている。



[PR]
# by nonacafe | 2016-09-12 20:08 | 庵主の園芸 | Comments(2)