こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:掻き落し/釉彩 ( 12 ) タグの人気記事
2010年 06月 08日
気分は、ルーシー・リー。(笑)
庵主、進行中の近作。
かのLucie Rieのシビアーな器の形とは雲泥の落差があれど、ちょうど展覧会鑑賞直後だった絵付け作業のゆえ、柄にもなく大いに彼女のセンスに触発されちまった次第…。(爆)
e0047694_5454158.jpg
思えば、これまで機会あるごとに彼女の作品の数点は展示で観てきたが、今回の展覧会は量・質ともに回顧展の名にふさわしい充実した展示だ。
とくに昨年の展覧会では洋上(?)遥か先だったルーシー作品の数々が、今回はガラスケースの中とは言え、それぞれが至近距離で、つぶさに、ぐるり四方八方の角度からじっくり観察できた。おでこがガラスにくっ付き過ぎて高台が極端に小さい展示の鉢が倒れちゃうんじゃないかな…と危惧したりして…。(笑)
すっかり予定の時間が超過し過ぎて閉館スタッフの隊列に押し出され、気がついたらボタンやアクセサリーの展示ブースをどうやら見逃してしまった。(涙)
会期最終日は6月21日まで。もう一度出かけ直すのも、再び入場料1,500円追加出費の悔しさが残るなぁ。(苦笑)
これからお出かけの皆様は、どうぞ手抜かりなきよう…おすすめです。
[PR]
by nonacafe | 2010-06-08 06:30 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2009年 08月 03日
【新作】粉引線刻釉彩そば猪口3種
夏の暑い日はソーメンに限る。
てなワケで、そば猪口の出番が欠かせない。

都合3個という何ともハンパな数は、後ろにチラッと見える薪窯焼成用の作陶に用いた古信楽土が余ったからである(笑)。
薪窯による完成作品は他の2点が揃い次第再度ご紹介したいと思う。
さて、本題はそば猪口である。相変わらずの鳥と葡萄文に魚文。えーと、もうひとつは何の線刻文にしようかと思案に暮れること約30分。思い付いたのは月兎であった。
この位の大きさのそば猪口って、焼酎カップにも、向付(小鉢)にも、デザート用にも、コーヒーにも使える便利な大きさだと思いませんこと…?!(貧乏性?笑)
e0047694_2022343.jpg
この焼成はひさびさに冷却還元(CRF)窯に入れていただいた。というのも過日のピンク発色by田中先生を思い出したからである。
e0047694_20224058.jpg
今回仕込んだ釉彩は、トルコブルー、織部、伊羅保、白マット釉。あともうひとつ何か使った記憶があるがすっかり忘れてしまった(苦笑)。
全体の上掛けは透明釉であり、冷却還元の釉裏紅がどんな発色をもたらすのか?願わくば、奇跡のピンク発色を…とか?!(爆)
e0047694_20231457.jpg
昨年プランターに植え込んだ拙庵の『野葡萄』だが、申し訳なさそうに実を付け出した。本来は同じ房に、紫・空色・白(青磁色)・ピンク・トルコブルーなど…食用にはならないが色々な色を付けるのが『野葡萄』の面白さだ。
あっ、そうだ!もうひとつ使った釉薬は青磁釉だったかも知れないナ…。(笑)
[PR]
by nonacafe | 2009-08-03 20:43 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2008年 11月 24日
【新作】粉引線刻釉彩三種
ワンパターンも甚だしい加飾の双鳥葡萄文が、また出来ちゃいました。
ちなみに左のメニュー欄のタグ(陶器・粉引)をクリックしていただけると、過去の似た者がゾロゾロと再登場して参ります。(苦笑)
e0047694_20165223.jpg
ちっとも新鮮味がありませんが…、それぞれの裏側も見てやってくださいませ。

▼丼のような浅鉢(手前)
e0047694_2018121.jpg
仲良し?の双鳥が飛び立っております。
「木の実一粒あげるから、俺とツキ合え〜!」
「イヤよ!そんな安売りはしないヮ」???(爆)

▼写真右上の片口
e0047694_2019457.jpg
最近のウツワのトレンドは、片口とか…。
北の大地では「片口普及推進委員会」なる展覧会も開催され、
ブームに拍車がかかっているそうな…。
(こちら側は絵柄が無く、白地がだいぶすっきりと…)笑

▼写真左上の片口
e0047694_20221951.jpg
片口の注ぎ口を見ているとクチバシのように思えてきたり…。(苦笑)
ロクロ挽きの底部が分厚いので、面取りの削りで軽量化。
歪んで見えるのは持ちやすいように楕円に。もちろん作為です。(爆)
上のふたつは透明釉ですが、本品のみ土灰釉で御本の斑を狙っています。
[PR]
by nonacafe | 2008-11-24 20:40 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2008年 06月 09日
【新作】おどろおどろし、椿図線刻釉彩鉢
季節外れにお化け椿が咲いてしまったが、白化粧に線刻で描いたのは
確か冬のことであり、溜め込んだ素焼済みの棚からやっと先日ラテックス糊にて釉薬の掛け分けしたところ、最短の還元の窯から上がってきたのである。

まあ、何と申しましょうか?見てご覧の通り…ひゅう〜ドロドロ…(怪談)
e0047694_2159972.jpg
e0047694_2201482.jpgベースは透明釉であり、白椿花は白マット、葉っぱは織部釉、それぞれがラテックス糊にて抜き合わせの施釉。赤い椿花(…と本人だけが思う紫色の花)部分のみ織部+透明釉のいわゆる釉裏紅だ。

織部の銅成分は周辺の白化粧を滲ませ、ボカシの被害(うまく活かせば、思わぬ効果?)が生じてしまった。(笑)
e0047694_2223284.jpgそして葉っぱのグリーンが、なんとも栄養不足で発育不良。まさに我が灼熱ベランダの鉢植え椿の様相なり。(苦笑)
おまけに塗り絵の塗り残しを今さら気づいてアッと息を飲んだり…(爆)。
でもこの古色蒼然・抹香臭さ、お線香に燻されたかのような風情、
意外と、案外、庵主は好きかも!?…と言う事は次作は蓮図?!(苦笑)
ま、せめて、葉っぱの織部がもっと緑に乗ってくれたら…の話だが。(涙)
[PR]
by nonacafe | 2008-06-09 22:33 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2006年 03月 15日
風船挽き完成:その1【注器】
この度めでたく瀬戸留学試験に合格されたyadukiさんブログからご伝授いただき、その作業過程をお送りしていた庵主の風船挽きの注器のひとつが、還元焼成窯の洗礼から還って参りました。
いかがかなぁ?独断的な見方によれば茶陶の棗の如くシブいんじゃない(笑)。

e0047694_03465.jpgこちらが正面。
注ぎ口の失敗も気にならない
アングルだ(笑)。










e0047694_035568.jpgそしてこちらが裏側で
やや上から。
銅の釉裏紅風発色が
もっと赤ければ、もちょっと
シブハデになったかも…?






さて、肝心の注ぎ具合と
液垂れのチェックだ!
ところがツマミを摘んでも蓋は外れない!(爆)
e0047694_081455.jpg
で、こんな場合は教室の師匠にSOS対策を全面的責任依願。
が、木槌でトントン叩いても、こやつはウンともスンとも…。
少々手荒なワザかも知れぬが、ハガネのヘラを差し込んでやっとのこと分離した。

あああ・・・・・。
[PR]
by nonacafe | 2006-03-15 01:01 | 庵主の陶芸 | Comments(13)
2005年 11月 14日
エントリー No. D【双鳥葡萄文マグ】
さあ、『売れたマグはどれだ?クイズ』のしんがりは、毎度おなじみ庵主の定番いやマンネリ絵柄の双鳥に葡萄文であります。呉須下絵で青い鳥を飛翔させた。エントリー No. Cと同様に透明釉還元焼成ゆえ青味がかった粉引である(もはや手法に新鮮味欠乏か?)。左に添えた青い実は『コムラサキ』で、園芸種の通称では『ムラサキシブ』ですが、本当の『ムラサキシブ』は山野にあり、別種だそうです。
e0047694_10172442.jpg
さて、以上マグカップ4種のご紹介がすべて終了しました。欠かさず毎日本サイトをご覧でない方々のために本日を含めて3日間後を締切(11月16日24時)とさせていただきます。あ、ちょうどボジョレーヌーボー解禁とバトンタッチですな(笑)。
まだまだ本命・図星が狙えるかも知れないですぞ…?!
ご投票は下のコメント欄“鍵コメ”にてお気軽にどうぞ。お待ちしております。
[PR]
by nonacafe | 2005-11-14 10:46 | 庵主の陶芸 | Comments(6)
2005年 11月 13日
エントリー No. C【 C な、林檎のマグ】
“椎名(シーナ)林檎のマグ”とお読みください♪(爆)。赤いリンゴにくちびる寄せて、朝のコーヒーをたっぷりお楽しみください。 えッ!リンゴが赤くないぞって…? ま、上絵の赤絵ではないので、織部の銅成分の還元焼成ゆえのナチュラルな釉裏紅として大目に見て下さい。裏側にはサービスカットとして幸せの青い鳥をカップルで小枝に止まらせていますからね。
e0047694_0505352.jpg
そうそう、背景のリンゴはいわゆる食用林檎ではありません。園芸用のヒメリンゴであります。人様のお口には合いませんが、いたずら喰いしん坊のヒヨドリ君にとってはごちそうです。さてこのCマグ、果たしてどなたか会場で食いついていただけたのでしょうか…?
[PR]
by nonacafe | 2005-11-13 01:23 | 庵主の陶芸 | Comments(0)
2005年 11月 12日
エントリー No. B【明けない夜はないマグ】
これも赤い斑点の御本手、土灰釉の還元焼成である。ハンドルが欠損した庵主の旧マグの後釜といったところだろうか。線刻を控え目に施したが、それだけでは我慢できないのが、悲しいかな我が悪しき習性…?!
誰が言ったか『明けない夜はない』の名言を、ハンドル部分にエセ英訳で“Good Morninng, Sun”を手前に、裏側には“Dark Night is Over”と、スクラッチ文字を這わせている。なにしろ希望の朝のモーニングコーヒー用だから前向きにね。(笑)
でもこの重量感、豪快なビアジョッキとしてもわるくないかも。(誰だ〜い?朝酒用に、だなんていう豪傑は…)
e0047694_0395361.jpg
さて、『売れたマグはどれだ?クイズ』。後列の2作品をご覧いただきましたので、本日いまから受付の方の抽選ポイントは通常のシングルです。
どうぞ、下のコメント欄にて“鍵コメ”でご投票くださいね。
[PR]
by nonacafe | 2005-11-12 01:26 | 庵主の陶芸 | Comments(2)
2005年 11月 11日
エントリー No. A【粉引蔦文マグ】
さて、『売れたマグはどれだ?クイズ』エントリーナンバー:Aのご紹介である。
ドボ掛け白化粧後竹串にて線刻したアイビー模様である。紅葉する秋の木ヅタを表現したくて葉や実には織部を釉彩した。還元焼成でもっと赤く変化することを期待したが、まだ夏の名残りの風情といったところか…。全体には土灰釉を施しているので、赤い斑点の御本手がどことなく山の秋を感じさせているのではないだろうか。裏側にはうっすらと山鳥の2羽が飛ぶ。制作途中はこちらへ。
e0047694_1133033.jpg
はてさて、このマグ素敵でしょ、売れないわけがない?…なんちゃんて!(笑)
 実はもうすでにクイズの応募をいただきました。ありがとう。後列のマグをご確認いただく前に早くも推理を働かせたようです。そんなわけで本日分までに解答をお寄せいただいた方には正解者抽選の際のポイントを2倍にさせていただきます。
 なお、クイズの解答は、カンニングされぬよう下のコメント欄の「非公開」の□にチェックを入れたいわゆる“鍵コメ”でお願いいたします。お名前はハンドルネームでも結構ですが当選された場合には本欄にてお呼出しをさせていただきます。パスワードはコメントのご投稿者が設定するもので削除したい場合にご自身が必要となるものです。さあ、さて、奮って推理を働かせてくださいね。
[PR]
by nonacafe | 2005-11-11 01:43 | 庵主の陶芸 | Comments(4)
2005年 11月 10日
【陶友展から:11】巨大マグ、売れたのど〜れ、だ?
庵主が日頃愛用のジャンボマグが欠けたので、急きょ作陶したマグ4個。会場に並べました。完売したらそれはそれで嬉しいし…再度作り直せばいいことだからして。
残念ながら完売には至らなかったけれど、お陰様でお買い上げいただいたものがあります。さて、それはどれでしょう?1個あるいは複数かも、それは言えません。
e0047694_2241657.jpg
正解の方1名様には、もちろん売れ残りの品となりますが1個を差し上げま〜す。♪ブログ愛読者に限り庵主からの太っ腹な謝恩サービスです。でも配送料はご負担くださいね。だってネットだから海外の方もいらっしゃるでしょ?(細っ腹かな…笑)
  何…? 小さくて良く見えないぞ、特に後列が…!>
了解しました。明日から一個づつご紹介して参ります、合わせてご期待ください。
[PR]
by nonacafe | 2005-11-10 03:25 | 庵主の一期一会 | Comments(5)