こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2006年 06月 30日
今夜12時、投票締切です。お急ぎを!
e0047694_1325412.jpg
いよいよW杯と時を同じく決戦の火蓋が切って落された。投票の決まりはこちら。
エントリー作品の一覧はこちら。そしてこちらで清き一票のご投票を!
     ※なお、この記事は投票促進のため締切日まで巻頭に置きます。

More
[PR]
by nonacafe | 2006-06-30 23:59 | 庵主の陶芸 | Comments(36)
2006年 06月 29日
画像容量増量記念
e0047694_0523332.jpg
原寸より大きいのでグラジョウラスに見えたりして…(笑)。螺旋に花穂が付く様いとをかし。只今増量栽培中の野草なり。スクロール、お疲れさまでした。(多謝)
[PR]
by nonacafe | 2006-06-29 00:58 | 庵主の園芸 | Comments(10)
2006年 06月 27日
Ca va ? ネームカード、作りました。
何だかその意味はわかりませんが、エキサイトブログがすすめるネームカードを設定すると写真の容量が1GBまで増量され、100万円の旅行まで当たるという好い事づくめなので、遅ればせながら参入しました。
左メニューのカードをクリックすると庵主の華麗なる?プロフィールが現れます。
e0047694_5155327.jpg
名刺の顔写真代わりに使用したのは拙作の鯖文?染付小皿(特漉白土・青白磁還元1995年作)で、毎食のように常用しているお気に入りです。
あしらった文面は『サバ』にあらず『サ・ヴァ?』、nonacafeはフレンチゆえ
“Ca va ? ”皆様、ご機嫌いかが?と笑顔で媚びてご挨拶しているのです。(笑)
[PR]
by nonacafe | 2006-06-27 05:33 | 庵主の一期一会 | Comments(4)
2006年 06月 19日
近視眼的に視る。
庵主は極度の近視である。コンタクトレンズを填めているが、裸眼においては対象物とは約15cm位のマクロ距離が心地良い。そんなわけで例えば拙庵に咲いた額紫陽花の花を観る時、額のように周りを囲み花に見えるものが花の機能を持たない装飾花であり、中央の地味な粒々が蕊を持つ本当の花であることを、近視眼ゆえに理解できるのだ。(笑)
e0047694_21132481.jpg
e0047694_21134891.jpgそんなことを思ったのも昨日雨の中虎ノ門にある菊池寛実記念 智美術館で開催中の『杉浦康益 陶の植物園』展を観て来たからだ。杉浦康益氏と言っても、庵主には陶土で岩石を型取りしたコンセプチャルな作品がカッコいいなぁ〜程度しか予備知識はなかった。近作では陶土による花や果実を展開していると聞き興味をもって行ってきた。ひょっとして先日『WEB陶芸展』出品作構想にて挫折した“トウキビ”なんてものがモチーフに有ったりして…(笑)。さすがに唐黍はなかったが、茶花やヒマワリ、毬栗、そして睡蓮の池、沙羅双樹の石庭など陶芸の可能性“陶器美”を提示され興味は尽きなかった。実物モチーフ原寸大の作品もあったが、多くは現物より数倍にスケール拡大された“近視眼的観察”の細密さである。暗めの会場にスポットライトが当てられた様は、色を失った巨大花ラフレシアのように妖しくエロティックでさえあった。観覧料の1,300円は、う〜ん、高いような?安いような…?

作品は会場では撮影禁止ゆえ、チラシの写真をMoreとして…
[PR]
by nonacafe | 2006-06-19 21:50 | 庵主の物見遊山 | Comments(22)
2006年 06月 07日
トウキビ
ご存知のように『第三回WEB陶芸展』のテーマは「これをあえて陶器で作っちゃえ」でして…。お題発表後、う〜ん、何にしよう…?
 え〜と、陶器<とうき<陶器の美しさ<陶器美<とうきび<唐黍!
     そうだ!トウモロコシを作ろう!が、最初のプランだった(爆!)
e0047694_2132476.jpg
それもあえてマジでスーパーリアルの原寸大で。糸のようなヒゲが見せ所だ。それに無数に並ぶ実の粒々。紙のように透けた皮も磁土にふさわしい。しかし、考えれば考えるほどに手は遠退き、実行の前に挫折した。そうトウキビしい(相当厳しい)!いまだから言えます、所詮むなしいダジャレだもんね(笑)。
で、上の写真は今回の景品用に先日コネコネした箸置です。ちなみに陶器美ではなく、磁器美!…と、なればよいのですが。

さて、まだ生土状態の写真は地味なので、ツヤツヤの写真をおまけ。
e0047694_21333355.jpg
今年の一番花、テリハノイバラ(照葉野茨)の盆栽です。
庵主お気に入りの野ばらの一種です。しかし、なかなか枝が充実しない。思った通りにならないところが陶芸と同じで、イバラの道。
[PR]
by nonacafe | 2006-06-07 22:15 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
2006年 06月 02日
エントリ〜へ、一丁。
大安吉日のきょう、『第三回WEB陶芸展』に出展。今回のお題は「これをあえて陶器で作っちゃえ」でして、この威勢の良いテーマとは裏腹に、足りない脳味噌には難問難題でありました。で、庵主が悩んだ末の結論がこれでやんす。(苦笑というか、ニガリ笑)
e0047694_20403488.jpg
大好物なんす。これからの季節にたまらナイス。え?何だかわからナイス?ですか。では、こちらのサイトに飛びまして、町内会、否、陶内会の諸先輩のナイスな作品ともどもお目通りを願います。
今回はたっぷりの景品もご用意いたしまして、そりゃもうお祭り気分も満載でして、庵主も寄進いたしましたでげス。あ、まだ投票はできませんよ〜。6月11日(日)〜30日(金)に再び同サイト(祭処)に寄っとくれェ!たのんます。
[PR]
by nonacafe | 2006-06-02 20:50 | 庵主の陶芸 | Comments(20)