こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦の陶芸ブログ
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2008年 12月 28日
今年の陶芸、ドジ納め。
今年は初めて梅干漬けにチャレンジした。
かなり塩っぱいが、おいしいからまずは成功したと思いたい。
しかし折角の家宝(?)にふさわしい保存壺が当庵には無かったので、来季に向けて作陶することにした。
ま、飽きたらワインのアイスペールや自分の骨壺(笑)にも転用できそうだからね。

いつにない今年最後の大作に、慎重に胴部・蓋・耳と組み合わせ、いよいよ仕上げは
白化粧だ。外周りは刷毛にて、蓋部分を丹念に塗り終えたその時…、

通りかかった先生が「あれ?生に釉薬塗ってどうするの!」と…。
e0047694_1373665.jpg
ギャ〜〜〜〜!
ふたつ並んだ白化粧用の白泥と1号釉のバケツを乳鉢に掬い間違えたのだ↓(大泣)
道理で筆は良く伸びるし、同じ白色でもジンクホワイトがかっていたんだね。(涙)
e0047694_138438.jpg
生土なので、洗い流すわけにいかず、スポンジで拭っては試みたものの落とせるものではない。
落胆と思案の結果、胴部にも同じ過ちを犯して?釉薬を塗ることにした。(苦笑)
このまま素焼に決行して、どう手を打つか?来年本焼き時に考えるさ…!(爆)
e0047694_1384230.jpg
さて、かようにズッコケた拙ブログですが、今年もご拝読有難き御座候。
来たる新年もご愛顧くださるようお願い申し上げます。どうぞ皆様、良いお年を。
[PR]
by nonacafe | 2008-12-28 13:31 | 庵主の陶芸 | Comments(6)
2008年 12月 24日
クリスマスの贈り物になりました。
この染付角皿は先日、kaikaiseiさんこと、福西雅之さん個展会場にて素焼生地に絵付けをさせていただいたもの。
畏れ多くも、岡山の工房にお持ち帰りいただき施釉と還元窯にて完璧な焼成を賜わり、丁寧に梱包されて還って参りました。しかも超ハイスピードの仕上げ作業にて、まさかクリスマスに間に合わせていただけるとは…♪
ありがとうございました。
e0047694_17572125.jpg
絵柄のマンネリ具合はさておき…(笑)この使い勝手の良い大きさ(仕上り約16cm)四辺の反り具合の形態、パクって量産したくなりました。
イブの今夜あたりはケーキを乗せて、ピーチク♪パーチク♪愛を語らいたい気分です。(爆)
なお、こちらのサイトにはその時参加された皆さんの作品発表もございます。
皆さん、初挑戦の方も含めて巧いもんですよ〜!しばし自信喪失!汚名挽回?(涙)
[PR]
by nonacafe | 2008-12-24 18:14 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(8)
2008年 12月 22日
呑み食い倒れ?忘年会@陶芸教室
土曜の夜はお世話になっている教室での忘年会。
おでん、と、もつ煮込みは開宴前には早くも煮込まれ…準備万端。
e0047694_22325762.jpg
時間とともに陶友それぞれの腕自慢の手料理のご馳走が次々と運ばれ…、
総勢70〜80人は参加されたであろう酒池肉林の大宴会!
e0047694_2235295.jpg
本日のメインエベントは、教室の校長&スタッフが手塩にかけた特製ピッツアに対して、
有志生徒連合による肉まん&あんまんの料理対決。
e0047694_22355243.jpg
いづれも“めいくい~ん”さん秘伝のレシピ伝授によるものだったようだが…、
庵主は残念ながら、評判のその美味しさにありつけず涙を飲んだ。
その対決時間は、別室の囲炉裏端にて別物にかぶりついていたんだね。(爆)
めったにお目にかかれない超特級和牛カルビをパクつくのに忙しかったから…。
e0047694_22364115.jpg
ふと気がついて駆け寄ったら、たった一切れの冷めたピッツアがあったのみで、
軍配をどちらかに挙げるわけにもいかず…。ちょっと残念。(笑)

お酒もビール、日本酒、ワイン、焼酎…と、じっくりたっぷり一通り。(ウイッ!)
ああ、いい忘年会だった!みんな、お世話さま。
ご馳走さま!来年もどうぞよろしくね。
[PR]
by nonacafe | 2008-12-22 23:08 | 庵主の一期一会 | Comments(8)
2008年 12月 15日
『4人展*冬からの贈り物』@西荻・ギャラリーMADO
可愛い4人娘が、女性好みでおしゃれで素敵な作品や雑貨を展示即売しています。
のんびりグダグダしていたら、ご紹介が遅れなんと明日が開催最終日となってしまいました。
動員数に貢献できなくなってしまいましたね。ま、どっちにしても微力ですが…
すいません…!(汗)
最終日は4時までです。ギャラリーMADOの場所はこちらです。
e0047694_2248382.jpg
庵主の陶友でもあるmattinaさんは、いまや手作りバッグが大人気で超多忙。
e0047694_22483466.jpg
そして教室の生徒から人望と作品で人気を集める陶芸講師のAyaさん
e0047694_22502837.jpg
お二人と、最近はグループ活動の機会の多いフラワーリース作家のChakraさんと、このほど所沢で雑貨店を開業されたCha-tu-chaさんとの合同で、こちらの西荻窪の洋館で開催されたこの展示会は、かわいい物・ハンターに要・必見の催事です。
e0047694_22511830.jpg
こちらの会場。昭和の戦前のハイカラモダン邸宅で、現在も一角に大家さんが住まわれているそうで、たぶんその応接間であったろう場所を利用したレトロな空間。したがって靴を脱いでお邪魔するスタイルです。(笑)どこか懐かしく温かいムードは4人の作品にドンピシャで和みの時間を過ごすことができました。
e0047694_2252288.jpg
これは展示物ではないのだけれど、玄関ポーチにはこんな彫刻がありました。
水道栓があるので、ガーデニング用の蛇口かなぁ?(いや、鯉口かしらん?)笑
[PR]
by nonacafe | 2008-12-15 23:07 | 庵主の物見遊山 | Comments(8)
2008年 12月 12日
センダイのセンダさんの、個展。
銀杏と言えば、本郷は東京大学で・・・
今まさに降りしきる雪のように黄金の落ち葉が舞い・・・
e0047694_0142727.jpg
シンボルの赤門の上に月齢14の月が昇った。
その赤門の本郷通りを挟んで向かい側にギャラリー・愚怜(ぐれい)がある。
e0047694_0151214.jpg
ウインドーに迎えてくれたのも月?…満ち欠けの月を思わせる花器。
蓋を乗せては一輪挿し。蓋を外せば水盤となる造型の妙。
e0047694_016890.jpg
作者は、もう庵主の旧友とも言えるような古い付き合いとなった、かっての陶芸教室のスタッフ講師すなわち先生であった千田玲子さん
e0047694_0183595.jpg
朝日陶芸展などで常連入選の女流陶芸家である。
このところのオブジェのテーマは人体のトルソーだそうで、それは花器にも展開されている。
そして、ひと頃の食器のテーマは「大地の器」で、今回もプリミティブな趣きの酒器に反映されていた。
e0047694_0191935.jpg
現在は東京を離れ、ご主人と杜の都・仙台の森?片田舎?に制作の場を移し、
さすがに人恋しいのか?いつの間にかブログに嵌まっていたようだ。(笑)
それは陶芸ブログというよりも柴犬ブログのようだが(爆)マウスで描く愛犬「まめ吉」の登場が泣かせます。ときたまご本人もイラストで登場しますが、前述のように女流陶芸家でありますからして、決して男性ではありません。実際は見目麗しい妙齢のご婦人ですので、来廊日に合わせてぜひお確かめくださいませ。(笑)

千田玲子陶展@本郷・愚怜(ぐれい)
12月24日(水)まで、開催中。
日曜休廊・正午〜午後8時 (祝・土曜は午後6時まで、最終日午後5時まで)
文京区本郷5-28-1 ※くわしくは、こちらへ。
[PR]
by nonacafe | 2008-12-12 23:59 | 庵主の物見遊山 | Comments(4)
2008年 12月 09日
ワ~イ!また当たったッ~!?
さるビール会社のプレゼント・キャンペーン
今回もまた見事当選してしまいました。

どうして毎回当たってしまうんだろう?(…って贅沢な疑問&高笑い!)
以前こんなこともあったけれど、じつは確かこの後の復刻版ラガービールプレゼントも当たっているし、それ以前の「サッカー日本代表・勝Tプレゼント」も2度もらっているのだ!ひょっとしたら特待上客にリストインされているのかも…?(苦笑)
e0047694_19797.jpg
で、貰って早速ご飯を炊いて、何はなくともささやかにブランチビールで乾杯。ごちそうさまでした!
クジ運絶好調!さてはて「年末ジャンボ」でも買いに走ろうかしらん? おっ!あした10日が大安じゃ。(笑)
e0047694_197473.jpg
なおこの新巻鮭。冷凍とはいえ侘び住まいの身には持て余しそうなまるごと一尾ゆえ、近隣の友に半身を御福分け。その日が「友引」ということもあったが(笑)その彼女、いま開催中の下の記事『国立・展示会』に早々にお出かけを賜わり拙作をお求めいただいたとのことで…。そのお礼も兼ね、いつもありがとう!!!
[PR]
by nonacafe | 2008-12-09 19:37 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(12)
2008年 12月 05日
展示会に出展いたします。【開催日まで巻頭表示】
クリスマス、お正月と楽しみなプレゼントシーズンですね。
もちろん一年間がんばった自分へのご褒美、それもいいかもネ!(笑)
庵主も10点ほどの器を厳選いたしまして、参加させていただきました。
e0047694_011787.jpg
くわしくは、こちらのミルクギャラリーのHPサイトをご覧ください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

DMのデザインを見る・・・・。More
[PR]
by nonacafe | 2008-12-05 00:00 | 庵主の一期一会 | Comments(4)
2008年 12月 04日
新作染付、あれこれ。
形も大きさもバラバラ・マチマチ。(笑)
教室の素焼き済棚に長いこと貯め込んだ素地に一気に呉須描きしたものたちが、明日から始まる『大切な人に贈りたい器たち』展に合わせ焼成の便宜をいただき、還元窯から出てまいりました。出来立てホヤホヤ・ピカピカでしょ?(笑)
う〜む。どれも良くて(うそ!)10個余出品の厳選に悩む。他にも過去の中から出したいものもたくさん有るし…ね。
e0047694_15423194.jpg
まずは「天使皿」。クリスマスシーズンゆえ外せない!(媚びたチョイス!苦笑)

でもまさか、左上のこちらの丼は出せないナァ…
e0047694_154384.jpg
ウェイトを絞るため(焼成費をケチるためとか…笑)削りに削り、ある部分は紙の薄さに…。ま、もともとロクロの軸がブレているので本焼でヒビからキレたのも仕方あるまい。(泣)
e0047694_15451447.jpg
ひょっとして水漏れは大丈夫かも…?と未練たらたら教室で実験していたら、青い目の陶友嬢が「ダイジョウブ。ポテトサラダ鉢にピッタリよ!」と慰めてくれた。
「なるほど…!」と、庵主納得。え!?あの言葉、何語だったのかしらん?(爆)

さて、今から搬入に行って参ります。厳選十選は会場にてぜひお確かめください。
Everybody, Welcome !
[PR]
by nonacafe | 2008-12-04 15:59 | 庵主の陶芸 | Comments(4)