こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2006年 08月 25日
カナブンがやって来た。Yeah! Yeah! Yeah!
この夏、飛んで灯に入る夏の虫シリーズ第3弾!

第1弾は、ムギワラトンボ
第2弾は、ミンミンゼミでした。
e0047694_18525256.jpg
今年はThe BEATLESが来日して40年。日本でのファーストアルバム“Meet The Beatles !”からグループでのラストアルバム“Let It Be”を残し、すでに2人のビートルもこの世にいない。Love & Peace !
このビジュアルを、若き?熱きビートルズファンのひらりん♪に捧げます。(笑
Happy Birthday to Hilaling~♪
[PR]
by nonacafe | 2006-08-25 19:10 | 庵主の一期一会 | Comments(16)
2006年 08月 22日
『若冲』から『太陽』へ。
皇居三の丸尚蔵館にて開催中の『花鳥=若冲を中心に』展の今回は展示替えのPart 5で、いよいよ伊藤若冲の代表作『動植綵絵全30幅』のうち最終の六幅が公開である。これで半年かけての鑑賞完全走破であった。(笑)
最終ともなると庵主のフシ穴の眼でも多少肥えたのか、あるいはもはや驚嘆の溜息と感動の涙は涸れてしまったのか、今回のラインナップは物足りない感じにさえなってしまった。これは重度の“若冲症候群”か…?!いかんいかん…。
e0047694_1281181.jpg
写真は例によってポストカードから複写なので色味は参考にならないが、今回はやたらと発色が良いように感じた。とくに「赤」が…。これらは修復完成の記念としての公開だから無論キレイになっていて当然かも知れない。この公開は9月10日(日)まで。係員によればこの先、若冲の公開予定はないと言う。お急ぎを!
e0047694_12926.jpg


さて、皇居といえば天皇のお住まいである・・・More
[PR]
by nonacafe | 2006-08-22 12:33 | 庵主の物見遊山 | Comments(8)
2006年 08月 17日
納涼怪奇陶芸特集:2●黒羽眼帯の女
e0047694_20263057.jpg
冷たく突き放す白磁の肌を持つこの婦人(増女?)も、不実を働きオイディプス王の罰を受けたのか『ピータン壺の男』同様に瞳の奪われた小面となった。作陶の弱点でもあった眼球には血走ったような容赦ない亀裂…。還元焼成の炎は薄幸の唇から血の気を奪い恐怖に青ざめさせた。もっと鮮やかな紅色が生ずればいわゆる『釉裏紅』と尊ばれるはずだが、ルージュなしの素顔は単に『銅彩』ということに…。

禁断のカラスの眼帯を外してみよう・・・More
[PR]
by nonacafe | 2006-08-17 21:14 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2006年 08月 14日
納涼怪奇陶芸特集:1●ピータン壺の男
e0047694_23243161.jpg
日頃は暗闇の壺に封印されていたからなのか、ひさびさに顔を現した彼の瞳は夏のまばゆい陽光に耐えきれず破壊された(実際は酸化焼成時にヒビワレ)。白粘土の肌は紙ヤスリで磨きをかけたが、そのニキビ跡はいっそう強調されるに至った。彼の名は『ピータン壺の男』。庵主が『第三回WEB陶芸展』出品用にと手掛けたマスクのひとつである。それはグランプリ作となった『豆腐屋の豆腐』より、もっとずっと精魂と時間を傾けた作品であったのだ。

度胸のある方は、次へ進む・・・More
[PR]
by nonacafe | 2006-08-14 23:47 | 庵主の陶芸 | Comments(18)
2006年 08月 13日
THE 盆リース
お盆に掲げるリースなんて、お正月やクリスマスでもあるまいし。
でも先日拾ったユリノキの実の使途に困って…(笑)
e0047694_15153467.jpg
お盆に先祖を迎えるのは、仏壇に縄を張りホオズキをぶら下げた。あいにく縄となるべく藁もないし、そこで目についたのが鉢植えのギボウシで、花が終わった花茎がちょうど麦藁のように枯れていた。三つ編みに編んだらあたかもお正月の輪飾り!?(爆)

そして・・・More
[PR]
by nonacafe | 2006-08-13 15:26 | 庵主の手芸 | Comments(4)
2006年 08月 10日
台風一過の、落とし物。
仕事から早く解放されたので、まだ暑いがお気に入りの並木道を散歩しながら帰宅。
e0047694_22391952.jpg


すると足元にニガウリが…!否、ユリノキの青い実だ。
e0047694_224037.jpg
台風7号はさほど風は強くなく雨型の台風であったようだ。では何故、青いままに落下したのか。庵主がよじ登ったのだろうって?それは現実的ではない。だいち、こちらはやんごとなきお方たちが住まう御所脇で、のべつ警備の目が厳しいプレイスだからである。
ユリノキは高木で花も実もなかなか人目に付きにくい。別名半纏木の名があるようにその葉形は庵主のお気に入りだ。へぇ〜、青いうちはこんな形の実なんだ、初認識であった。で、拾ったものはボクのもの!(笑)もちろん鞄に忍ばせて持ち帰った。我ながらいったい何にするのだろう?(爆)

ユリノキの花はこちら…。More
[PR]
by nonacafe | 2006-08-10 22:52 | 庵主の物見遊山 | Comments(10)
2006年 08月 08日
空燃える、立秋の夕暮れ
台風がもたらした数多の雲の影響か、天空が夕焼けに乱反射して室内が異様な妖しさに包まれた。すわ!カメラを手に西の空が見えるベランダ通路へと。
Oh!なんという色彩だ!
e0047694_20253058.jpg
無情にもデジカメの電池切れのサインが…。数分後にはもっとコントラストの効いた地獄のような日没が見えてたのに…。(惜)
リンクをいただいている『ソラ日記』のnohohoon2さんはこのチャンスを捉えただろうか?
あ、残念!ただいま夏休み中だった(爆)。

追記)で、早速心あたりを徘徊。発見しました、本日の夕焼けの真骨頂を…。
さすがに写真ブログ界の重鎮なみへいさんによる決定的大画像をお楽しみください。
e0047694_20263974.jpg
そして、電池の順番を入れ替えたりしてなんとかシャッターを押せたのがこの東の空。本来なら、ほぼ満月の月が昇っているはず。が、どこを探しても見当らない。
[PR]
by nonacafe | 2006-08-08 20:42 | 庵主の暦歳時記 | Comments(14)
2006年 08月 07日
台風が来るらしい
ミクロネシア生まれの台風が運んできたような夏雲。さすがに暑〜い!
あしたは早くも『立秋』で
e0047694_2375227.jpg
あさっては『満月』になる。
e0047694_2393811.jpg
台風が3つ上陸を狙っているようだが
どうかおとなしく去っていただきたいと欲っす。

文末ではございますが、ご来庵の皆様へ “暑中お見舞い申しあげます”
[PR]
by nonacafe | 2006-08-07 23:12 | 庵主の暦歳時記 | Comments(6)
2006年 08月 04日
飛んで灯に入る、ミンミン蝉
玄関灯めざして壁に激突したか、仰向けにジジジィーと哭きわめくミンミンゼミ。博愛?の庵主はその短い命をはかなみて延命の救助?!
ばせお翁に敬意を表し、俳画写真の撮影となった。
e0047694_2313733.jpg
で、ことしもじっくり観察すれば、昨年のアブラゼミと同じように、ミンミンゼミの背中にも人面が背負られていたのであった…。

さて、どんなお顔が隠されていたのでしょう? More
[PR]
by nonacafe | 2006-08-04 02:41 | 庵主の花鳥風月 | Comments(12)