こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦の陶芸ブログ
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(165)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(38)
(34)
(33)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2007年 05月 31日
興味津々、3つの展覧会。
*望月 集「陶器の形と線」展*
e0047694_32261.jpg
梅が丘アートセンターにて開催の望月 集さんの個展は、過去何度か拝見した個展と違って多分に実験的あるいは公募展などに見られる華麗な本編への技法へと繋がる習作と言ったらいいのか、肩ひじ張らない作品(ご本人曰く『ゆらぎ』)が心地よい。そして未熟な庵主にもパクれそうでも?あったりしそうな…?!(爆)
とは言え、否。八寸の四方皿に展開した線や幾何模様を始めとした加飾法のあれこれには、通常では生まれぬただならぬ技法の数々であることがレクチャーを受けておぼろげながら?判明。感嘆しきり。模倣なんて畏れ多くもアサハカな妄想であったことを納得させられたのが最大の収穫であったかも。(笑)
この展覧会は早く拝見したくて、また会場が比較的近くでもあり、先の日曜日に、そしてご馳走を飲み食いしたくて(嘘 !?)30日の研究会にも出席させていただいた。ギャラリーオーナーの丸谷さん、望月さん、美味しい日本酒とお料理をありがとうございました。(6月6日まで開催中!注・研究会は終了・笑)

*小島由起夫「はなぬくもり」写真展*
その昔(?!)数々の素敵な仕事で庵主がお世話になったフォトグラファーの小島由起夫さんから久しぶりに個展のご案内をいただいたので、本日、有楽町駅前の交通会館7階にあるCONTAXサロン東京にお邪魔した。
彼は真田広之や一世を風靡した女優・薬師丸ひろ子をデビューから撮影し続け、写真集も出されているのでご存知の方も多いだろう。
e0047694_341174.jpg
この写真はモデルを使ったファッションフォトグラフィなDMハガキの画像だが、この他にも展示の大半もしくはほとんどが珍しく季節の『花』をテーマに据えている。
そしてそれらは手漉きの和紙「阿波紙」にプリントされ、重奏的な画像美と相まって柔らかなぬくもり漂う独特の癒しの世界へと誘ってくれる。しばらく見ぬ間の彼の新境地かもしれない。お互い年齢を重ねたが、さすがに花形フォトグラファーは変わらずシブさの中に若くもあった。ご興味を抱かれた方は一見の価値あり、ぜひご高覧を。(6月5日まで開催中・日曜休館)

*日本工芸会「新作陶芸展」*
有楽町から日本橋三越へと。日中は青空にもくもくの白雲模様が目を楽しませたが、夕暮れと共に今にも泣き出しそうな黒い雲に覆われた。(実際、帰路はどしゃ降りであったが…泣)
しかし気持は、日本の伝統陶芸界の粋を集結した展覧会へと足取りは軽い。
今年は何度目だろう?この三越への道。(笑)
e0047694_374381.jpg
この展覧会は日本工芸会全国の正会員の出展による膨大な数の出品作である。正会員であるからには幾度となく公募展に入選された方々で、先の望月 集さん林 寧彦さんや、そして人間国宝となられたご歴々の作品が一堂に拝観でき、しかも無料であり、オブジェ系は別としてありとあらゆる陶芸技法の見本市のような展覧会であるが、その中にも審査員による入賞作品の選定がある厳しい晴れ舞台だ。
昨年の観覧ではそのボリュームにいささか疲れ果てた記憶があったのだが、今回は、一昨日の望月さんとの懇話会の中で、展示をめぐってのエピソード(裏話?暴露?)で、Ukkyさん達と大笑いしたことを思い出したりして…(笑)非常に、楽しみながら会場を巡ることができた。(爆)
そうそう、当の望月さんの蓮皿の作品は、ほんのひとつ右に寄れば「人間国宝コーナー」入り!殿堂入りも間近であるに、違いない。(6月3日まで開催中)
[PR]
by nonacafe | 2007-05-31 23:59 | 庵主の物見遊山 | Comments(2)
2007年 05月 28日
速報スク〜プ!松川伸子さんの展覧会、始まる。
本日より西荻にて開催。初日の夜に伺いました。陶器ボトルのガーベラがお出迎え。
e0047694_3475841.jpg
そしてついにスク〜(掬う)プ!(スプーンだけに…?!)爆
なんともオシャレなスプーンたちのディスプレイじゃあ〜りませんか〜♪
e0047694_351973.jpg
オタマ、レードル、スプーン、スコップ、しゃもじ…?!(笑)
やはり大人気。半分以上にすでに売約済みの赤丸が…。
さて、残りの中からどれをいただこうかな…♪これもいいけど、こいつも楽しい
e0047694_354634.jpg
こちらの可愛〜い3色使いのカップ、う〜む、残念!すでに完売じゃ。
e0047694_3515015.jpg
しかしお目当てにしていた独楽形の大小のボウルはこの時点ではまだセーフ。お取り置きセーブを乞う。

そしてもうひとつのお目当て、会場隣で海南チキンライスの宴…More
[PR]
by nonacafe | 2007-05-28 23:59 | 庵主の物見遊山 | Comments(14)
2007年 05月 28日
愛は地球を救い、スプーンは馳走を掬う。by 松川伸子
 *この記事は庵主お薦めの個展につき会期初日5月28日まで巻頭に置きます*
e0047694_5141124.jpg5月28日(月)から庵主の旧知の陶友である松川伸子さんの個展が始まる。

会場の『ギャラリー夢卵(ムーラン)』は、かのグルメ評論家Y氏が絶賛した海南チキンライスで名高い西荻窪のアジアンカフェレストラン『夢飯(ムーハン)』の一画にあり、観覧ついでにお茶も食事も楽しめる。
これまで彼女は過去2回ほど青山のギャラリーで個展を開催し評判を集めたが、今回は会場のテイストに合わせたのか、“スプーンとそのスプーンで掬う器”をテーマに約1年の準備作陶期間を要し、およそ100点の展示作品を用意したという。
彼女の作陶はすべてが手びねりであり、パッケージ&グラフィックデザイナーということもあってカタチがすこぶる美しい。きわめて几帳面、丁寧な作り、仕事が綺麗。庵主と同業ながら、言わば月とすっぽん、雲泥の差の完成度なのである。
モダーンながら温かみがあり、シンプルであるがクールに過ぎず、甘からず渋からずの作風は、まさに絶妙、旬の“サジ加減”(笑)なのである。
手びねりだからひとつひとつが手塩にかかり自ずから多作とはなりにくい。して、3年ぶり待望の個展である。この機会を逃さず皆様もぜひご注目ください。庵主もできれば会期中毎日のようにサクッと馳走を掬いに行きたいものよ、と思っている。

個展の詳細と、彼女の作陶追い込みの光景はこちら…More
[PR]
by nonacafe | 2007-05-28 11:00 | 庵主の一期一会 | Comments(20)
2007年 05月 18日
サギ、望遠。
人類未踏の原生林?に舞い降りた一羽の白鷺。
画面をクリックしていただけると、もっと様子がハッキリいたしますヨ。
e0047694_4172945.jpg
   え?いまいちクリアではないと…おっしゃられる?!
   庵主のコンデジカメ望遠の限界なのかな〜。(苦笑)

では、こちらに超望遠写真を…More
[PR]
by nonacafe | 2007-05-18 05:18 | 庵主の幻想錯視 | Comments(10)
2007年 05月 16日
注目の展覧会、ふたつ。
忙中、閑あり?…昨日と一昨日、本業仕事の待ち時間を利用して銀座と竹橋へと。

5/14♥藤井隆之陶芸展
庵主が注目して止まない藤井隆之さんの今年2回目の個展。昨年の高島屋での個展で初めてお目に掛かって以来、自称“追っ駆けファン”であるからして、氏の発表した展覧会は公募展も含め今まですべて拝見させていただいている。自慢?!(あ、韓国でのビエンナーレ展は未見です。ま、ご本人もまだのようですが…笑)
今回の会場は何となく気心知れたギャラリーのようで和気あいあいのムードが流れていた様子。それはたとえ初日に作品がすべて搬入されていなくとも、会期途中の窯出しホヤホヤ作品が追加搬入に至ったとしても、展示投入の傍から完売となってしまうという売れっ子人気作家ぶりが醸し出すオーラであるに違いない。
その日は偶然にも会場にて、あのPotter-Yさんにも初対面!皆さん、お若いのに何気にしっかりされていらっしゃるのは何故だろう?(思えば小生、だいぶ年月の浪費を重ねて来たようで…苦&反省)
そんなこんなで当日の写真はなくて、代わりにこちら。(笑)
e0047694_211226.jpg
藤井さんの代表作のひとつに吹染の『蓮図』があるが、前回の今年から華麗な『菖蒲図』が登場していた。あの華麗な描写はたぶん『花菖蒲』に違いなさそうだが、この日曜に訪れた『白金・自然教育園』で見かけた“いずれが、アヤメか?カキツバタ?”を代理画像にて…。
尾形光琳でお馴染みのカキツバタ(燕子花または杜若)は凛とした花姿で外花被片に一筋の白い斑紋。アヤメ(菖蒲)は外花被片にその語源の網目(アヤメ)模様。キショウブ(黄菖蒲)は全体が黄色でわかりやすい。そしてハナショウブ(花菖蒲)は藤井氏作品をご覧いただくとして…。(笑)
さて、菖蒲と書いてショウブだったりアヤメと読ませたり…いずれもアヤメ科だからいいものを、端午の節句に入る菖蒲湯の葉っぱは、これらのアヤメ科の葉ではなく別のサトイモ科の菖蒲だとするからややこしい。花は地味で花らしからぬ目立たなさのようで、花より葉っぱの香りでショウブ(勝負)なのだ。

5/15♠岡部嶺男展「青磁を極める」
陶芸ブロガーの間で、必見!再注目!の誉れも高い産地瀬戸の陶芸家、岡部嶺男の没後17年後の一大回顧展である。
一閑さんや、Hony8787さんや、イタリアのJamarteruscoさん達も絶賛の、東京国立近代美術館工芸館での開催である。
e0047694_2121183.jpg
生まれはかの永仁の壺・捏造?事件の陶芸家・加藤唐久郎の長男だけあって産地ならでは作陶巧者であろうが、瀬戸の織部、志野、黄瀬戸、瀬戸黒、灰釉、鉄釉の伝統技法は言うに及ばず、大胆な縄文を施した器物や塊(オブジェ?)に芸術家作品へのエネルギッシュな模索作品に胸踊るものがある。そして後期の副題ともなる青磁=青瓷を極めた静謐な作品への変遷へと興味は連なる。
余談であるが、最初は加納姓を名のり、それから加藤へ改姓。脳出血の病後は岡部に改姓したそうな。年譜の図録を購入しなかったので詳細事情は不明だが、さて芸名でもなく姓(苗字)は、こんなにも簡単に改姓できるものなの…?(ハンドルネームならいざ知らず…笑)改姓で生まれ変われるものなら、庵主も…(爆)

連日でふたつの展覧会を見た後は、こんどこそ次回の拙作は藤井さんのように端正な色絵磁器を手掛けたいものだ…。いや、岡部嶺男のように縄バットで渾身の一撃を食らわせたような大胆な力技作品なら、ひょっとして参考にして出来るかも…、なんて(笑)感動した展覧会鑑賞後は思うのが常なのだが、さてふと我に帰れば、何れにしても彼等は技術の研鑽を重ね到達した天才の努力と苦悩の作品だ。
幸いにも?小生は陶芸をなりわいとする身ではなく、そのエッセンスだけをちょっくら頭の片隅に忍ばせて、相変わらずの進歩も発展もないワンパターンの作陶でショウブ!…否、せいぜいお気楽に戯れ作陶を楽しもうと思っている今日この頃なのではありますが…。

[PR]
by nonacafe | 2007-05-16 23:59 | 庵主の物見遊山 | Comments(8)
2007年 05月 11日
新作窯出から7:最終回/ぐい呑み
展覧会での鑑賞記念としてお求めやすい器といえば『ぐい呑み』で、それもちょっと開いた盃は豆鉢として使い勝手が良いのでは…という策略?の元に準備したのがこれらの『ぐい呑み』だ。鳥文に季節柄サクラ吹雪を飛ばせたりして…媚びもたっぷりです。(笑)
e0047694_2274910.jpg
清少納言も小さき物はみな美し…とおっしゃっている。
で、山野草でいえばこちらのチゴユリ(稚児百合)かと…。
e0047694_2283035.jpg
そしてちょっと筒型の『ぐい呑み』たち。お陰様で作戦は成功して目出度く完売と相成りました。というか…例えば左の口縁が切れた拙作においては金継ぎでもしようものなら(もちろん純金で!笑)ン万円もしかねないお宝の逸品?が、なんと!ひゃくえん也で出品したものですから…(爆)
e0047694_229268.jpg
こちらは、お宝合わせで高尾の山野草、ホウチャクソウ(宝鐸草)とか…。
e0047694_2295987.jpg
最近、山野草にちとばかりご執心で…。(笑)

さて、最終回記念に拙作『山野草の和歌』などいかが?…More
[PR]
by nonacafe | 2007-05-11 11:11 | 庵主の陶芸 | Comments(12)
2007年 05月 07日
新作窯出から6:茶碗・茶溜りの平和'07
e0047694_23141157.jpg
茶溜りではないが(笑)GWに出かけた高尾の『多摩森林科学園』にて、湧水を堰き止めた水溜りでちょっとした戦いを目撃した。
コヤツはアオサギであろうか?水音も立てずに抜き足差し足…漁の最中であった。
狙いを定めてS字にしなる長い首を水中の魚影めがけて一気に突っ込んだが、残念!不漁に終わった。コヤツは何事もなかったように平然。しばし静寂の平和が訪れた。
e0047694_23195724.jpg
さて、不漁といえばこの茶碗たち(中には茶碗と呼べぬシロモノもあるが…)も先の陶芸展では半ば不発。半分は会期前にさるご贔屓筋に飛翔したが、前回あれほどご要望いただいたはずの顧客候補様はお見えいただいたのか?あるいはお気に召さなかったのか?最終日まで沈黙を守って展示棚にあった。(う〜む。かなりの自信作もあるのだが…マンネリに飽きられた?はたまた強気の値付け?…苦)
e0047694_23202826.jpg
『多摩森林科学園』は日本各地の著名なサクラの遺伝子を保存するための樹木林があって有名だが、さすがにこの時期名残のヤエザクラの花がかろうじて面影を残すのみ。来年こそは桜のハイシーズンに再訪せねばと我が心に固く誓った。
しかし、久しぶりのちょっとした山歩きで気分爽快。
e0047694_2321476.jpg
本物の山野草、ジュウニヒトエ(左)も、先日なみへいさんから種名をお教えいただいたセリバヒエンソウ(右)の小さな群生も確かめられました。
やっぱり自然は平和の気分にさせてくれる。いいよねェ〜、今頃の山は!
[PR]
by nonacafe | 2007-05-07 23:52 | 庵主の陶芸 | Comments(12)
2007年 05月 04日
庵主、ダイエットに行く。
精進不殺生?がモットーだったはずの庵主だが…
GWの美食大食痛飲の不摂生か、圧倒的運動不足か、はたまた老齢加齢による必然か…メタボリックな兆候、大いにあり。
e0047694_5235251.jpg
そこで、その筋の賢者が集うという噂の誉れ高きダイエットの殿堂へと。(笑)
e0047694_525546.jpg
トレーニングのスタートは階段の昇降メニューか…?何往復?
e0047694_5262869.jpg
見渡せば何をモチーフに描いたのか美しいステンドグラスと
e0047694_527267.jpg
吹き抜けの天井から降り注ぐ光が疲れた身体を癒す
e0047694_528734.jpg
流した汗はローマ風呂できれいさっぱりと…。(笑)
e0047694_5284056.jpg
湯上がりの後のリラクゼーション・ソファ?!
e0047694_5291320.jpg
そしてアトラクションは国会劇場…e0047694_538590.jpg見覚えのあるこの外観。
そう、国会議事堂である。
我が国の平和憲法が施行されて60年。それを記念した特別公開参観でのスナップだ。

利用した地下鉄での案内板に寄れば、e0047694_5402477.jpg
国会議事堂って、ナショナル・ダイエット・ビルと称するらしい…(爆)
[PR]
by nonacafe | 2007-05-04 23:59 | 庵主の物見遊山 | Comments(8)
2007年 05月 01日
シナさんの展覧会
シナ(C-47)さんなんて気安く書き付けてしまったが、cinnamon_artnoさんの個展に連休合間の仕事帰りにおじゃました。場所は南青山の骨董通りを少し入った所で、夜8時まで開催されているのがありがたい。
実はシナさんとお会いするのは今回が初めてであったが、作品同様可愛くて気さくで素敵な若い女性であった。まるでフランスの蚤の市かどこかで探り当てたようなアンティークなレリーフが施された意匠は楽しいし、ちょっくらフェアリーであり、正直、こっそり白状すると(爆)庵主は好みである。(注・作品のことですヨ〜)笑
親愛の証?にかっさらったのは、ボーダー柄の角皿とカップ。
e0047694_144816.jpg
会場の入口はお洒落なオリジナルのパンとパティスリーのお店で、美味しそうなパンもいくつか持ち帰って試食した。赤ワイン(ロマネ・コンティ?)に合わせたせいかオリーブ入りのパンが塩味が効いてことのほか旨かった。
こうして撮影してみるとパンを載せる皿は“翼のプレート”がよかったかな…?
可愛過ぎてどうしようかと悩んだ末に何故か手放してしまったのだった。
その時ちょうど庵主はボーダーの長Tを着ていた影響かも、ね…?(笑)

『古角志奈帆展』
5月7日(月)まで開催中 AM11:00〜PM8:00
デュヌ・ラルテ(D'une rarete)
東京都港区南青山6-13-9 2F TEL03-5464-2604
D'une rarete
[PR]
by nonacafe | 2007-05-01 23:59 | 庵主の物見遊山 | Comments(12)