こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦の陶芸ブログ
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 03月 07日
『啓蟄(けいちつ)』
昨日は暦の二十四節気さながら、長き冬ごもりの蟄居から抜け出しての展覧会のハシゴでありました。
最初の写真はただ今60数年前へ復元工事中の東京駅。シートの中から見た事のないカブト虫のようなドーム屋根がひょっこり表れていた。これも啓蟄?!(笑)
e0047694_21171826.jpg
まずは、銀座和光の並木館ホールで開催中の『現代磁器四人展』です。
日本工芸会所属の新進気鋭最注目株の四氏(伊藤北斗、中田博士、藤井隆之、和田的の各氏・敬称略50音順)の競作個展のようなグループ展。栄えある戦いのリングに上った4氏の人選は、陶芸界の重鎮神谷紀雄氏のチョイスだそうです。まさに今が旬、若き四天王が散らす火花が目に見えるような激しい興奮を味わいました。藤井さん、素晴らしい作品と機会にお招きをいただきありがとうございました。
e0047694_211898.jpg

そして、その足で本日のメインエベントである有楽町の国際フォーラムへ。こちらは工芸界初のアートフェアとなる『第一回現代工芸アートフェア』です。
陶芸作家が主となりますが、金属、漆芸作家も含めた今をときめく55人の工芸作家が一堂に会し、その代表作がブース毎に並ぶ巨大なショーケースとなっていました。
こちらは我が陶芸の最初の師匠「板橋廣美先生」と、長石釉と赤絵の絵付けが小生の憧れ「望月集さん」からお招きをいただいたのですが、何とその両者のブースが通路を挟んでお向い同士で火花を散らすという偶然。片や手の切れそうな真っ白な磁器造型。方や日本の赤き花たちの情緒と風雅。こんな展覧会ならでは出会い、味わいのコントラスト。そしてハーモニー。
こちらでも作家同士の絢爛豪華な饗宴が楽しめましたが、もののつくり手にとっては厳しい今のご時世。日本が誇るこの工芸の世界を、何とか来年へと繋げられる国際見本市へと、成功を祈らずにはいられません。
e0047694_2119432.jpg
そして、最後の目的地は、東京駅前の丸ビルへ。こちらは50回になる『日本クラフト展』です。今回招待券をいただき何年ぶりかに見る展覧会でしたが、陶芸作品は前ふたつの豪華展の後だけに、いささか物足りなさを味わってしまいましたが、それぞれ各ジャンル制作者の思いや意気込みを感じ、大いに触発されてしまったのも事実です。
小生も春の虫みたいにムズムズしてきたのです…。
(だが、しかし…)
e0047694_21194387.jpg
一夜明けた今朝はまた真冬に逆戻り。う〜っ、寒い!また布団へと冬眠だ。(苦笑)
[PR]
# by nonacafe | 2011-03-07 22:18 | 庵主の物見遊山 | Comments(6)
2011年 01月 02日
新年あけましておめでとうございます。
年明けて、今年こそはもっとブログをマメに更新したいと思い、
元日の誓いを立てたそうそう、更新が2日になってしまいました。(笑)
東京では穏やかな晴天が続いていますが、地方では
大雪や荒天とのニュースを聞き心痛める新年となりました。
ご無沙汰の皆様お元気でしょうか。

そしてオフィシャルな年賀状さえも、印刷アップが年内ギリギリ、
そのうえ宛名書きもすっかり滞っております、です。
毎年年賀状のおつきあいをいただいていらっしゃる皆様、
増々無精が進んだ庵主ですが、どうか今しばらくお待ちください。
e0047694_1310196.jpg
今回、手回し良く作業したのは、こちらの蕎麦猪口「波兎」で
じつに昨年夏にはすでに完成いたしておりました。(苦笑)
よく見るとウサギと言うよりも、ネズミみたい!の声しきり…。
どうも昨今の小生の気分がドブネズミのようにずぶ濡れ気分でして
それが絵付けに表出してしまったやも知れませぬ。
とは申せ、夢を語るのがお正月の正しい姿です。今年こそは
どちらさまも素晴らしい年になりますようお祈り申し上げます。
[PR]
# by nonacafe | 2011-01-02 13:18 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2010年 10月 14日
新作新米【白磁米】
ほかほかの新米、炊きあがりました。
ピカピカツルツル大粒揃い?!
e0047694_19213866.jpg
秋だから、おかずはやっぱり秋刀魚だね。
スダチは貰ったのに肝心のサンマがない…(泣)
まぁ、ウマいお米はそれだけで充分。おかずは要らぬ。
ガギッ!イテテテッ。なんだ!新米のくせしてオコワじゃないか!

※さて、この「白磁米」完成品の用途はこちらをご覧ください。
[PR]
# by nonacafe | 2010-10-14 19:30 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2010年 09月 24日
気分は、ガッカ・リー!とか?(笑)
拙ブログの中では今年の猛暑はすっかり抜け落ちていますが、お彼岸を過ぎてすっかり涼しく(寒く?)なりましたので、6月8日に進行中だった拙作の出来上がりを、今更ながらですが、ご紹介いたします。
e0047694_16112546.jpg
(気分だけ!は)ルーシー・リーとして作ったのは4点でした。
左2つが還元焼成で、右2つが酸化焼成です。当然ですがルーシーとは似つかぬものになりました。
口縁と高台際部分に銅釉を重ね掛け。その銅釉は「織部」だったか「瑠璃釉」あるいは教室開発の「益子青磁」だったか、なにぶんにも古い作業で記録も記憶もありません。(苦笑)
特に酸化の銅釉は蒸発して、どこへ行ったやら…???
e0047694_16121792.jpg
と思って、同じ酸化窯から出て来たミニ丼にそのミドリはしっかり寄生(転移)していました。
e0047694_161391.jpg
実はこの丼、昨年制作の『小禽葡萄文鉄絵粉引鉢』をお買い上げいただいた方からの追加注文でした。同じものをあと2個なんて、技術もないし、サイズのデータもないし、さりとてせっかくの追加オーダーですから、すべてを記憶と以前の写真だけを頼りに+1個の都合3個作りました。ま、どっちにしてもバランバランですが…。
e0047694_16135949.jpg
幸い2個は目出たしお嫁入りを済ませ、ミドリ転移の青アザのブツはお蔵入りさせました。これで今後は再度追加注文のサンプルとなります!とか?(爆)
[PR]
# by nonacafe | 2010-09-24 17:00 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2010年 06月 08日
気分は、ルーシー・リー。(笑)
庵主、進行中の近作。
かのLucie Rieのシビアーな器の形とは雲泥の落差があれど、ちょうど展覧会鑑賞直後だった絵付け作業のゆえ、柄にもなく大いに彼女のセンスに触発されちまった次第…。(爆)
e0047694_5454158.jpg
思えば、これまで機会あるごとに彼女の作品の数点は展示で観てきたが、今回の展覧会は量・質ともに回顧展の名にふさわしい充実した展示だ。
とくに昨年の展覧会では洋上(?)遥か先だったルーシー作品の数々が、今回はガラスケースの中とは言え、それぞれが至近距離で、つぶさに、ぐるり四方八方の角度からじっくり観察できた。おでこがガラスにくっ付き過ぎて高台が極端に小さい展示の鉢が倒れちゃうんじゃないかな…と危惧したりして…。(笑)
すっかり予定の時間が超過し過ぎて閉館スタッフの隊列に押し出され、気がついたらボタンやアクセサリーの展示ブースをどうやら見逃してしまった。(涙)
会期最終日は6月21日まで。もう一度出かけ直すのも、再び入場料1,500円追加出費の悔しさが残るなぁ。(苦笑)
これからお出かけの皆様は、どうぞ手抜かりなきよう…おすすめです。
[PR]
# by nonacafe | 2010-06-08 06:30 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2010年 05月 22日
RURI'S "UTUWART"
陶友のRuriちゃんが、意欲的な初個展を原宿にて開催中だ。
e0047694_1738956.jpg
本業のグラフィックと、陶芸との融合を図った、題して『UTUWART』。
タイポグラフィックなART作品と、
e0047694_1739932.jpg
いわゆる陶芸のUTSUWA作品も並ぶ。
e0047694_17405879.jpg
この春、華燭の典を迎えたばかりとあって、
ハッピームードのタイポグラフィック陶芸も楽しい。
e0047694_17482350.jpg
いろいろなメッセージのワードがチョイスできるので
その幸せを分けて欲しい方は、ぜひ下記のギャラリーへ出かけて欲しい。
e0047694_17472437.jpg
(地図の画像は大きく表示ができます)
[PR]
# by nonacafe | 2010-05-22 17:53 | 庵主の一期一会 | Comments(12)
2010年 05月 18日
新作…のようなもの。
ブログ更新を怠っているスキに季節はいつしか初夏になりました。
写真ではまだ八重桜が咲いていますが…(>_<);
作って出来上がったものはすべて記録に残すのが拙ブログの方針ですので、
どうか最新作(近作?)をご笑覧ください。

このところ磁器の成型が失敗続きで、奇跡的に?生き残り焼けたもの。
天井の八重桜の木漏れ日がテカテカ光って見にくいですね。
e0047694_2213839.jpg
こちらから以下はすべて白化粧(粉引)に鉄絵。
飽きる事のない?否、○○の一つ覚えの双鳥葡萄文であります。意図せず鉄絵の色調が異なっているのは窯変ではなく、きっと絵の具の濃度でしょうね。(ずさん?!)
e0047694_22145446.jpg
久しぶりにハンドルを付けたペアのマグカップ。
サイズが大小となったので、ま、『めおと』ということで…。(爆)
e0047694_22162053.jpg
一つ覚えの絵付けに飽きると、独楽文になってしまいます。
でも手ロクロの回転に筆を降ろす作業は、その都度息を止めるので、むしろ緊張感と酸欠状態でより疲れるかも知れません。
e0047694_2217589.jpg

さてこちらから2点は、もっと以前の最新作(?)です。(^^;)
大きな丼。独楽文と言うか、傘の骨よろしくスクラッチの線文を加えた『蛇の目傘・文』。言われる前に言います、粋を通り越して、しつこいです。(苦笑)
e0047694_22184123.jpg
そして小鉢な双鳥葡萄文。
e0047694_22193955.jpg
以上です。なんだか大放出ですっきりした気分です。
これらは『春の陶芸展』にみな陳列いたしました。  …あっ、そうだ!
その節は多くの皆さんにお運びをいただきまして誠にありがとうございました。
文末になり、なおかつ遅くなりましたが、御礼申し上げます。m(_ _)m
出来の悪い不肖の息子たち…可愛がっていただけてるかなぁ〜と案じております、です。
[PR]
# by nonacafe | 2010-05-18 22:36 | 庵主の陶芸 | Comments(6)