こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦の陶芸ブログ
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2008年 03月 31日
【新作】花冷えに、湯豆腐鍋はいかが…?
満開の桜に冷たい涙雨…。想い通りに事は進まないのが無情の世の中。
で、想い通りに上がらなかった拙作の竹筒土鍋には、
馬子にも衣裳のデコレーション写真でお披露目です。(笑)

写真のサクラは「京都」でも「吉野山」でもなく、今年の吉祥寺は井の頭公園の山桜であります。それとて土鍋を持ち出してのロケ撮影でもなく、単なる合成写真であるのだが…。(ま、不出来な作品から眼を反らさせるために、ね。…苦笑)
e0047694_222607.jpg
土鍋土に、外側は織部、内側は灰釉(だったかな?)の掛け分け施釉。
そして酸化焼成。
織部は思いっきり流れました。それに若竹には似つかわしくない青銅釉のような発色。(汚ね〜〜ぇ!)流れやすい織部の対応策に、竹節を模して山と溝を設け、合わせて底部1cmは撥水させたのに軽々と越境してしまった(泣)。
棚板を汚したであろうことは言うまでもないし、鍋底をグラインダーで一時間かけて削ったことも白状しよう。

そもそもケチな根性で作陶したのだった・・・・・More
[PR]
by nonacafe | 2008-03-31 22:53 | 庵主の陶芸 | Comments(6)
2008年 03月 28日
サクラ満開、庵主の眼も“満開!?”に。
この写真は一昨日の記事と同じ日に撮影しました。近所の小学校の正門に新入生を迎えるべく植えられたソメイヨシノです。剪定があまり強くないので梢の先まで伸び伸びと花を付け、すでに満開の趣きです。
e0047694_093551.jpg
撮ったもののこの画像データ、電線が画面を横切りうるさい構図なのでデジカメからPCに落さずにいたのですが、本日、画面を大きくして眼をカッと見開いて見れば…???
はて?さて?このミドリは何でしょうか・・・?

データの原寸をトリミングして見ると・・・More
[PR]
by nonacafe | 2008-03-28 23:59 | 庵主の幻想錯視 | Comments(2)
2008年 03月 26日
サクラ咲いてます。
サクラ、じゃんじゃん咲いてますねぇ。
e0047694_21385272.jpg
ところによっては満開とおぼしき樹もある。
e0047694_21391866.jpg
しかし、明日から、お天気、下り坂とか…!?
e0047694_21395919.jpg
そいつぁ〜イカンな、と、ご近所の世田谷観音様へ。
ツガイの小鳥も仲良くお花見だ。
e0047694_21412091.jpg
ヒヨドリかな?シジュウカラかな…?クチバシはオレンジ色か…?
うーむ、庵主のカメラじゃ、いっぱい&いっぱいで、わからん。(苦笑)
[PR]
by nonacafe | 2008-03-26 21:50 | 庵主の花鳥風月 | Comments(6)
2008年 03月 18日
サクラ開花日まで、何日?
もうすぐサクラ、咲きそうだナ…。
e0047694_22332588.jpg
ほら、こんなにふくらんで…、
e0047694_2234640.jpg
今にも開きそうな…。
e0047694_22344390.jpg
あっ!・・・・・うわーっ!満開だ!?(笑)
e0047694_22354237.jpg
                    (ご近所の緑道へ、気晴らしに…)
[PR]
by nonacafe | 2008-03-18 22:42 | 庵主の花鳥風月 | Comments(14)
2008年 03月 18日
昨日の投稿記事へのご返信。
ごめんなさい。
昨日の記事内容はちょっくら内容が暗く、治安上にも問題ありかと自己判断し、
何より早く忘れたい出来事でもあり、勝手ながら非公開扱いとさせていただきます。
温かいコメントをいただいた4人の皆様、ありがとうございました。
重複するかもしれませんが、いただいたコメントのご返信をこちらに記させていただきます。
お騒がせいたしまして、まことに申しわけございません。
[PR]
by nonacafe | 2008-03-18 18:18 | Comments(8)
2008年 03月 11日
新作クローズアップ:“おひとりさま土鍋”2種
e0047694_19195817.jpg
拙庭の一番花クロッカスが唐突に咲き、すっかり春の陽気になった頃、頼まれ物の土鍋がやっと出来上がりました。(苦笑)
すっかりこのところ庵主の上客でありますWonderful WORLD♪へお勤めのAさんのために、2タイプをご用意してどちらかお選びいただこうとの算段でした。(上客ですから…笑)さて彼女がどちらを選んだのかはご想像におまかせするとして、あなたのお好みはどちらでしょうか・・・?
e0047694_1913188.jpg
黒マット釉と、白っぽいAマット釉に振り分け、鍋の中はそれぞれ色違いになるように掛け分けしました。通常ドボンとただ釉薬のバケツに突っ込むだけのズボラな庵主にとっては、ちと面倒な工程(爆)ですが、しかし蓋を開けると中の色が異なるのはちょとオシャレ?!かな…と。
e0047694_1924583.jpg
しかし、このAマット釉、くせ者です。鍋土に厚めに施釉するとおいしそうなクリーム色に、薄くなるとまるでドラヤキの皮のようにコゲるんです(還元焼成)。ちなみに蓋裏は同じAマット釉ですが、中の黒色を拾って変色したのかと思ったら…どうやら違うようです。蓋のオモテも施釉が薄かったのか同心円の独楽文も、もうひとつパキッとしましぇん。(気分はルーシー・リーだったとか!えぇ?)笑

マットついでに蛇足ながら、下に敷いた写真のパッチワークのキルトマットは庵主作のオサイホーです(笑)。もちろんこちらはオマケには付けませんでした。だってアパレルは彼女の本業ですからね。(爆&汗)
[PR]
by nonacafe | 2008-03-11 19:45 | 庵主の陶芸 | Comments(12)
2008年 03月 07日
新作クローズアップ:長皿3種
本年新春の陶芸始めで作った長皿の完成です。いちばん懸念された板皿の中央部が反って盛り上がるという心配は無事クリアされました。(拍手パチパチ!)
しかし秋刀魚がすっぽり納まるくらいに大きく作ったつもりでしたが(型紙の寸法の控えが今ないのですが)仕上がりサイズの左右30cmは、だいぶ小さくなった印象がします。
秋刀魚は文字通り秋の味覚なので、鉄絵は秋らしく、ススキ文をこれでもか!と雑草生い茂り、うるさいくらいの加飾(過飾?)。秋は枯れた風情がふさわしいものを…あぁ、疲れました。ハァァ…(笑)
e0047694_0101369.jpg
で、こちら↓はその後の反動か?息が続かず…(?!)アッサリと…。(苦笑)
e0047694_0125516.jpg
ま、もともとベースに白化粧の刷毛目があるので、控え目の加飾を目指したつもりです。ドリッピングの釉薬飛沫は、上が伊羅保、下は織部の釉裏紅です。飛沫のツブの大きさが均一なのが反省点ですが、気分は言わばめおと長皿とか…?!(笑)
[PR]
by nonacafe | 2008-03-07 23:59 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2008年 03月 05日
新作クローズアップ:E,F,G,H
焼酎お湯割りカップのすべて。
Mr.サッチモの“What A Wonderful World(この素晴らしき世界)”の歌詞を
スクラッチ(線刻)によるグラフィティ(落書)模様に乗せました。
お陰様でWORLDにお勤めの友人女史には喝采を以ってすべて引き取られました。(感謝)
撮影した写真がどれも似ていて、作者である庵主も整理と編集に混乱しきり。
ゆえに、湯呑みに銘というのもナニですが…愛称を付けました。(笑)

E■黒い鳥
素晴らしき世界に鳥たちは謳う。カラスさえも…。
e0047694_23514174.jpg

F■パピヨン
もちろん蝶は自由にきままに花から花へと蜜を求めて…。
e0047694_23525814.jpg

G■未熟な成果
そして私は思う。喜んでいただけたものの、まだまだ不味かりし事多しと…。
e0047694_2354989.jpg

H■ピースマーク
サッチモのこの歌は、当時、ベトナム反戦の歌となったそうだ。
素晴らしきこの世界。いまだ人は、国は、いがみ合いの中を生きている。
e0047694_2355924.jpg

[PR]
by nonacafe | 2008-03-05 00:10 | 庵主の陶芸 | Comments(6)
2008年 03月 01日
新作クローズアップ:CとD
e0047694_10442453.jpg
今日から3月と聞くと、どことなく気持が期待で弾んでくる。
本日の朝刊でも世間の期待の重さが計り知れた。折り込みチラシの量である。
ちなみにその重量は、1,153g也。新聞本体はその4分の一しかない280gであった。
以前こんな馬鹿げた計測した記憶があり、自ら検索したらそれは2年前の9月朔日であり、しかも今回はそれを大きく上回っていた。さすがに春の始まり弥生3月、恐るべし。(笑)折りしも週末でもあるからね。
新聞配達さん、1戸当たり1,433gの重量配達ご苦労さん!

さて、長い前文でしたが、新作の戸別訪問?の再開です。
nyago21さんのご希望で、CとDのご紹介。Fについては次回までお楽しみ!っていうことで…。(やたらヒッパる?)笑

C■刷毛目蕎麦猪口
寸足らずなので、これは蕎麦猪口サイズ。ずぶ掛けの白化粧の際に手が滑りバケツの底に落してしまい、どっぷり掛かり過ぎて、あわてて藁箒の筆でぬぐった“マイナスの刷毛目”(笑)。胴回りはこれだけで景色となるので絵付けは施さず。
e0047694_10451967.jpg
でもやっぱり、見込みには鉄絵の加飾が…。
e0047694_10464018.jpg

D■鉄絵刷毛目焼酎カップ
今回の中でいちばん口径が広く、深さもそれなりなので焼酎オンザロック・カップと言ったところ。高台際に面取りを施し“バカラ”な、グラスチック(笑)。
胴回りには鉄絵の刷毛目のみでスクラッチ文字は加えていない。
e0047694_1047279.jpg
これもやっぱり見込みに加飾がたっぷり!(過飾?)笑
e0047694_1048630.jpg
お気に入りのサッチモの名曲“What A Wonderful World(この素晴らしき世界)”の歌詞フレーズのさわり。
ワインカップじゃないのに、何故か葡萄文、てか…?(爆)
[PR]
by nonacafe | 2008-03-01 11:09 | 庵主の陶芸 | Comments(4)