こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:陶器・焼締 ( 10 ) タグの人気記事
2009年 08月 24日
八王子の穴窯から。
利休が一輪の朝顔で秀吉を迎えたという伝説の『朝顔の茶会』は、いわゆる現在の朝顔の花だったのだろうか・・・?
朝顔=朝貌は、古く万葉の時代には桔梗の花だったそうな。現在の朝顔は江戸時代に渡来したのでそれ以前の利休の安土桃山の時代では、当時最新の渡来品種で朝顔と称され、現代でも茶花の代表格である「木槿=ムクゲ」であったのかも知れない。

ま、それはさておき、この花生の壺は穴窯焼成によります。(笑)
e0047694_19372681.jpg
縁あって、八王子の陶芸家でいらっしゃる川合牧人氏開窯の「そつたく窯」さん築窯の穴窯に、有り難くも忍ばせていただきました。e0047694_19385162.jpg
三日三晩の薪焚きには参加できませんでしたが、7月の熱暑の一日に窯出しのお手伝いにお邪魔させていただきました。e0047694_19422074.jpg
薪の焼成から降る天然の灰が自然釉となって、こちらの拙作3点も格段の男前(別嬪度?)を上げて、火を落として一週間も経つのにホカホカで出て参りました。
e0047694_1943222.jpg
奥の輪花鉢にはビードロの景色が見事!ですねぇ〜。
重ね焼きから生まれた目跡も朝顔のオシベの如し…(↓)です。(笑)
e0047694_19443093.jpg
そして手前の銅鑼鉢(↓)。以前経験した穴窯焼成では意外と高台裏に見所の景色が生まれた記憶があったので、両面使いをもくろんで、持ち易いよう耳を付けました。そう、取り箸置き用にも兼ねて、ね。(爆)
e0047694_1945566.jpg
ところがそんなケチな根性をあざ笑うかのように、真っ黒な醜いホクロが離れない!
目跡の道具土が溶けて剥がれないのです!
伺うところに依ると今回新調されたのは業者おすすめの道具土だそうで、さすがに温厚そうな川合先生も怒り心頭の面持ちでした。
輪花鉢は先生に剥離していただいたので綺麗な仕上がりですが、小生がタガネやリューターを使った銅鑼鉢は、下手な作業で本体が欠損しそう!(泣)
…と言うことで、このままにして裏面の両面使いは諦めまっす!(苦笑)

*なお川合先生は、この9月17日~23日まで新宿京王百貨店のギャラリーにて、5回目の個展を開催されます。
今回窯出しされた作品を含む「穴窯焼締と白い器」のサブタイトルの元に新作を発表予定とのこと。庵主にとっては今年の「日本陶芸展」で入賞のオブジェ作品は拝見させていただきましたが、個展としての拝見は初めてのこと。今から楽しみです~。
[PR]
by nonacafe | 2009-08-24 21:00 | 庵主の陶芸 | Comments(18)
2008年 02月 14日
ジャパネスク・フレンチな、箸置(笑)
タタラの残り物を戯れに丸めた、クロワッサン箸置
その形はプリッツェルか?はたまた話題騒然のギョーザではないか?との一説も…(爆)。酸化焼成にてコゲ目の伊羅保釉+黄瀬戸釉でこんがりサクサク感を狙ったのだが、厚掛けし過ぎたかツヤツヤテカテカの光沢に…。(涙)

して、撮影のテーマは巴里は19世紀末ベル・エポックの東洋趣味とか(?!)。
巴里のクロワッサンと朱塗りの琉球箸とのチャンプルー・ミスマッチ。(笑)
e0047694_0112413.jpg
e0047694_012754.jpgぐい呑み(正しくはワンショット・カップ)は、時のムーラン・ルージュ歓楽に放蕩したアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック作「快楽の女王」の絵が微笑ましいサントリー美術館のスーベニールである。36歳で生涯を閉じた彼の身をむしばんだであろう超・度数の強い酒アブサンを、エールを込めキュッ!とあおるに相応しいのでは…と。(苦笑)

と言うのも、先の週末、東京ミッドタウンに新装なったサントリー美術館に遅ればせながら初入館したからだ。
開館になって何度か訪れたのだが毎回長蛇の列に辟易とし、入場をあきらめていたのだった。
e0047694_014591.jpg
いまさら「ロートレック展」でもなかろうとタカを括って観たのだが、いやはやとても面白く鑑賞できた。お決まりのリトグラフのポスターはもちろんであるが、肉筆のデッサン、油彩絵、モンマルトルでの人物交友録とその作品(そう、当時はもう写真や映画もあるのね・笑)、そして浮世絵ジャパネスクとの参照企画など。
今回もやや混雑状態の入場であったが、辛抱した価値と満足感があったのです。

■サントリー美術館「ロートレック展」〜3月9日まで
くわしくは、こちらへ。
[PR]
by nonacafe | 2008-02-14 01:06 | 庵主の陶芸 | Comments(4)
2007年 10月 11日
冷却還元窯より新作【双耳砧一輪差】
庵主にしては珍しくシブめの花生を作ったのは・・・
ちょうど展覧会を観たこの頃だったから。(笑)
釉薬を青磁にせずに冷却還元窯で焼締的にしたのは・・・
偉大なる岡部嶺男の贋作捏造になることを恐れていたから。(爆)
ま、言われるまでもなく、似ても似つかぬ産物だ…。(苦笑)
e0047694_20333789.jpg
で、取り合わせた花は、そんな自分の才能に酔っている(?)『酔芙蓉』である。

朝は白花で咲き、夕暮れが近づくと赤ら顔で酔っぱらうというアル中好みの、美人薄命一日花だ。
だがしかしこの花、拙庵エントランスにて失敬した朝摘みである。開花一番からゴキゲンな赤ら顔ということは『酔芙蓉』ではなく、単に『木芙蓉』かもね。
秋本番を迎えて、開花もいよいよ終盤だ。
[PR]
by nonacafe | 2007-10-11 20:53 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2007年 07月 02日
半夏生の、昼顔。
本日は暦の上で、雑節の『半夏生』。
e0047694_2359514.jpg
その名も『半夏生=ハンゲショウ』という名の花が、咲く頃だそうで、
活け花ならそちらの花を挿したいところだが、まさか他人様の花壇から拝借するわけにもいかず、路傍にあまた咲く『昼顔』とした。
花器にしたのは『第4回WEB陶芸展』出品作“花燭台”

あれから半年過ぎてしまったのに、次回第5回の開催は断ち切れかしらん?
う〜む。腕がぶんぶんウナっているのになぁ〜!(課題もまだないのに…爆)

で、こちらがその本家植物の『半夏生』。葉っぱが一枚部分的に白いので、別名『半化粧』とも言うそうな。なるほどどことなくドクダミ科である。
e0047694_02713100.jpg
また、一説にはこちらの『半夏(ハンゲ)=カラスビシャク』が生える頃という異説も。

そしてまた『半夏生』のこの日は、タコを食べると良いんだとか…。
へぇ〜、スーパーの今朝の折り込みチラシで初めて知ったよ。タコ焼もまた可とか。

追録:リクエストにより“花燭台”の全体を…More
[PR]
by nonacafe | 2007-07-02 23:56 | 庵主の暦歳時記 | Comments(14)
2007年 01月 01日
丁亥(ひのとゐ)慶春
2007年 明けましておめでとうございます。
どちら様も、すこやかな新年を迎えられたこととお慶び申しあげます。
昨年中は拙庵にお運びいただき合せて懇意を賜り有難うございました。
e0047694_1653280.jpg
             耳なしイノシシby nonacafe@東京国立博物館庭園「春草廬」屋根

皆様のご支援のもと、昨年は『WEB陶芸展』では連続3回グランプリの栄誉を。そして、初参加の『陶芸ブログ 駿河オフ会』を始めとする数々のリアルな新しい出合いもあり、おかげさまで充実の1年となりました。
新年もその歩みを休むことなく“The Man of the Year”として暴れ回わります。
そう、庵主はことし年男、もうすぐ36歳?も目前ですから…(初笑い)
e0047694_16382591.jpg
こちらは根ごろ亭さんからいただいた、おせちベスト3セレクション。
イクラの醤油漬け、栗きんとん、穴子の昆布巻。料亭の美味にて新春を寿ぐ。
いただいた包丁で大根の桂剥きを試みるも、これも大将に初笑いを提供!?(苦笑)
e0047694_1639735.jpg
ことしは熊本出身の友人からいただいたスイートな「赤酒」を屠蘇に。
笠間の陶芸家、高野さんの「赤丼」にて雑煮をいただきました。

[PR]
by nonacafe | 2007-01-01 17:12 | 庵主の暦歳時記 | Comments(26)
2006年 12月 22日
第四回WEB陶芸展、投票締切迫る。急げ〜!
e0047694_1184667.jpg
出品の出足が心配されましたが、なかなかどうして締切間近には強豪たちが出揃いました。壮観です。さて次は皆様による審査の番です。投票の決まりはこちら。
エントリー作品の一覧はこちら。そしてこちらで清き熱き一票のご投票を!
今回は当初の締切日に遅れた庵主を含む出品者よりペナルティとして作品の景品提供がたくさんあります。豪勢です。奮って○○○へと(笑)ご投票ください。
     ※なお、この記事は投票促進のため締切日まで巻頭に置きます。
[PR]
by nonacafe | 2006-12-22 23:59 | 庵主の一期一会 | Comments(16)
2006年 12月 18日
秋の新作その6:織部長皿
e0047694_1873611.jpg
秋刀魚も丸ごとフルに収まるこの総織部の板皿は、『第四回WEB陶芸展』出品の『花燭台』制作時にできたタタラ板の余りでついでに出来た副産物?であります。深いグリーンは還元焼成で、表面は石目で織部の釉薬を溜めています。流れやすい織部釉薬ですが、幸い窯の棚板までは痛めずに窯から出たようです。

ところが…
e0047694_1881578.jpg
持ち上げた長辺の縁が開き、平らだった中央部分が膨れあがり、秋刀魚の醤油や汁ものを盛るにはちょっとテーブルを汚しそうです(悲)。しかし、こちらのイナバウアーほどには(笑)芸術的アクロバティックにはなりませんでしたが…。
[PR]
by nonacafe | 2006-12-18 18:20 | 庵主の陶芸 | Comments(6)
2006年 12月 04日
第四回WEB陶芸展出品作*花燭台(はなしょくだい)
回を重ねた『WEB陶芸展』も4回目。庵主は第二回より参加させていただき
皆様のご助力で栄えあるグランプリを連続で頂戴することができました。
今回のテーマは季節柄「ろうそくを使った灯かり」です。キャンドルスタンドともなりますとまずはファンシーな世界でして、庵主には相当苦手なジャンルと一時は作陶を諦めていたのですが、勝ち逃げは卑怯なりと悔い改め直し、また応募締切も延長されたこともあり、もちろんV3という悲願?もあって(笑)大安吉日の本日、三たびエントリーさせていただいた次第です。
e0047694_20372310.jpg
なおこの写真はエントリー画像では見えにくい底部の存在が分かりやすいかと思いアップロードいたしました。(なにしろ見映えこそ命、再撮3テイクをも重ねましたもので…汗)
こちらの作品応募ページにて、庵主のノミネート画像4点と解説文がありますのでどうぞご高覧ください。
今回も皆様の投票による公正な審査で三賞が決定し、投票の皆様にも豪華景品の数々が当たります。すでに傑作&優秀作も目白押しの様子ですが、応募締切の12月12日までには全国各地の強豪・古豪・達人・新人が多数応募されるものと存じます。どうか投票期間の12月13日(木)〜22日(金)に、お好みの作品に貴方の価値ある清き一票を賜りますよう御願い奉り候。
[PR]
by nonacafe | 2006-12-04 20:56 | 庵主の陶芸 | Comments(14)
2006年 03月 20日
風船挽き完成:その2【土瓶】
e0047694_16214640.jpg
皆様にご心配いただいた土瓶のフタの癒着問題は、本体がほとんど焼締状況であったので本品は難なきを得、無事冷却還元の窯出しとなった。
悲願であった。いや彼岸であるのでお茶請けに、ぼたもち(牡丹餅、春はおはぎではない)とともにテスト喫茶である。持ち手が固定ゆえお茶っ葉やお湯がやや注ぎにくい感もあるが、口の注ぎ心地はまあまあといったところ。液垂れ?・・・ま、それなりにそんなもんかな・・・。(苦笑)
菓子鉢:ぼたもちのできなかった銅鑼鉢・2005年作
汲み出し:青白磁釉人面文染付半磁器・1996年作  花:雪柳(ゆきやなぎ)
[PR]
by nonacafe | 2006-03-20 16:34 | 庵主の陶芸 | Comments(12)
2005年 10月 11日
穴窯焼成による蕎麦猪口
e0047694_2262481.jpg
ついに土岐の穴窯から炎の洗礼を浴びた作品たちが教室へと還ってきた。さすがに日頃のいわば人為的な近代窯と違い、焼き上がりには薪の自然釉や緋色など炎の女神による多彩な見所が施されている。武山窯さんありがとう。
庵主の念力(わがまま?)が通じたのかこの蕎麦猪口も、銅鑼鉢に伏して重ねられ上品な灰被りの景色が生まれ、まことに秀逸である。全容を見せびらかしたいところだが、来週から始まる『秋の陶友展』の目玉展示ゆえこれ以上はご法度である。その魅惑を手に取り確認するには、どうか吉祥寺へとご足労を願いたい。
[PR]
by nonacafe | 2005-10-11 23:59 | 庵主の陶芸 | Comments(2)