こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2009年 08月 24日
八王子の穴窯から。
利休が一輪の朝顔で秀吉を迎えたという伝説の『朝顔の茶会』は、いわゆる現在の朝顔の花だったのだろうか・・・?
朝顔=朝貌は、古く万葉の時代には桔梗の花だったそうな。現在の朝顔は江戸時代に渡来したのでそれ以前の利休の安土桃山の時代では、当時最新の渡来品種で朝顔と称され、現代でも茶花の代表格である「木槿=ムクゲ」であったのかも知れない。

ま、それはさておき、この花生の壺は穴窯焼成によります。(笑)
e0047694_19372681.jpg
縁あって、八王子の陶芸家でいらっしゃる川合牧人氏開窯の「そつたく窯」さん築窯の穴窯に、有り難くも忍ばせていただきました。e0047694_19385162.jpg
三日三晩の薪焚きには参加できませんでしたが、7月の熱暑の一日に窯出しのお手伝いにお邪魔させていただきました。e0047694_19422074.jpg
薪の焼成から降る天然の灰が自然釉となって、こちらの拙作3点も格段の男前(別嬪度?)を上げて、火を落として一週間も経つのにホカホカで出て参りました。
e0047694_1943222.jpg
奥の輪花鉢にはビードロの景色が見事!ですねぇ〜。
重ね焼きから生まれた目跡も朝顔のオシベの如し…(↓)です。(笑)
e0047694_19443093.jpg
そして手前の銅鑼鉢(↓)。以前経験した穴窯焼成では意外と高台裏に見所の景色が生まれた記憶があったので、両面使いをもくろんで、持ち易いよう耳を付けました。そう、取り箸置き用にも兼ねて、ね。(爆)
e0047694_1945566.jpg
ところがそんなケチな根性をあざ笑うかのように、真っ黒な醜いホクロが離れない!
目跡の道具土が溶けて剥がれないのです!
伺うところに依ると今回新調されたのは業者おすすめの道具土だそうで、さすがに温厚そうな川合先生も怒り心頭の面持ちでした。
輪花鉢は先生に剥離していただいたので綺麗な仕上がりですが、小生がタガネやリューターを使った銅鑼鉢は、下手な作業で本体が欠損しそう!(泣)
…と言うことで、このままにして裏面の両面使いは諦めまっす!(苦笑)

*なお川合先生は、この9月17日~23日まで新宿京王百貨店のギャラリーにて、5回目の個展を開催されます。
今回窯出しされた作品を含む「穴窯焼締と白い器」のサブタイトルの元に新作を発表予定とのこと。庵主にとっては今年の「日本陶芸展」で入賞のオブジェ作品は拝見させていただきましたが、個展としての拝見は初めてのこと。今から楽しみです~。
[PR]
by nonacafe | 2009-08-24 21:00 | 庵主の陶芸 | Comments(18)
2009年 08月 19日
【新作】古伊万里風・膾皿だったんですが…(--;)
骨董のいわゆる古伊万里雑器に膾皿(なますざら)と言うカテゴリーがある。
皿にしては深く、鉢にしては身込みが広く、一人用のおかずに、鍋の取り皿に、
つまみ用に、フルーツ用に、はたまたスープ用にまで…
径約15cm程の大きさと便利な形状は一器多用のマルチな活躍をしてくれるのだ。
e0047694_20375383.jpg
で、試みたのが、その1&2
うーむ。単なる平皿ですね(苦笑)おまけに上は、薄くて歪んでいるし…(泣)
e0047694_20382972.jpg
そして、これら。だいぶナマスに近づいたかな?(注:魚はナマズに非ず)
特に上のヤツの形なんて…。
e0047694_20391320.jpg
ところがそんなヤツに限って、ひっくり返して見れば…。
e0047694_20401544.jpg
         高台内に亀裂が走る!(シクシク)
         そして高台が浅いので釉薬が棚板にくっ付いた。
         ま、水漏れはしないから使用OKなのよ!…って
         そんなの慰みにもならない?ってか!(号泣)

ちなみに手前皿の「春安」「夏泰」「秋吉」「冬祥」の熟語。
有り難そうでしょ?ちょうど絵付けの前に立ち寄った台湾料理屋の
店内の飾り物からメモして、仕入れました。
出典はわからないけど、一年中めでたいという意味でしょう。きっと(笑)
e0047694_20411564.jpg
拙庵にこの夏やっと咲いた朝顔。さしずめ「清夏→青花→染付」かしらん?!(爆)
[PR]
by nonacafe | 2009-08-19 21:21 | 庵主の陶芸 | Comments(4)
2009年 08月 10日
『染付/藍が彩るアジアの器』展@東博
楽しみにしていた東京国立博物館での特別展
この季節、お隣の不忍池の蓮の花見とのセットが恒例だ。(笑)

『染付』は、中国は元の時代から、ベトナム、朝鮮、日本へと白磁にコバルトの顔料で絵付けを施した手法が伝わり、会場設営もほぼその流れに沿って見せてくれる。
この展覧会のメインビジュアルに使われた重要文化財『青花蓮池魚藻文壺』であるが、14世紀中国・元の時代、景徳鎮窯で焼かれた染付(中国では青花)で、会場入口のトップに飾られ、いわば本展の始祖扱いである。
この銘品は以前、三井記念美術館で開催された安宅コレクション展以来の再見だが今回はぐるっと一周して拝見できる。見れば見るほどのびのびとびっちりと水中が描かれ、この時代、絵柄に余白があってはいけない“空間恐怖”の美意識がセオリーであると解説ボードにあり、大苦笑!
e0047694_2024120.jpg
それから時代は明に変わり青花は洗練を極め、ベトナムでは温かみのある安南染付が生まれ、朝鮮では李朝の余白あふれる気品を身につけ、そして日本へと渡る。初期伊万里から鍋島、京焼へと染付は日本の美意識を吸収して大きく花開く。

そして会場最後の圧巻は、幕末の伊万里染付大皿60余点、ずら〜り両壁堂々の平野耕輔コレクション展示である。ともかく大きな皿に次から次へと描かれた絵柄の内容がぶっ飛んでいてやたら面白い。その平野耕輔氏とは、戦前、東京工業大学窯業学科助教授や商工省陶磁器試験所々長を務めた窯業の研究者であるそうな。

さて、どんなにそんなに面白かった絵柄であったのに、観覧から三日過ぎて、個々の説明を語るにもはや記憶の外となってしまった(苦笑)。
図録1,500円は安かったのに何故購入をためらったのだろう…?
冷たい懐にそっと手を当て、涙がポロリ。(笑)
会期は9月6日(日)まで。どなたか行かれましたら、図録を買って来てぇ〜!
[PR]
by nonacafe | 2009-08-10 20:45 | 庵主の物見遊山 | Comments(4)
2009年 08月 03日
【新作】粉引線刻釉彩そば猪口3種
夏の暑い日はソーメンに限る。
てなワケで、そば猪口の出番が欠かせない。

都合3個という何ともハンパな数は、後ろにチラッと見える薪窯焼成用の作陶に用いた古信楽土が余ったからである(笑)。
薪窯による完成作品は他の2点が揃い次第再度ご紹介したいと思う。
さて、本題はそば猪口である。相変わらずの鳥と葡萄文に魚文。えーと、もうひとつは何の線刻文にしようかと思案に暮れること約30分。思い付いたのは月兎であった。
この位の大きさのそば猪口って、焼酎カップにも、向付(小鉢)にも、デザート用にも、コーヒーにも使える便利な大きさだと思いませんこと…?!(貧乏性?笑)
e0047694_2022343.jpg
この焼成はひさびさに冷却還元(CRF)窯に入れていただいた。というのも過日のピンク発色by田中先生を思い出したからである。
e0047694_20224058.jpg
今回仕込んだ釉彩は、トルコブルー、織部、伊羅保、白マット釉。あともうひとつ何か使った記憶があるがすっかり忘れてしまった(苦笑)。
全体の上掛けは透明釉であり、冷却還元の釉裏紅がどんな発色をもたらすのか?願わくば、奇跡のピンク発色を…とか?!(爆)
e0047694_20231457.jpg
昨年プランターに植え込んだ拙庵の『野葡萄』だが、申し訳なさそうに実を付け出した。本来は同じ房に、紫・空色・白(青磁色)・ピンク・トルコブルーなど…食用にはならないが色々な色を付けるのが『野葡萄』の面白さだ。
あっ、そうだ!もうひとつ使った釉薬は青磁釉だったかも知れないナ…。(笑)
[PR]
by nonacafe | 2009-08-03 20:43 | 庵主の陶芸 | Comments(8)