こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:難あり ( 5 ) タグの人気記事
2009年 04月 28日
【春の新作-1】ワイン杯たち。
お陰様でたくさんの皆様のご来場をいただき、教室の『春の陶芸展』は昨日無事閉幕を迎えました。お忙しい中、遠路から、また雨天の中、お運び・ご高評・お買い上げいただいた皆様、そして拙ブログでは陰ながらご声援いただいた皆様に、WEB上にて略式ながら重ねて御礼申しあげます。

さて、ご注文の制作から大きく脱線いたしました、この度の庵主の目玉展示作品(教室師匠から大目玉?)であるワイン杯の完成お披露目をさせていただきます。
らしきもの?は、6個できました。
e0047694_193314.jpg
以下、中でもこちら↓は一応真っ直ぐにそびえ、堂々たる?A群(または種)
e0047694_1934540.jpg
こちら↓は、採点大甘、まあまあのB群(または種)
e0047694_1942473.jpg
で↓、C群(または種)。このアングルでは一見真っ直ぐですが…
e0047694_195918.jpg
e0047694_1955621.jpg180度回転すると…、
仲良く?うなだれた。
(ご迷惑かけてどーもスイマセン!の図)笑
左は本焼き窯入れの際、天井に触れ首が落ち釉薬で接合したもの(泣)。
右は素焼き後、ドベ部分が離脱したので絵付けは省略。釉薬で接合を試みたが…。
窯内で落下せずにくっ付いているものの、奇跡の神はやはり存在しなかった(苦笑)

なおワインスノッブの弁としては、ボウル部分はチューリップのツボミのように口縁は内側に閉じた形がアロマの薫りを引き立たせるので、庵主の形はいづれも失格。
確かに我がバカラの(見栄?ですぞ)愛器をしげしげ眺めれば、なるほど!次回今度こそリベンジを果たすぞ…!(…ってウソですよ。スタッフの皆さん、ごめんなさい)汗
e0047694_1964222.jpg
そして、ワイン杯のボウル部の削りで失敗した磁器片を、後生大事に(?)絵付け。(爆)
箸置への転用の狙いは、まんまと(?)成功し、むしろワイン杯より人気高!
…ってぇのも、微妙に複雑な気持ち。だから割れても捨てられない、てか?(笑)
なお、左に一緒に写った小鉢は何となくついでに出来ちゃった新作小鉢です。
[PR]
by nonacafe | 2009-04-28 19:38 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2008年 10月 29日
すべて不揃い(笑)染付湯呑&蕎麦猪口
最新作の染付である。出来るなら大きさ形を揃えようと思うのだが…(爆)
ま、同じ還元窯から出て来たのに仕上げの焼き色も異なるし…ね。(苦笑)

■湯呑三種
今回は出来うる限り細かく、伝統的な模様意匠をと、心がけたのだが…。
結果として相変わらずのワンパターン!(汗)一朝一夕には成らずの巻。
e0047694_1944402.jpg
▲左は、吉祥幾何文である祥瑞〔しょんずい〕を目指したのだが…(えっ?)
▲真ん中は、スリムなフォルムに合わせて麦藁文〔むぎわらもん〕または木賊文〔とくさもん〕なのだが、描き始めてからまっすぐ平行な等間隔の直線が引けないことが発覚し(笑)路線変更してリアルチック?!な麦藁束文。(爆)
▲右は、口縁に祥瑞風な帯を巻いたのだが面相筆の穂先がどうにも丸いので…との自分への言い訳のもと、毎度お馴染みの「鳥に葡萄文」に路線変更。(苦笑)
e0047694_19454748.jpg
それぞれの身込を覗くと…なぜか左は描き忘れ…又は放棄?!
還元具合が弱かったのか胎土の色が黄色っぽく、間抜け具合が増幅。
ちゅんちゅん…!(泣)


■蕎麦猪口三種
こちらもカタチ、バラバラ文。(薔薇に否ず!)笑
e0047694_19465311.jpg
▲右は、中国は景徳鎮の代表文様「魚藻文」を目標とするも…(笑)
▲左と中は、もはや予定を完全に放棄して「鳥に葡萄文」。(集中の限界?)
e0047694_19472713.jpg
やはり、▲真ん中は黄色く酸化風?!これってネットショップ広告で見かける
『ご注意・本品は手作りにつき個体差があります』の範囲かな?!(爆)
[PR]
by nonacafe | 2008-10-29 20:36 | 庵主の陶芸 | Comments(6)
2007年 12月 28日
ネズミが、飛び出した〜?!
チーズとバケットと赤ワインは、シンプルにして最強のうまいトリオだ。
チーズを食べたらバケットが齧りたくなるし、バケットを齧ったらワインも進む。ま、その逆もしかり。ともかくエンドレスに続く美味しさの三角関係である。
e0047694_64357.jpg
昼下がりの平日ランチとして、かようにワインが進んで果たして良いものか?(笑)
去りゆく今年を振り返って、反省の念しきり。いつしかまどろみの世界へ…。

フッと我に返ると、アレレ?絵柄のネズミが暴れた、か・・・?

涙を指で描いた雪舟のネズミは動き出したとか…(爆)・・・More
[PR]
by nonacafe | 2007-12-28 06:33 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2006年 03月 15日
風船挽き完成:その1【注器】
この度めでたく瀬戸留学試験に合格されたyadukiさんブログからご伝授いただき、その作業過程をお送りしていた庵主の風船挽きの注器のひとつが、還元焼成窯の洗礼から還って参りました。
いかがかなぁ?独断的な見方によれば茶陶の棗の如くシブいんじゃない(笑)。

e0047694_03465.jpgこちらが正面。
注ぎ口の失敗も気にならない
アングルだ(笑)。










e0047694_035568.jpgそしてこちらが裏側で
やや上から。
銅の釉裏紅風発色が
もっと赤ければ、もちょっと
シブハデになったかも…?






さて、肝心の注ぎ具合と
液垂れのチェックだ!
ところがツマミを摘んでも蓋は外れない!(爆)
e0047694_081455.jpg
で、こんな場合は教室の師匠にSOS対策を全面的責任依願。
が、木槌でトントン叩いても、こやつはウンともスンとも…。
少々手荒なワザかも知れぬが、ハガネのヘラを差し込んでやっとのこと分離した。

あああ・・・・・。
[PR]
by nonacafe | 2006-03-15 01:01 | 庵主の陶芸 | Comments(13)
2006年 03月 09日
拙者の、接写!?
柄にもない帳簿計算が終わり、さて春の野へとでもシャレこもう。と思ったが、
野が近くにないので近隣への散歩だ。
よそ様の塀越しにピンクの椿がチラホラこぼれる。しかしどれも傷ものだ。艶々の葉も折れたり穴が空いていたり…鳥たちの悪戯だろうか。葉影に隠れた中に美麗な一輪を発見。背伸びして思いきり接写で狙う。
e0047694_2217446.jpg
が、しかし拙者のデジカメにはマクロレンズはなし思いきりピンボケだ。ま、ホンワカとしてそれはそれとして春らしく良いではないか…(爆)

うなだれて足元を見れば、椿に劣らぬ雑草のロゼットが美しい。
e0047694_22175023.jpg
どう?こちらはピントばっちり!でしょ?(笑)
左のジグザグ鋸の葉はセイヨウタンポポ(たぶん?)、右のクレソンみたいなのはタネツケバナ(たぶん?)。厳しい冬をロゼットで過ごし、春の陽射しとともに元気に立ち上がってきた。知恵と根性の雑草は偉いんだなァ…。して、拙者の生きザマたるや…?
ま、誰にも平等に春は来るサ。胸に手を当て確定申告の封書をポストへと投函した。
[PR]
by nonacafe | 2006-03-09 22:43 | 庵主の物見遊山 | Comments(12)