こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:生物・自然 ( 11 ) タグの人気記事
2008年 09月 22日
彼岸へと、南無〜。
このところ台風や雨続きで、やっとのこと拙庭(ベランダ)に出れば、ややっ!なんと鉢植えの山椒の葉っぱが丸坊主になっていた。

その状態をよく観れば、くりくりの瞳(実際はカラダの模様だが…)が庵主に「見逃してくれよ〜!」と懇願するかのように悪戯っぽい視線を浴びせて来た。
e0047694_201535.jpg
ちょうど彼岸の入りの20日のことだったので、捕獲の殺生をやめ、サナギから華麗なアゲハに羽化させてあげるのもこれまた人助け(蝶助け?)の善行かと、それに季節柄、我が食用の木の芽シーズンも終了期を迎えていたので、残りの葉っぱはすべて小奴に提供し、代わりにその変身への観察記をいただくことを勝手に(?)約束させた。(笑)

ところが本日雨上がりに訪ねれば、その山椒の鉢を隅から隅まで周辺の植物まで捜索すれど、その姿は消えてしまっていた。雀かカラスにでもさらわれてしまったのだろうか?(泣)
e0047694_2015397.jpg
そこには、はかない命を供養するように唐突に、曼珠沙華が…。(合掌)
[PR]
by nonacafe | 2008-09-22 20:23 | 庵主の園芸 | Comments(2)
2007年 05月 18日
サギ、望遠。
人類未踏の原生林?に舞い降りた一羽の白鷺。
画面をクリックしていただけると、もっと様子がハッキリいたしますヨ。
e0047694_4172945.jpg
   え?いまいちクリアではないと…おっしゃられる?!
   庵主のコンデジカメ望遠の限界なのかな〜。(苦笑)

では、こちらに超望遠写真を…More
[PR]
by nonacafe | 2007-05-18 05:18 | 庵主の幻想錯視 | Comments(10)
2007年 05月 07日
新作窯出から6:茶碗・茶溜りの平和'07
e0047694_23141157.jpg
茶溜りではないが(笑)GWに出かけた高尾の『多摩森林科学園』にて、湧水を堰き止めた水溜りでちょっとした戦いを目撃した。
コヤツはアオサギであろうか?水音も立てずに抜き足差し足…漁の最中であった。
狙いを定めてS字にしなる長い首を水中の魚影めがけて一気に突っ込んだが、残念!不漁に終わった。コヤツは何事もなかったように平然。しばし静寂の平和が訪れた。
e0047694_23195724.jpg
さて、不漁といえばこの茶碗たち(中には茶碗と呼べぬシロモノもあるが…)も先の陶芸展では半ば不発。半分は会期前にさるご贔屓筋に飛翔したが、前回あれほどご要望いただいたはずの顧客候補様はお見えいただいたのか?あるいはお気に召さなかったのか?最終日まで沈黙を守って展示棚にあった。(う〜む。かなりの自信作もあるのだが…マンネリに飽きられた?はたまた強気の値付け?…苦)
e0047694_23202826.jpg
『多摩森林科学園』は日本各地の著名なサクラの遺伝子を保存するための樹木林があって有名だが、さすがにこの時期名残のヤエザクラの花がかろうじて面影を残すのみ。来年こそは桜のハイシーズンに再訪せねばと我が心に固く誓った。
しかし、久しぶりのちょっとした山歩きで気分爽快。
e0047694_2321476.jpg
本物の山野草、ジュウニヒトエ(左)も、先日なみへいさんから種名をお教えいただいたセリバヒエンソウ(右)の小さな群生も確かめられました。
やっぱり自然は平和の気分にさせてくれる。いいよねェ〜、今頃の山は!
[PR]
by nonacafe | 2007-05-07 23:52 | 庵主の陶芸 | Comments(12)
2007年 03月 09日
春を先撮り、新宿御苑。
御苑の木立の合間から逆光に浮かび上がるのは桜と楓の紅葉か?
否、手前はすでに花の終わった葉桜であった。
e0047694_045181.jpg
そして寒桜であろうか、今や満開の桜にヒヨドリのツガイが花蜜を求めて遊ぶ。
取り囲むのは老若男女のカメラやケータイの放列。人馴れしているのか安全を知っているのか、スター気取りでせわしなくポーズをつけるヒヨドリ。
e0047694_0461916.jpg
e0047694_0463867.jpg
いいかげん上を向きっぱなしの庵主の腕と首は疲れ、地上に目を落す。

うわ〜、デカイ〜ッ!ラフレシアの花?!…More
[PR]
by nonacafe | 2007-03-09 00:54 | 庵主の物見遊山 | Comments(16)
2007年 02月 04日
立春
春立つ本日、目白ではなく
中目黒の公園でウメにメジロを見かけました(笑)。
e0047694_1344096.jpg
でも庵主のデジカメでは、いっぱいいっぱいの大きさです。
早く立身出世して、望遠一眼が欲しい…と涙しました。(シュン!)
[PR]
by nonacafe | 2007-02-04 23:59 | 庵主の暦歳時記 | Comments(12)
2006年 08月 25日
カナブンがやって来た。Yeah! Yeah! Yeah!
この夏、飛んで灯に入る夏の虫シリーズ第3弾!

第1弾は、ムギワラトンボ
第2弾は、ミンミンゼミでした。
e0047694_18525256.jpg
今年はThe BEATLESが来日して40年。日本でのファーストアルバム“Meet The Beatles !”からグループでのラストアルバム“Let It Be”を残し、すでに2人のビートルもこの世にいない。Love & Peace !
このビジュアルを、若き?熱きビートルズファンのひらりん♪に捧げます。(笑
Happy Birthday to Hilaling~♪
[PR]
by nonacafe | 2006-08-25 19:10 | 庵主の一期一会 | Comments(16)
2006年 08月 04日
飛んで灯に入る、ミンミン蝉
玄関灯めざして壁に激突したか、仰向けにジジジィーと哭きわめくミンミンゼミ。博愛?の庵主はその短い命をはかなみて延命の救助?!
ばせお翁に敬意を表し、俳画写真の撮影となった。
e0047694_2313733.jpg
で、ことしもじっくり観察すれば、昨年のアブラゼミと同じように、ミンミンゼミの背中にも人面が背負られていたのであった…。

さて、どんなお顔が隠されていたのでしょう? More
[PR]
by nonacafe | 2006-08-04 02:41 | 庵主の花鳥風月 | Comments(12)
2006年 07月 26日
トンボ、三態。
待ちわびた梅雨明けを思わせる好天に、蜻蛉が拙庵に舞い込む。
蜻蛉は勝虫といい、戦国武将に好まれた意匠だという。

e0047694_23303481.jpg
Dragonfly @ TANAGOKORO

e0047694_23313168.jpg
Dragonfly @ GRAND-PRIX

e0047694_2333976.jpg
Dragonfly @ GOLDFISH
[PR]
by nonacafe | 2006-07-26 23:43 | 庵主の一期一会 | Comments(10)
2005年 11月 25日
山茶花と花喰鳥
e0047694_1650111.jpg
拙庵の冬の花、山茶花(サザンカ)が咲いている。年々花の数は少なくなるようだが、気象的に過酷なベランダと放任の鉢植え状況ではむしろ褒めてやらねばならぬ。しかし、そんないとおしい花たちを散らし、玩具に遊ぶ常連の輩がいるのだ。花喰鳥と呼べば至って風流だが、仲良くツガイでやって来て手摺をベンチに悪戯を楽しむ。その決定的現場写真は庵主の安デジカメではなかなか捉えられぬ…。

で、つれあいに逃げられたか彼氏(?)の放心中を捉えたのがこの下の写真だ。昨冬の“激撮”であります。 こやつはヒヨドリなり。ツンツンヘアが人相書、いや鳥相書のポイントだ。
e0047694_16505685.jpg

[PR]
by nonacafe | 2005-11-25 17:11 | 庵主の園芸 | Comments(4)
2005年 09月 29日
あおいそら あかとんぼ あきだなァ
e0047694_14524016.jpg
e0047694_14531570.jpg
秋といえば『秋の陶友展』  庵主よりベランダから愛を込めて。
[PR]
by nonacafe | 2005-09-29 15:16 | 庵主の花鳥風月 | Comments(0)