こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦の陶芸ブログ
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(165)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(38)
(34)
(33)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
2006年 01月 31日
新・ヒルズは〝ハンコ〟マーク。
鬼才?安藤忠雄氏設計で注目の原宿・旧同潤会アパートの再開発が竣工している。
といっても庵主は関係者に非ず、残念だが内部入館は2月11日のグランドオープンまで待たねばならぬ。
懐かしい3階建のほんの一部分は再生利用しているが、ほとんどは月並?なグラスビルであるのはいささかガッカリ!(期待が大きかっただけに)。しかし兄貴分の〝六ヒル〟のような威圧的な超高層でなかったのが、ま、今のところ救われるか…。
e0047694_19565371.jpg
さて、このヒルズ。今後は〝参ヒル〟と呼ばれるのだろうか?なにやら新マークは三文判、いや違った〝参文判〟なり。
[PR]
by nonacafe | 2006-01-31 20:14 | 庵主の温故知新 | Comments(8)
2006年 01月 26日
グランプリ、栄誉の証。
e0047694_1575114.jpg『第2回WEB陶芸展』大賞賞品の核心、主催者であられるPotter-Y総裁自ら刃を入れ彫刻された〝ハンコ〟をお贈りいただいた。ハンコと呼ぶにはあまりにも印影鮮やかな御印章で、それは勲章にも価する至宝となるに違いない。

絵柄は受賞者の意向を叶えてくれるという。小生は高慢にも最高位の〝鳳凰〟と宣言したいところだが(笑)控え目に〝スズメ〟を所望とのオーダーを寄せた。で、迅速なる仕上げをご送付いだいたのが下図中央の印影で、印材は黒檀である。
e0047694_30451.jpg
Potter-Yさんは今回の陶芸展を縁にブログでのおつきあいをいただいている。陶芸家であると同時にWEB制作やハンコも制作され、誠実かつ研究熱心、達者な技術と器用なお方とお見受けした。こちらのサイトでハンコの作品もお買い求めができ、庵主も新作である左の魚(メダカ?)に執心のあまり頂戴する経緯もあった。
そして到着便の中にはもうひとつオマケ(右)が…。その渦巻文は、nonacafeの『の』印かと錯覚、驚喜乱舞! で、捺印すれば、ぎゃっ?逆版左巻きになったのも当たり前といえば当然の真実であった(苦笑)。
陶芸ではハンコといえば印花で、押印した跡に白化粧を象嵌する『三島手』技法がある。幾何文もあった方が…という、優しきPotter-Yさんのご配慮であったのだ。
かくうえは、こちらの作品集を拝見しながら庵主にとっては新技法の『三島手』に早速チャレンジせねばと…。しかるに、Potter-Y総裁、有難き幸せに存じました。
[PR]
by nonacafe | 2006-01-26 01:52 | 庵主の一期一会 | Comments(12)
2006年 01月 23日
映像捏造疑惑?の解明に寄せて
庵主の巧みな?絵心からか、
1月20日の記事
に一部の映像派の諸先生からどうも疑念の声が上がっている様子ですが(笑)、ここにゴッドハンドによる捏造疑惑を晴らすべく、その証拠資料として時系列でスナップカットの前後を上梓(大袈裟!)いたします。

少しワイドで捉えていますが、ここではオーロラ風の曲線に関心が…
e0047694_11354854.jpg
おやっ?と思い、右へパーン!ベランダの庇が…
e0047694_11361548.jpg
で、これが問題の疑惑カット!
e0047694_11364799.jpg
その後、かすかにズーム。女神、崩れかける。
e0047694_11385959.jpg
ほんの一瞬の幻のような残照でしたが、真実です。汚名?晴れたかなぁ〜?
ま、本業である広告では写真のレタッチ、合成、デフォルメ、加筆は日常茶飯ですが、それとて時間と労力とコストが…(苦笑)
[PR]
by nonacafe | 2006-01-23 11:45 | 庵主の幻想錯視 | Comments(13)
2006年 01月 22日
グランプリ賞品、大公開!
e0047694_21523682.jpgさて、5年ぶりという東京での大雪も今朝は晴天を迎えた。いよいよhilalingさん提供の〝Handy Bike〟の公開試乗である。

〝Handy Bike〟というからにはご覧のようにコンパクトに折り畳める。エアポートのスッチー嬢のように?片手でキャリーができる。そしてハンドルとサドル部分のパイプをすっくと伸ばせば、すぐれものジャーマン・デザインの完成である。どう?イケてるでしょ!
e0047694_21532111.jpg
そこで、颯爽たる庵主のライディング晴れ姿なのですが…。
ルックスに自信があるわけもなし、受賞作の茶碗をかぶってみました(爆)。
e0047694_2155836.jpg
パトロンのヒラリンさん、同梱の静波名産もありがとう。そして陶芸展執行部の皆さん、焼成を間に合わせいただいた陶芸教室の先生、机を並べた陶友の皆さん、そして何より庵主に清き一票を捧げていただいた多くの皆さん、お陰様で最高の栄誉をゲットできました。みんなみんな、ありがとう…!
(まるでアカデミー賞やらグラミー賞受賞のスピーチかぁ?笑)
[PR]
by nonacafe | 2006-01-22 22:21 | 庵主の一期一会 | Comments(10)
2006年 01月 21日
雪と共に“2輪の勝利の女神”到着
昨夕、西の空に見たもの。それは雪オンナだったのか…?
一夜明けたら一面の銀世界、いまも降り続く
表の道路側を見おろせば…
なんとまあ架線の数多きサイバータウン?
e0047694_12591396.jpg
でも裏のお寺の境内だけ眺むれば…
雪山の山荘如きロマンチック…に、しばしうっとり!
そこにインターフォンのピンポーン!で我に還る庵主がいた。
e0047694_130858.jpg
ワオ〜!『WEB陶芸展』グランプリの賞品到着だ。
大きな箱ではあるが、開ければチョー!カワイイ〝Handy Bike〟なり。
でも本日はあいにく?の雪。中身は今お見せするわけにはいきませぬ。
これって、出し惜しみ?見せ惜しみ?で〜す。じゃ、また明日。晴れたらね。
e0047694_1303780.jpg

[PR]
by nonacafe | 2006-01-21 13:18 | 庵主の一期一会 | Comments(5)
2006年 01月 20日
【大寒】 西の空の女神
夕空をベランダより眺むれば…、いままさに
マラソン女子ランナーがゴールのテープを切らんとす。

髪を振り乱し、アゴは上がり、息も絶え絶えに寒風の中、
勝利の女神は栄光に微笑む
42.195kmお疲れさまでした?!

さっ、水分補給をたっぷりとタンクから…(爆)
e0047694_19125668.jpg

[PR]
by nonacafe | 2006-01-20 19:20 | 庵主の幻想錯視 | Comments(6)
2006年 01月 18日
話題がない時は、天気の話?!
このところ暖かだったけれど、また寒くなってきた。
飛行機雲が発生するのは上空が寒く乾燥している時だ。
そしてそれがすぐに崩れるのは、天気も崩れるんだとか。
と、いうことは、明日の天気は???
e0047694_235481.jpg
        銀杏の木をこんなに丸坊主に枯らスたのは
        カラスではありません。冬のせいです。あしカラズ…。

追伸*『WEB陶芸展』グランプリ作品に投票いただいて、幸運にも見事UNTOLDのジャケットをせしめた方1名が判明いたしました。おめでとうございます。
もちろん(笑)庵主の陶友でした(爆)。謝礼のコメントをお寄せするのが恥ずかしい?とのことで、彼女に代わりましてKdaylifeさんに御礼申し上げます。
有難うございました。さて、もう御一名様はいったいどなたでしょうね…?

[PR]
by nonacafe | 2006-01-18 23:32 | 庵主の物見遊山 | Comments(4)
2006年 01月 15日
グランプリの味、料亭の心を堪能。
e0047694_19212662.jpg 『第2回WEB陶芸展』グランプリの豪華賞品のひとつ、根ごろ亭さん「佃煮セット」が送られてきた。静岡のはしばみ窯さんのブログではお馴染みの、一日一組の客人に会席料理を供されるというこだわりの料亭で、常々庵主はブログを拝見し指をくわえて憧れていた料亭なのである。
佃煮セットと伺っていたが、祝いのカードと共に「稲庭うどん」と沖縄の海塩「粟国の塩」も気前よく同梱されていて、大感激!
e0047694_19221443.jpg
佃煮は庵主の大好きな「ちりめん山椒=写真右」と「桜海老佃煮=写真左」そして「おぼろちりめん」の3種。さっそく他におかずはなくとも美味しい佃煮にて休日の遅いブランチ。さすがに料亭の心、美味しーい!
根ごろ亭さんHashibamingさん、どうもありがとうございました。次は出世して会席料理をぜひご馳走に静岡を訪れたいものよと…心を新たに。
なお「おぼろちりめん」は、日頃の感謝のしるしとして陶芸教室むさしのにおすそわけの予定につき、未開封です。○○さん、どうぞお楽しみに。
使用した磁器変形鉢は、2003年の拙作
[PR]
by nonacafe | 2006-01-15 19:42 | 庵主の一期一会 | Comments(4)
2006年 01月 13日
受賞記念。恥ずかしの処女作茶碗公開。
13日の金曜日に寄せて、おぞましい茶碗をご紹介。庵主の陶芸処女作である。
e0047694_1705769.jpg
e0047694_1714922.jpg陶芸教室の体験入学にて紐づくりの手びねりである。まったく初めての施釉だというのに、もともと性格がひねくれているせいか青磁釉とチタンマット釉の重ね掛けにしてしまった。結果は、だらだらと2種の釉薬が流れ込み、茶溜りに『氷河湖』が発生した。本焼完成を手にし、溜息と共に心はしばらく北極圏へと旅をしたのはいうまでもない(爆)。
しかし、同時に作陶した茶碗にわが生涯の大傑作が(自認のみであるが)生まれた。
e0047694_1725710.jpg
青磁の釉調、釉薬をぬぐった高台際の緋色…すべてが完璧な天才ではないかと、ここから勘違いの陶芸趣味が始まったのです。しかし、最初の茶碗は丼として作ったはずが抹茶茶碗サイズとなり、こちらの茶碗は抹茶茶碗のつもりが飯碗へと窯変?こんなにもダウンサイジングするのかを実感した記念作でもあります。
今回『WEB陶芸展』においてグランプリをいただき、お陰様でアクセス数の増大をいただきました。きっと皆様が想定外の出来事に驚きどんなヤツだ?とご訪問いただいたに違いありません。ということでこの際、名刺代わりに我が原点の恥部?を公開いたしました。ご笑覧ありがとうございました。
[PR]
by nonacafe | 2006-01-13 17:36 | 庵主の陶芸 | Comments(2)
2006年 01月 08日
速報!グランプリ、いただきました。
『第二回WEB陶芸展』の結果が先ほど発表になりました。

お陰様で皆様のご支援で、栄えあるグランプリ受賞になったようです。
取り急ぎご報告申しあげます。ありがとうございました。
(感涙・号泣)
e0047694_33338.jpg
追伸:これもひとえに皆様のごスイセンがあったからこそ…。
この偉業に自己陶酔(ナルシス)してるわけではありませぬ。(感謝感激)

[PR]
by nonacafe | 2006-01-08 16:37 | 庵主の一期一会 | Comments(30)