こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:陶器・粉引 ( 73 ) タグの人気記事
2017年 01月 05日
一富士・二酉・三つ鱗
あけましておめでとうございます。
庵主の年越から新年は例年になく温泉でのんびり過ごした。

初詣は富士山ビューイング@大涌谷。
東京では日頃かすかに三角が見えるだけで「あっ!富士山!!」と
ワクワク得した気分になる富士山だが、ここでは大きく雄大。
つい手を合わせ拝みたくなる。これぞThe日本のシンボル。
e0047694_1844203.jpg

初夢では二番目は鷹だが、ここでは酉年にちなんだ庵主作イヤープレート鶏2点。
年賀状メインビジュアル使用のこちらは、なんちゃってバーナード・リーチ風
スリップウエア初挑戦戯作。へたくそ民藝を狙っています。(笑)
e0047694_18445877.jpg

セカンドとして制作したのは、なんちゃって若冲風
南天鶏図粉引色絵皿。超一級最高画材使用の若冲の「ハレ」に対し
こちらは再生土と古絵の具の使用で、「ケ」いや「ゲッ!」かも。(苦笑)
e0047694_18452387.jpg

さて、三茄子ならぬ「三つ鱗」の家紋は小田原北条氏。
昨年修復完成となった小田原城天守閣に登れば
戦国の現代にあっても「わが世の春」を感じる目出度い正月だ。
e0047694_18455240.jpg

[PR]
by nonacafe | 2017-01-05 19:06 | 庵主の物見遊山 | Comments(0)
2015年 04月 22日
陶芸展始まる!最新作のご案内
本日より開催された教室春の陶芸展
久々の晴天に見守られ、たくさんのお客様のご来場をいただきました。
小生がこの一年に作陶したほとんどすべての作品を並べましたが、
以下、ごく最近完成した拙作たちのいくつかをご覧ください。
e0047694_22393196.jpg
こちらは色絵を使った「南天」シリーズ。飯碗に続き中鉢で展開いたしました。
e0047694_22401776.jpg
左は桜と楓の「春秋図盛鉢」。気分は、えーと、魯山人?or乾山?(爆)
右は「椿文平鉢」。気分は光琳??or夢二??(爆×爆)
e0047694_22404653.jpg
さて、こちらは相も変わらず呉須染付の大皿3種。あこがれの祥瑞や芙蓉手を意識し
見た目の緻密さを装い(?)、絵付けの所要時間をむやみに費やしました。(笑)
e0047694_22413442.jpg
そして、これぞ定番、豆皿5種。下は、規格はみだしの小鉢とぐい呑み
e0047694_22421063.jpg
そしてまた、決してあきらめない!執念の陶芸。(苦笑)
e0047694_22434139.jpg
削りに失敗して割れた豆皿が転じて「スプーンレスト」。
カケラは「陶片箸置き」であります。
穴を開けてしまった奥は、もちろん「植木鉢」。会場では可憐なスミレが植わっています。

以上、本日ハレの日を迎え、目出度く嫁入りした拙作も含まれますが
まだまだ会場にてお手に取ってご覧いただけるものも多いかと存じます。

庵主の会場当番は4月26日(日曜日)12:00〜16:00です。
作品ともども皆様のお目汚しをいただけましたら幸いです。
[PR]
by nonacafe | 2015-04-22 23:03 | 庵主の陶芸 | Comments(2)
2015年 04月 09日
陶芸教室むさしの「春の陶芸展」
ことしも教室主催の展示会が開催されます。
2015年4月22日(水)〜4月27日(月)12:00〜19:00(最終日17:00まで)
会場は例年の如く吉祥寺はmonoギャラリー
庵主の会場当番は26日の日曜日12:00〜16:00となっております。

で、現在、作陶のラストスパートは、この絵付路線で
あと数点もうひと頑張りしようと企んでいます。
e0047694_18295144.jpg
華やかな赤絵は、本来、上絵付けが基本のようですが
であると、もう一回の窯入れで焼成費がかさみます…(^.^;)
本焼き前の下絵付けの絵の具+αで安直に仕上げ、
赤い実を生かした目出度い「南天/難転」がテーマです。
幸い先に仕上がったサンプルが教室の皆さまから絶賛をいただきましたので
そのお言葉丸呑みに信じてしっかりその気になっております、です。(^^)

「難点」もなく無事完成しましたら、もちろん会場に並びます。
万一、定番の染付けのみであったら失敗したか最終窯入れに間に合わなかったこと。
どうぞ会場で結果を目撃してください。

追伸>同時開催/激安!恒例青空市にも大放出しますよ〜!(爆)
[PR]
by nonacafe | 2015-04-09 19:16 | 庵主の陶芸 | Comments(0)
2014年 04月 01日
めぐりくる春。
弥生3月は一年ぶりのサクラに再会。今年の開花確認は28日であった。
庵主の陶芸作品のお披露目も4月にしてやっと再開であります。(^.^;)
e0047694_19181730.jpg
刷毛目織部斑紋盛り鉢
径は25cm程の高台鉢。バナナやミカンのフルーツ盛りをイメージ。
白化粧のシンプルな粉引の予定が、化粧掛け作業失敗につき刷毛目に路線変更。
いつもの絵付けがそぐわないのでは…と、フルーツを引き立てるであろう織部の
水玉意匠に。【酸化焼成。昨秋の完成】

そして、あっと言う間に満開を迎えた東京のサクラ。
まずはともあれ、車座でめでたく乾杯だ。
e0047694_19244312.jpg
粉引鉄絵多用杯
イメージは焼酎用猪口。華奢な男の手には余る大振りサイズ。
女性は両の手で上品にグビリ!もちろん小鉢にもご飯にも汁碗にも転用可能の
増税時代にはうれしいマルチ対応のビンボー派への応援仕様だ。
見込みに木の実のワンポイント。胴巻きに「What a Wonderful World」
スクラッチ文字あり。【還元焼成。昨秋の完成】
e0047694_19461380.jpg
さて今年も陶芸教室の展示会が開催予定だ。
4月23日(水)より例年通り吉祥寺のmonoギャラリーにて。
詳細は追ってご報告。それまで随時これまで完成の近作をご紹介しようと思う。

[PR]
by nonacafe | 2014-04-01 20:23 | 庵主の陶芸 | Comments(0)
2014年 01月 01日
謹しんで新春のお喜び申し上げます。
来年のことを語ると鬼が笑うと申しますが、Road to Tokyo 6年後いよいよ東京五輪開幕まで2,397日(庵主指折り調べ)となりました。
そんな待ち切れない思いを5-Rin Cup作陶に託し、今年の年賀状といたしました。
撮影場所は1964年東京大会女子バレーボール金メダル獲得の舞台、駒沢オリンピック公園です。
こちらは庵主の母校と縁の深い建築家、故・芦原義信氏の設計によります。
e0047694_2128476.jpg
さて、6年後なんてあっという間。いまから12年前のちょうど午年、当時庵主はパソコンやネットなどまったく無知そのものでした。ガイドブック片手にホームページを白紙からなんとか立ち上げました。
このブログに移行する前は、毎日のほとんどの時間を費やし、今でいうブログのような『一日一芸』の更新に明け暮れたものでしたが、逆に今、その作業が簡単になったブログ更新が、まるで出来ていなかったのは一体どういうことでしょう?(苦笑)

いずれも無料提供のページサイト上ゆえ、ほとんどのページは最近消滅しましたが、
かろうじて立ち上げの2002年365日分がアーカイブとして残っています。
その年は2月に冬季五輪はソルトレーク、6月には日韓ワールドカップ開催年でした。
明けた今年、あいにく(?)更新のない日にご来訪されましたら、慰み代わりにその月日のアーカイブをご笑覧いただけたら幸いです。(笑)
[PR]
by nonacafe | 2014-01-01 21:47 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2012年 06月 01日
新作出品@西荻・茶散歩
梅雨入り前の今頃の、爽やかな季節は散歩が似合いますね。
スカイツリー見物も良いけれど、今度の土日は西荻窪がお奨めです!
いまやアートタウンの噂も高い西荻の84のお店がイベント付きで
お散歩客にそれぞれお茶の無料サービスを振る舞ってくれるのです。
題して『西荻チャサンポー』なるうれしいイベントです。
e0047694_1135450.jpg
で、庵主が懇意にしていただいているお店『赤繪』さんでは
イベントに合わせてミニ陶芸展を開催。庵主も出品させていただきます。
お店の場所は西荻北銀座通りを行った左側、善福寺川の少し手前です。
やかんマークのチャサンポー参加店で、黄色いマップをもらい
迷子にならぬようぜひしっかり確かめてお出かけください。
e0047694_1142475.jpg
飯碗、蕎麦猪口、デザート小鉢など、以上が庵主のホカホカ最新作ですが、
相変わらずのマンネリ続きです。(苦笑)

More……で、他にも出品は次のいくつかを忍ばせます……。
[PR]
by nonacafe | 2012-06-01 11:24 | 庵主の陶芸 | Comments(4)
2010年 09月 24日
気分は、ガッカ・リー!とか?(笑)
拙ブログの中では今年の猛暑はすっかり抜け落ちていますが、お彼岸を過ぎてすっかり涼しく(寒く?)なりましたので、6月8日に進行中だった拙作の出来上がりを、今更ながらですが、ご紹介いたします。
e0047694_16112546.jpg
(気分だけ!は)ルーシー・リーとして作ったのは4点でした。
左2つが還元焼成で、右2つが酸化焼成です。当然ですがルーシーとは似つかぬものになりました。
口縁と高台際部分に銅釉を重ね掛け。その銅釉は「織部」だったか「瑠璃釉」あるいは教室開発の「益子青磁」だったか、なにぶんにも古い作業で記録も記憶もありません。(苦笑)
特に酸化の銅釉は蒸発して、どこへ行ったやら…???
e0047694_16121792.jpg
と思って、同じ酸化窯から出て来たミニ丼にそのミドリはしっかり寄生(転移)していました。
e0047694_161391.jpg
実はこの丼、昨年制作の『小禽葡萄文鉄絵粉引鉢』をお買い上げいただいた方からの追加注文でした。同じものをあと2個なんて、技術もないし、サイズのデータもないし、さりとてせっかくの追加オーダーですから、すべてを記憶と以前の写真だけを頼りに+1個の都合3個作りました。ま、どっちにしてもバランバランですが…。
e0047694_16135949.jpg
幸い2個は目出たしお嫁入りを済ませ、ミドリ転移の青アザのブツはお蔵入りさせました。これで今後は再度追加注文のサンプルとなります!とか?(爆)
[PR]
by nonacafe | 2010-09-24 17:00 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2010年 05月 18日
新作…のようなもの。
ブログ更新を怠っているスキに季節はいつしか初夏になりました。
写真ではまだ八重桜が咲いていますが…(>_<);
作って出来上がったものはすべて記録に残すのが拙ブログの方針ですので、
どうか最新作(近作?)をご笑覧ください。

このところ磁器の成型が失敗続きで、奇跡的に?生き残り焼けたもの。
天井の八重桜の木漏れ日がテカテカ光って見にくいですね。
e0047694_2213839.jpg
こちらから以下はすべて白化粧(粉引)に鉄絵。
飽きる事のない?否、○○の一つ覚えの双鳥葡萄文であります。意図せず鉄絵の色調が異なっているのは窯変ではなく、きっと絵の具の濃度でしょうね。(ずさん?!)
e0047694_22145446.jpg
久しぶりにハンドルを付けたペアのマグカップ。
サイズが大小となったので、ま、『めおと』ということで…。(爆)
e0047694_22162053.jpg
一つ覚えの絵付けに飽きると、独楽文になってしまいます。
でも手ロクロの回転に筆を降ろす作業は、その都度息を止めるので、むしろ緊張感と酸欠状態でより疲れるかも知れません。
e0047694_2217589.jpg

さてこちらから2点は、もっと以前の最新作(?)です。(^^;)
大きな丼。独楽文と言うか、傘の骨よろしくスクラッチの線文を加えた『蛇の目傘・文』。言われる前に言います、粋を通り越して、しつこいです。(苦笑)
e0047694_22184123.jpg
そして小鉢な双鳥葡萄文。
e0047694_22193955.jpg
以上です。なんだか大放出ですっきりした気分です。
これらは『春の陶芸展』にみな陳列いたしました。  …あっ、そうだ!
その節は多くの皆さんにお運びをいただきまして誠にありがとうございました。
文末になり、なおかつ遅くなりましたが、御礼申し上げます。m(_ _)m
出来の悪い不肖の息子たち…可愛がっていただけてるかなぁ〜と案じております、です。
[PR]
by nonacafe | 2010-05-18 22:36 | 庵主の陶芸 | Comments(6)
2010年 04月 02日
続『めおと飯碗』
ものはついでと申しまして、絵付けが(なんとなく?)カップルの
「めおと飯碗」も同時に作っていました。というか実は少食をめざす
小さな「姫茶碗」のご要望をいただいたからなのです。

どのくらいの大きさなのか?形は?色は?そして絵付けは?
と、細かいご注文をいただいても…なるようにしかならないのが我が作陶術。
大小色んな飯碗ができて、無理矢理「仮のめおと」に組み合わせました。

どれも赤白混合土に白化粧&鉄絵、還元焼成。
片や「透明釉」、相方は変化の出やすい「土灰釉」。行きずり刹那のエセ・カップルたち。大きいカップル順にご紹介いたします。

♥比較的大型カップル
抑え目な独楽の線文。見込み絵付けもすっきり目。お揃いとは言い難いが
しかし高台際の黒帯に揃いの放射の線をスクラッチしている。
e0047694_17181527.jpg

♥蛇の目の相合い傘カップル
見込みは、何だか蛇の目傘の忍び愛のようですね…(苦笑)。
胴まきはマルチストライプの粋なおべべをまとっています。
e0047694_17191447.jpg

♥ノミの夫婦
旦那はチビなので密かにヒールの靴を着用。(←高台が高い)
女房は見込みが広いので、実はたくさんご飯が入る。
e0047694_17201027.jpg

♥子持ち入籍?!
見込み底には2連の輪。太罫と細罫が一緒についた罫を
業界では「子持ち罫」と呼ぶんです。(笑)
e0047694_17212956.jpg

♥幼な夫婦
まぁ、これだけ小さいと、飯碗と言うよりも
汲み出しの湯呑み茶碗か神仏へお供え茶碗であります。
e0047694_17222159.jpg

♥めおとグイ呑み
余った土から生まれたドサクサ凸凹カップル。
ま、これで飯を喰う酔狂な夫婦はまず居まい。(爆)
e0047694_17231252.jpg

[PR]
by nonacafe | 2010-04-02 17:35 | 庵主の陶芸 | Comments(12)
2010年 03月 23日
華燭に捧げる、二組の『めおと飯碗』
桜の開花が宣言された昨日、陶友のR嬢が華燭の典を迎えられた。
e0047694_2251693.jpg
e0047694_2252583.jpg
庵主の数少ない若きガールフレンドの一人ゆえ、お祝いの品としてリキを入れ
拙作の「めおと飯碗」をプレゼントさせていただいた。(笑)
e0047694_22525541.jpg
とは言うものの、相も変わらず「双鳥葡萄文」の粉引である。(苦笑)
いつまでも番(つがい)の小鳥のように仲睦まじく、葡萄がたくさん実をつけるように子孫繁栄&たくさんの子宝に恵まれますように、と願いを込めた吉祥文でありますからして。
e0047694_2254347.jpg
番の小鳥の翼にはそれぞれイニシャル文字を刻み、見込みには世紀の結婚記念日デートを書き入れた。
僭越ながら出しゃばって、披露宴では贈呈式のコーナーまで設定いただいちゃったのです。(汗)
e0047694_22545566.jpg
そして来月10日。次は甥のY君の結婚式が控えている。
e0047694_22574075.jpg
あらら…絵柄は同じ様な、まさにコピー商品?!
否、形はマチマチ揃っていません、と言うか揃わない。(爆)
頃は春本番のちょっとした御目出度ラッシュ。彼らにとってまさに我が世の春だ。
Y君に陶芸の興味はなかろうが、R嬢のように大いに喜んでくれるといいのだが…。
[PR]
by nonacafe | 2010-03-23 23:20 | 庵主の陶芸 | Comments(10)