こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦の陶芸ブログ
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2009年 01月 28日
春を先取りに、池上散策。
春節(旧正月)を前にした日曜日は、梅園があるという大田区池上に。
梅にウグイス、ホー・ホケキョ!(但し、こちらの写真はメジロです)笑
e0047694_14541825.jpg
可憐な紅梅の開花もチラホラ…。
e0047694_14551561.jpg
白梅、紅梅、枝垂梅…その数400本近く植えられているそうだが、
そうだなァ…まだまだ2割弱の開花かしらん。
e0047694_14555184.jpg
そして池上と言えば、日蓮宗大本山の本門寺。(ホー・法華経!)笑

五重塔は桃山・慶長時代の建立で関東では最古の五重塔だとか。
本堂をはじめ大伽藍の大部分は先の大戦の空襲で焼失し、現在ある偉容は戦後の鉄筋コンクリート建築である(憎し!戦争)。また、ぜひ拝観したかった小堀遠州・作とされる奥庭『松濤園』は基本的に非公開でこれまた非常に残念なり。
e0047694_14564194.jpg
本門寺界隈は大本山の塔頭だろうか山懐に数多くの寺院が並び、その寺町の風情はさながら京都…?門前町には、くず餅屋さんやお土産物屋さんやレトロな酒屋さんが在ったりで、なかなかのロケーション。
本門寺のお山はサクラの樹も多そうで、春本番のお花見にも良いかも!
e0047694_14573330.jpg
お山の舞台(展望台屋上)からは、富士と元旦のご来光も仰げそう。
(…って、こちらの写真は旧暦大晦日の落日ですが…。笑)
e0047694_14581972.jpg
ほんとうは、ほんとうの京都に行きたいナァ。。。。。
[PR]
by nonacafe | 2009-01-28 15:15 | 庵主の物見遊山 | Comments(8)
2009年 01月 20日
新年新作2種
新作といっても作陶作業は昨年で、別段新技法でもなく相変わらずのマンネリである。
ひとつは、還元焼成による鉄絵独楽文の小鉢&小皿。
e0047694_003710.jpg
奥の左は、Peace♪Someday,Somehow,Somewhere~!(by Bernstein&Sondheim)
▲Somedayのつもりが何故かスクラッチ文字のスペルがSometimeとなる。(苦笑)

その右は、Peace♪Here There & Everywhere~!(by Lennon&McCartney)
▲鉄絵の具が濃く、一部釉薬がはじかれる。(泣)


手前の鉄刷毛目小皿の斑紋は織部による釉裏紅。(あまり紅くないが…)
なお、下の記事の敬愛する松野氏の作品とはどうか見比べぬように…。(爆)

e0047694_02223.jpg
そして、この片口と同時作業だったもうひとつの片口。こちらは酸化焼成。
本日は暦の上では『大寒』だというのに何だか涼しそう…な色合い。(爆)
e0047694_024973.jpg
中では、鯉?鮎?山女?寒鮒?だか2尾の不明魚が泳ぎます。
[PR]
by nonacafe | 2009-01-20 00:21 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2009年 01月 14日
オシャレな松野章弘展@田園調布・たち花
でんえんちょ〜ぅふぅ〜♪
誰が何と言おうが…そこはリッチでハイソな選ばれし者だけが集う高級住宅地。
御用がなければその駅さえも下車するのが、はばかれるような特別な街。(笑)
東急目黒線東横線の地下化で一時は消滅した欧風コテージハウス風な旧駅舎が復元されてから、久しく庵主も初めての下車である。(汗)
その駅の改札を出て右側駅前に程なくある「ショップ・ギャラリー/たち花」で、昨日より松野章弘氏の個展が開催中だ。
e0047694_19485129.jpg
そのギャラリーもすっきりモダンで限りなく美しいが、松野氏の作り出すウツワの数々も昨年5月開催された前個展より、量・質・空間ともに一段とグレードアップの極みを増していた。素晴らし〜い作品展だ!

鋳込みから産み出された完璧にシャープなフォルムの白磁に施された、手技による陶土の控えめでナチュラルな化粧&加飾。コップ、カップ、鉢、皿と…それぞれが的を射た豊富なサイズ展開。しかし、どれもふたつと同じ意匠はなく、ひとつではそのバリエーションがもったいなく可哀想に思え、さりとて組み物であるいはソーサー付きでラインナップを揃えるには小生の懐具合に到底そぐわず…苦渋のチョイスだけが残されてしまった悩ましさ。(悲哀&苦笑)とほほ…。
当夜は会場にて初日のレセプションパーティー、そして二次会へと。旧知の仲間と新しい出会いと新年会を兼ねたようなワインの楽しいひと時を過ごすことが出来た。
ありがとう、松野さん。次回こそはオトナ買いをめざしたいものだ。(苦笑)

松野章弘展 「ショップ・ギャラリー/たち花」
大田区田園調布2-42-18 2F(1Fはグリーン薬局) TEL 03-5483-8286
1月24日(土)まで。11時〜19時
日曜休み。最終日は17時まで。 オシャレな貴方に必見です!
[PR]
by nonacafe | 2009-01-14 20:26 | 庵主の一期一会 | Comments(10)
2009年 01月 01日
2009年イヤープレート【牽牛=けんぎゅう】
新年明けましておめでとうございます。
旧年中はご来庵並びにご声援コメントをいただき有難うございました。

時は100年に一度の「未曾有」の大不況時代だそうで、皆様におかれましてはいかがな新年を迎えられたでしょうか?
庵主にとりましても諸般厳しい事情ではありますが、前向きに、上向きを目指して張り切る所存であります。
それにつけてもMacですが、昨年暮れに遅ればせながら業界標準となりつつある新環境への切り替えに多分な先行投資を注いだのですからして…モォ~!大変。
なにせ商売道具ゆえに時代の趨勢に合わせねば現場から爪はじきをされそうで、
ま、それは仕方のないことではありますが…それにしても、モォ~!(初泣き?)。
さあ、サッサと本業にて回収奪還しなくては…(爆)
e0047694_17341125.jpg
で、こちらの絵柄は毎年恒例公開の庵主オフィシャル年賀状であります。
丑年といえばなんと言っても牽牛星です。えっ?そりゃ七夕だろうって…。(笑)
気持ちとしては、丑年を牽引したい!って事です。(おっ!大きく出た?)
ええ。フリーランスにとって年賀状はPRツール、庵主の初夢と思ってください。

ということで年は新しく変わっても戯言の拙庵は相変わらずのようですが、
本年もよろしくおつきあいの程、御願い奉り候。(平伏)
[PR]
by nonacafe | 2009-01-01 17:59 | 庵主のオモテ芸 | Comments(20)