こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2009年 02月 24日
建物のカケラ
このト音記号の塗装金属片は昭和の歌姫・故美空ひばり邸の門扉飾りの一部だった。
(同じようで、故E.プレスリー邸の門扉は確か黄金の装飾だったかな?)
e0047694_022988.jpg

そしてこのロゴ広告は王貞治選手が756号本塁打を放った後楽園球場のゴム製フェンスの一部。
(そうそう、メンズムースなんて商品も懐かしい…)笑
e0047694_0224896.jpg
こんな、今は消滅してしまったいわく因縁の建築物の一部を自らの手と足でコレクションするのが現役の歯科医師・一木 努氏。今となっては貴重な、懐かしい、記憶の断片が甦る。その数、実に大小650点以上だ。
収集の最初のスタートは少年時代の故郷茨城県・下館の製菓工場煙突の煉瓦片だったそうで、青春に彩られた母校下館一高、東京歯科大学の旧水道橋学舎や神田の古書店など、解体に伴い失われ行く追慕の現われだったようだ。
e0047694_0234746.jpg
そして時代はスクラップ&ビルドへの加速。由緒ある有名建築家の建築物も、社会的にも貴重な名も無き名工による建築飾りも解体の瓦礫となっていった。そんな解体の現場に足繁く通いその記憶のカケラを救い上げ、現在もその進行形であるコレクションの一大公開である。その中にはどうしてこんな物が手に入ったのだろうか?と思われる、東宮御所や米国大使館、首相官邸のタイルなども含まれる。
e0047694_0242391.jpg
陶芸の世界にも陶片コレクターは居るが、建築片の個人コレクターはちょと居ないのでは…。もちろんその収蔵庫にもかなりの広さが必要であるし…(笑)現時点では歴史的とも美術的にも評価の定まらない代物であるからして…鑑識眼は尊敬に値する。

「建物のカケラ/一木 努コレクション」
東京都小金井市・都立小金井公園 江戸東京たてもの園 展示室
3月1日(日)まで。9:30〜16:30(入場は16:00まで)入園料:一般400円

そしてこちらは展覧会のキュレーターが選んだベスト・セレクション。
日比谷朝日生命館の外壁ニッチ。美しいオブジェ作品に昇華がその理由だ。
e0047694_0253095.jpg

ならば、庵主もベスト・セレクションをチョイス。
かつてこの洋館建物のごく近くに10数年間住み続け、これぞお大尽のお屋敷なんだなぁ〜と、いつも見とれていた千駄ヶ谷の旧・植村邸の華麗なテラコッタ飾り。
e0047694_0261212.jpg
その当時居住していたマンションという名の我が老朽共同住宅もいまや取り壊された。せめて青春の記念碑?としてその黄土色のタイルのカケラを採って置けばよかったな…と今、悔やまれる。(笑)
[PR]
by nonacafe | 2009-02-24 00:34 | 庵主の温故知新 | Comments(8)
2009年 02月 19日
命名の「愛娘」と、感涙の対面…。
先週の上名窯さんの『現代薩摩陶芸展』に引き続き、居ても立ってもいられず(笑)江戸東京博物館で開催中の『薩摩焼/パリと篤姫を魅了した伝統の美』展に伺いました。
e0047694_20544391.jpg
今まで薩摩焼の輝かしい歴史と技術に関して多くの知識を持たない庵主でしたが、140年前のパリ万博出品を契機として発展した「これが陶磁器か!」と思われる超絶技巧の白薩摩と並んで、それをバックアップした薩摩各地の民窯のバラエティに富んだ伝統作品を新鮮な眼で拝見することができました。いやはやどちらも眼を見張るスゴイものです。

と言っても、お目当ては『花摘む村娘』で、内心気もそぞろ…。(笑)
e0047694_20563695.jpg
それは最後のブース「鹿児島の現代陶芸〜伝統と創作〜」にて、いきなり迎えてくれました。「う〜む、意外に落ち着いたシックな村娘(もっとハデでオキャンかと?!笑)」しかし、さすがにパリ帰りのエスプリが漂ってきます。
思わず手を差し伸べ、ギュっと抱きしめたかった〜!けど、それは叶わぬ愛。

しばらくそのガラスケース前を独占しておりましたが、折からの篤姫ブーム?で訪れたであろう紳士淑女の皆さんも作品をご覧になるなり「わっ!顔があるみたい!素敵〜♪」の発声と作品タイトルにうなずいていたり…。
「そう、ボクが名付け親です!シャガールからインスパイアされたんですよ。」って、口許まで出かかったりして…何だか妙に誇らしかったこと…白状します。(苦笑)

その光景は残念ながら撮影禁止の美術館ですからして、生みの親である上名窯さんのブログサイトを勝手ながら探索&リンクさせていただき…その名作誕生までの経緯をとくとご覧くださいませ。

1★まずは磨きのかかった素焼から。すでに名作の予感!
2★そして本焼の完成。色白の別嬪さんでしょ!貴重な背面?も伺えます。
3★なんと!花の都パリへと出展発表
4★ついに晴れ舞台・パリ会場より衛星?中継です♪

さて、メイサクの次はマンサクです・・・・・・・More(笑)
[PR]
by nonacafe | 2009-02-19 21:17 | 庵主の一期一会 | Comments(6)
2009年 02月 13日
現代薩摩陶芸展@池袋・東武
ブログでお世話になっている鹿児島のベテラン陶芸家、上名窯さんの展覧会にお邪魔しました。
明日14日から両国の江戸東京博物館で開催される『薩摩焼/パリと篤姫を魅了した伝統の美』展に先駆け会場をデパートに移しての記念展で、薩摩を代表する現役陶芸家13人の中に選ばれての作品発表展である。
長きに渡る日本工芸会正会員でいらっしゃいますので『伝統工芸展』での入選作は何度か拝見していましたが、東京では個展の機会は少ないようで、まとまって作品が拝見できるこの機会を楽しみに伺いました。

会場正面入口の中央に、まずは代表作の『絞胎』技法の壺が迎えます。
e0047694_19175150.jpg
伝統の薩摩焼は大きく分けて官窯の白薩摩と民窯の黒薩摩があるそうで(焼酎みたい?!笑)、会場ではその伝統的な作風作家の中にあって(想像するに)いちばんの長老であるらしい上名窯さんの作品は自由で伸び伸びしていちばん若々しかった、です。
上名窯さんのもうひとつの看板技法である『鉄絵銅彩』には、小生も大いに関心があって真似事で作陶しており勉強用のお手本として持ち帰りたかったのですが、そんな欲張りはフトコロ事情が許しません。
で、厳選!さんざ悩んだあげく頂戴したのが『絞胎』のこちら、大振りのグイ呑み。
綺麗な色土に掛かった白濁の灰釉がスモーキーパステルで素敵でしょ!!
e0047694_19182395.jpg
この『絞胎』技法である大作の丸壺『花摘む村娘』は、パリ展示を終えていよいよ江戸東京博物館に凱旋展示されます。作品銘のほぼ?名付け親の小生としては近々に娘と対面せねば…(笑)と、わくわくしております。

★池袋・東武の『現代薩摩陶芸展』サイトは、こちら
★江戸東京博物館の『薩摩焼/パリと篤姫を魅了した伝統の美』展サイトは、こちら
[PR]
by nonacafe | 2009-02-13 19:41 | 庵主の一期一会 | Comments(8)
2009年 02月 12日
う〜む。やっぱり、しょっぱい(←失敗)
窓辺に置いて朝日を浴びた、拙作な新作「梅干し壺」。
作っている時から何だか鉄兜を冠った兵隊ロボット(爆)みたいだったが、
如月の朝の光は、ヘンな形の上に目玉までこしらえてくれた…(笑)
e0047694_1428959.jpg
もともと生の時点で白化粧と間違え釉薬(1号釉)を塗ってしまった段階で、もはやその後の構想と対策は完全にお手上げだったのだ。

それでも素焼き前に、塗った釉薬が乾いていたので削って落としてみたが…、
本焼きで選んだ「志野釉」の還元焼成の下には、グレーの斑が浮かび上がり汚なさこの上ない。(涙)

そしてトドメの一発は・・・・・・・・More
[PR]
by nonacafe | 2009-02-12 12:12 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2009年 02月 04日
新作小物染付5品「猪口&小鉢」
本日は『立春』で、前日は『節分』であった。
で、遅ればせながら…(笑)

「福」は内〜!
e0047694_0264934.jpg

「鳥&魚」は外〜!
e0047694_0272865.jpg
いずれも昨年の成形で、今年新年の『書き初め』作業であった。

なお、失礼ながら猪口の下敷きのトレイにしてしまったのは…(苦笑)
イワシならぬ、サンマ皿のロング&ベストセラーの誉れも高き
陶芸作家・田中信彦氏の不朽の名作。
その、正しいご使用方法は、ぜひこちらをご覧あれ!

(なるほど!と思われても、くれぐれも皆さんデザインをパクらぬように…。)笑
[PR]
by nonacafe | 2009-02-04 23:59 | 庵主の陶芸 | Comments(6)