こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2006年 11月 27日
秋の新作その2:酸化焼成飯碗&カップ
秋の新作とはいえ作陶したのは初夏のことで素焼の状態で長らく放置してしまったもの。やっと釉掛けして酸化で本焼したものが仕上がった。

この飯碗は竹筆で白化粧の刷毛目を施したが、筆勢が芳しくなくドリッピング(飛沫)を付加した。胎土が白っぽく、おまけに酸化焼成なので明瞭ではなく安っぽい。施釉の段階で織部と下絵の赤絵の具もドリッピングを加えてみたが、上がって見ればそれも余分な作業に思えてくる。
e0047694_2321418.jpg
そして白化粧の線刻掻き落しフリーカップ。部分的に織部や鉄釉で釉彩を加えたが、これまたボヤケて頼り無い。左においては色を刺す部分の物足りなさから赤線を廻し口縁には口紅まで加えてしまった。よせばいいのに…。
e0047694_2322369.jpg
作者自らハッキリ言って、どれもこれも気に入らない…できれば視界から封印したいほど(苦笑)。たぶんご覧の貴兄もご迷惑に違いないが、HPサイトやブログを始めてから約5年、ほとんどすべての作品を公開してきた方針の手前、なにとぞご容赦願いたい。大の付く失敗作もまた今後の研鑽の材料でもあるのだからして。
[PR]
by nonacafe | 2006-11-27 23:42 | 庵主の陶芸 | Comments(14)
2006年 11月 21日
ワ〜イ!当たったッ〜!?
朝一番、ピンポ〜ン!
眠い目に宅配便の小包が…。
e0047694_9441254.jpg
どれにしようか?9月頃あれこれ悩んで応募したけれど、
「北海道海産物セット」だったかな?「京都お漬物セット」だったかな?
ま、ともかく、ご飯でも炊いて…と。

フん…?! More
[PR]
by nonacafe | 2006-11-21 09:57 | 庵主の幻想錯視 | Comments(16)
2006年 11月 16日
秋の新作その1:粉引掻落山葡萄鳥文鉢
穴窯や楽焼用のシブめの作品のご紹介が続いていたが、こちらは庵主の日頃の定番技法のひとつである。白化粧の生乾きの折に竹串にて手早く線描にて掻き落して素焼し、後に呉須や銅の釉薬(織部)等で釉彩した上に透明釉にて仕上げている。
e0047694_12215519.jpg
ただ今回は例の赤い下絵の具でいくつかの葡萄粒を散らした。控え目にと心がけたのだが、仕上がってみると途端にファンシーになるのが絵の具の難しさでコワイところか…素地から赤だけが浮き上がっているような(笑)。
と言って、他の部分も絵の具を使ってフルカラーの塗り絵になるのもどこかいただけない。赤の色調がもっとダークレッドならばいいのか?赤い粒の分量バランスなのか?あるいは手抜きした釉下彩だからなのか?いっそ絵の具なしのシンプルな方がよいのだろうか?…ここは皆様のご意見ご感想を伺えれば幸いと存じます。
e0047694_12223521.jpg
還元焼成(径25×高8cm)
[PR]
by nonacafe | 2006-11-16 12:39 | 庵主の陶芸 | Comments(14)
2006年 11月 13日
穴窯焼成その3:忘却の小鉢
忘却とは忘れ去ること…。して、君の名は?
穴窯焼成を依頼した庵主の作陶物に、この2品があった。
e0047694_20125694.jpg
週末陶芸教室で先生から見かねてこの2点を差出されても、しばらく何のことだか…?(笑)素焼時点で、もうすっかり作ったことを忘れていた可哀想なヤツ。(爆)
方やすっぽりとショールならぬ薪灰を纏っているので『真知子』、もう一方は櫛目もあざやかな『春樹』とでも銘を打つとするか…。(歴史的レトロ〜・笑)背景は数寄屋橋ならぬ拙庵から眺めた快晴の暁だ。
やっとこのところ寒くなりまして、昨日は木枯らし1号も吹き荒れましたね。

木枯らしが吹き飛ばしたのか、ここにも2つの忘れ物…More
[PR]
by nonacafe | 2006-11-13 20:35 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2006年 11月 09日
たかが茶碗、されど茶碗。赤と黒の芸術『楽茶碗』展
楽焼といっても観光地にありそうなチープなスーベニール楽焼ではなく、千利休の侘び茶を具現化させたという千家十職、京都は樂家の由緒ある“樂焼”茶碗だ。
その創始者である初代・長次郎作から当世15代樂吉左衛門氏作まで綿々と続く430年を一堂に展観させるという三井記念美術館開館一周年記念特別展“赤と黒の芸術『楽茶碗』”へと、取り急ぎ庵主は参上した。
もう12年も前になるが青山の根津美術館で『樂三代の名品と館蔵茶碗百撰』を観たことがあり、その記憶も薄れかかっていることでもあるし、今週の日曜で開催終了だというし、ブログ陶友のHoneyさんUkkyさんIkkanさんもご覧になっていらっしゃるというし、昨日はヒマだったこともあるし、ちょうど100円割引券もあるし…ならば、行かねばということに。
e0047694_842065.jpg
三代目の道入(通称:のんこう)も面白いのだが、やはり初代・長次郎である。点数としては前掲の根津美術館より少なかったのだが、その静謐で端正な存在感は飽きることがない。幸い現在閉館時間を2時間延長していることもあって、もう一度再び遡ってじっくり見直すことも出来た。

見れば見るほど、どうってことない!(笑)極めて普通、気負いがない、てらいがない、媚びがない。こんなもの(失礼!)大作ではないし、さしたる技巧も入らず、小生にだって形ぐらい出来る!?(あっ、下の楽焼記事へのスクロールは厳禁です・爆)でも・・・でも、出来ないんだなぁ〜!なんでかなぁ!?
手本の本物を掌にできないから…?侘び茶の心得がないから…?マイ窯がないから…?不真面目だから…? よぉ〜し〜、茶陶に発奮だぁ〜!(笑)
[PR]
by nonacafe | 2006-11-09 09:12 | 庵主の物見遊山 | Comments(16)
2006年 11月 07日
穴窯焼成その2:一輪花生&粉引片口
陶芸教室むさしの創立10周年の記念イベントであった土岐での穴窯焼成である。
たっぷりと薪灰の自然釉を被ったのは、窯焚きにも立ち会わずとも
窯の特等席にて優遇鎮座していたであろう、揺るがぬ証拠。
e0047694_19302513.jpg
しかし、完璧なるシェイプを生み出せぬ力量不足の庵主には、どこか自分の作品とは思えぬよそよそしさで窯から還ってきたかに見えた。
救いは加飾だけという変質作陶派にとって、自然釉という偶然の産物がどこか身の丈に合わぬ借り物の衣裳を纏ったかのようで…
と、言ったら窯の女神サマをも畏れぬバチ当たりで贅沢過ぎた感想であろうか…。

で、こちらの片口は器の内側のみ白化粧の加飾を施した。
e0047694_1931466.jpg
外側のみ焼締で、緋色が走るハズと踏んだが、現われたのはホンの少し。儚き夢と終わる。しかしよく見れば化粧も焼締も味わい深く、さすが薪窯なのである。
先日教室のパーティで日本酒の片口としてデビューさせたのだが、閉宴後には鍋料理のアラやら食べカス入れと化していたっけなぁ〜。(笑)
ま、役立ったから目をつぶろう…(涙)

◆「立冬」の本日。小道具に使用せりはベランダの山茶花、立ち枯れのプチトマト。
 そして、サンゴの鬢留めのような薔薇の実、枇杷の葉の紅葉。

[PR]
by nonacafe | 2006-11-07 20:12 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2006年 11月 05日
ふたつのお祝い。
身長49cm、体重3,054g、2006年5月12日(金)00:37ご誕生。
彼女の名前は『風花=ふうか』ちゃん。
e0047694_22474363.jpg
e0047694_2249771.jpg庵主の陶芸教室の陶友であるG田さんの美人初孫嬢であります。G田さんのお嬢様は庵主の染付をお気に入りいただいて、ご結婚の際にお贈りさせていただいた縁があり、今回もお嬢様ご誕生祝いの記念プレートをご注文いただいていたのです。
そのご注文からなんと半年が廻りやっと先日完成することができ、昨日教室でお渡しすることができました。ノロマで申しわけない!

で、その授与式の模様がこちらの写真です。ってなワケない。(笑)
e0047694_22515856.jpg
えっ?教室の先生が前日から煮込んでいたオデンにメデタイ旗が…
e0047694_22524310.jpg


というのも、昨日は教室の創立10周年記念パーティだった。More
[PR]
by nonacafe | 2006-11-05 23:42 | 庵主の陶芸 | Comments(15)
2006年 11月 01日
もくもくのクモ、サワサワの芹沢
駿河オフ会2日目に訪れた2つの美術館。

e0047694_21515639.jpgひとつは駿河灘の大崩海岸の絶壁に突出したカフェ・ダダリ。長谷川現代美術館の別名通り、個人所蔵の現代アートが楽しめるカフェだ。
ここは今回オフ会幹事長はしばみ師匠の隠れ家のような推奨スポット。こちらのブログにその魅力が満載である。
e0047694_2153089.jpg

e0047694_2153261.jpgそしてもうひとつは、芹沢硅(←金ヘンです)介〈せりざわ けいすけ〉美術館。別名『山水館』であり、石組と水を纏った建築家 白井晟一氏、渾身の設計であります。遺憾ながら写真を撮っていないので、美術館HPより無断借用なり。(苦笑)
e0047694_21535621.jpg
沖縄紅型をルーツに人間国宝にまで登りつめたモダンな民芸染色。彼の世界の民具や民芸コレクションも興味深かった。で、染色といえば水が欠かせない。静岡市出生ゆえ、セリやサワガニ棲む水車村のこんな綺麗な水がその美を育んだに違いない。(ちと取って付けたような故事付けか ?! 笑)
それにしてもこの水車の廃材、欲しかったなぁ〜!こっそり持ち帰ったら飾り棚にしてたかも。(爆)
[PR]
by nonacafe | 2006-11-01 22:30 | 庵主の物見遊山 | Comments(12)