こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
2005年 10月 31日
【陶友展から:5】モンステラ文長角皿
前々回のツタの花もそうだが、観葉植物で人気のモンステラの花もどういうものか庵主は知らなかった。写真がその花芯である。実際にはこの周りに水芭蕉のような白い苞を包むらしいが新宿御苑の温室で初めてこの奇怪な姿を見てギョッとした。熱帯のサトイモ科ゆえカラー(海芋)の花芯と同じなのだと思えば納得はできたが…。
e0047694_17214636.jpg
して、この新作にモンステラの葉をあしらったのだがその花は描き忘れた。代わりに鳥と蜻蛉そして蝶をなぜか加えた`不思議ちゃん柄'である。食器にあるまじき意匠ゆえもちろん売れ残っていた。(苦笑)
ま、本日はハロウィンということもあり、無気味に美しい豹柄のキタテハ(?)の蝶と共にご紹介したのだが、貴方のご趣味に合いましたでしょうか。
[PR]
by nonacafe | 2005-10-31 17:48 | 庵主の陶芸 | Comments(4)
2005年 10月 30日
【陶友展から:4】浪漫唐子文長角皿
e0047694_11483657.jpg
一昨日はなぜか早起きした。東の空を眺めれば、明けゆくアプリコットの空に天使たちが舞い祝福のバラの雨…。寝ぼけまなこが見た庵主の幻想かも知れぬが、これは幸福への予兆に違いない! と言ってもその日は何もなかったのだが…。
ふと思い出し、先日買ったオータムジャンボ宝くじの発表を検索した。
購入10枚で3,000円。なんとそこには…。

当たったゾーーーーーー! 6等3,000円プラス末等300円が…!
投資金を上回るこんな幸運は、遠い記憶の彼方の10,000円(たしか投資金9,000円だった)当選以来だ。ほーらね、この皿のご利益だ。(爆)
作品は前回のモダンが行き過ぎたナレの果ての『天使』柄。これをいま庵主は『浪漫唐子(ローマンからこ)』と呼んでいる。
[PR]
by nonacafe | 2005-10-30 12:24 | Comments(4)
2005年 10月 28日
【陶友展から:3】磁器染付双鳥唐草文長角皿
拙庵の近所にツタの絡まる廃屋?同様の家がある。そこに空中で咲く“ヤツデ”らしき見慣れない花を目撃。茎の出所をたどれば、なんと初めて見たような気のする蔦(ツタ)の花であった。
e0047694_160615.jpgツタと呼ばれる植物には2種類あって、紅葉落葉する『夏ヅタ(写真奥)』と、冬でも枯れず道路の緑化によく見かける『木ヅタまたは冬ヅタ(手前)』であるが、後者の花であったのだ。
まるでヤツデと勘違いするのも当然で、共にウコギ科で花はよく似る。ちなみに夏ヅタはブドウ科である。

さて余談はさておき、この新作も以前の新型による長角皿で、今回はモダンな?唐草柄にした。唐草は文様の上にだけにあり植物名には存在しないが、庵主としては大味な木ヅタよりも風情の夏ヅタあるいは葡萄をモチーフ、と思いたい。
両脇の口縁には切り込みがオシャレな小細工?が…。(じつはヒビ隠しの苦肉の策だったのだが)
[PR]
by nonacafe | 2005-10-28 17:06 | 庵主の陶芸 | Comments(2)
2005年 10月 27日
【陶友展から:2】染付隅切八寸『オガタ・ロサンジン』
e0047694_18202938.jpg
恐れ多くも尾形光琳・乾山ブラザーズと北大路魯山人をリミックスしてしまった。エッ、どこが?とおっしゃられても…。作者である庵主が、ある時は人間国宝に指定されたら辞退しようかナとか、ある時は琳派の華麗なる屏風を思い描きながら、またもう少し漢詩に素養があったなら文人風にプラス銹絵で飾りたかったな…などと一筆入魂リスペクトで仕上げたのだから誰にも文句は言わせまい。
とは言うものの、染付けに要した時間よりも背景の合成写真づくりの方が数倍も時間がかかってしまった。(苦笑)ま、両者からかもし出す世界が庵主の作品ということで…“羊頭狗肉”のご無礼にどうかご容赦を。
[PR]
by nonacafe | 2005-10-27 18:42 | 庵主の陶芸 | Comments(4)
2005年 10月 26日
【陶友展から:1】磁器染付双鳥丸文隅切八寸
庵主の染付は絵皿のようで、料理の盛付に困るとの声を一部の人から聞く。それではと、その意見を尊重して余白を空けたのが新型によるタタラ四方皿のこの2枚だ。う〜ん、何だか物足りない気が…。時間切れもあったけれど。
e0047694_13571727.jpg
そう、『陶友展』ではいろいろな方々から直接意見を伺えることができるいい機会でもある。その日は庵主の陶芸初体験の際に講師であったSさんから貴重な高評をいただいだ。「描きたい欲望を抑えてはダメ。描きたいだけ皿からあふれるほどぶっつけた方がきっと良い皿になる」と。そんな挑戦的な内容の励ましをいただいた。
思えば陶芸に入り込むきっかけが彼女の“乗せ上手な”言葉だった。(笑)

  よ〜し!勇気をもらった。これからは媚びずに“我が道を行く”だ。

写真の赤い実はピラカンサ。オイシクもないので、何にもなくなった冬にやっと最後に鳥たちがついばむという。なんだかこの皿みたいかと?(苦笑)
[PR]
by nonacafe | 2005-10-26 14:31 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
2005年 10月 24日
あなたも作ろう、あなたのカタチ。
本日6時にて『陶芸教室むさしの/秋の陶友展』は閉幕しました。
ご多忙の中をご来場の皆様、ありがとうございました。
きっと陶芸の面白さに目覚めたり、あるいはこれしきの作品なら
自分にだって出来るさ!と、ご興味を抱かれた方も多かったのでは…?

そんな方には、いま耳寄りな情報が!!!
e0047694_1914528.jpg
つい最近完成した教室のホームページを、もうご覧になりましたか?

HP開設記念のキャンペーンで、とてもお徳用なコースが期間限定で募集中です。材料費や焼成費やすべてが含まれて4回で15,000円ですから、庵主も編入したいくらい魅力的(でも在校生は不可だそうです)。1日体験コース(3,000円)もありますが、はっきり言ってこれは粘土遊び(失礼)。やはりひと通りの手順を踏んでこそ陶芸の醍醐味が堪能できるというもの。そしていざ入学へと駒を進めれば、なんと入学金が半額免除ですから…!さあ、いますぐに申し込みましょう。

 なんじゃ? 庵主は教室からのサシガネか?…って。
 いや、その…、そもそも このプランの発案が庵主なものでして…。(汗)
[PR]
by nonacafe | 2005-10-24 19:34 | 庵主のウラ芸 | Comments(8)
2005年 10月 23日
陶友展第2会場、穴窯焼成作品
e0047694_1840798.jpg
『秋の陶友展』週末の昨日は時折降る小雨に客足はいまひとつ。一夜明けて本日はおだやかな秋晴れで押すな押すなの会場で入場制限となっているに相違ない(爆)。
写真は人影のない(!?)いや、開場前の第2会場の穴窯焼成作品展示室の3枚合成パノラマだ。おや?作品が見えないヨ、ですって…?
では、庵主の傑作たち!をアップでご覧いただきましょう。
e0047694_18404719.jpg
先日ご覧いただいた蕎麦猪口は、庵主のワガママ注文で伏せられて中央の銅鑼鉢の中に置いていただいた。そこには満月のように白く抜かれたいわゆる“ボタモチ”が浮き上がるハズであったが、固定するための芽土の跡だけが残るにとどまった。
そしてもうひとつ井戸茶碗だが、残念ながら灰被りも窯変もないキレイな“南蛮焼締”となった。ま、これはいわゆる“綺麗サビ”ということで。(笑)  で、結論。
炎の女神をもっと味方につけるには、当然ながら「窯詰&薪くべ」の現地作業に奉仕せねばならぬということ。ヒタイに汗し、楽しちゃダメだよね。
[PR]
by nonacafe | 2005-10-23 19:19 | 庵主の陶芸 | Comments(4)
2005年 10月 22日
陶友展マイコーナー、他を圧倒?!
e0047694_10341836.jpg
骨董美術店にありそな八角飾り棚の威容が他の出展者から何やら反感を交うやも知れぬ。が、お断りしておくが偶然にもそのコーナーに当たったまでで(笑)決して庵主のワガママな主張からではない。(まさに雰囲気ピタリお誂え向き、庵主歓喜)。しかし教室の備品と思っていたら実は陶友O氏の私物。これを奨めた校長の真意、いまだ解明せず…。Oさん御免なさい。でも、ありがとう。

写真の展示は初日開廊時である。春からつい先日まで手がけたものが中心で、一部本ブログまたは本院HPですでに公開済の作品もある。さぁて、本日これから会場当番だ。即売が基本なので我が器たちは未だこのまま留まって在るのか?はたまた棚は奪還されているのか?これから不安と期待で当地に向う。では皆様、会場にてお会いできますよう楽しみにお待ちしております。(この天気いかがなものか?)
[PR]
by nonacafe | 2005-10-22 11:00 | 庵主の一期一会 | Comments(0)
2005年 10月 20日
落葉のアイキャッチャー
e0047694_16492239.jpg『秋の陶友展』の開幕前日に仕入れた落葉たちはフロアの隅にバラ撒かれた。
いや、バラ撒くというより秋の風情の“吹き寄せ”の演出である。

統一感をもたらす意味で出展者のネームカードにもワンポイントチャーム。陶器に赤などの色合いは少ないので紅葉が季節のアクセントになったのでは…。


おや…?
ひとりだけ目立とうなんて、ブーケまがいにしたのはどこの誰よ?
[PR]
by nonacafe | 2005-10-20 17:09 | 庵主の一期一会 | Comments(6)
2005年 10月 19日
『秋の陶友展』開幕。目印はこれだ!
e0047694_22451026.jpg
昨日までの雨もあがり、台風もそれて、いよいよ陶芸教室のグループ展覧会『秋の陶友展』が始まった。その会場の様子はいずれご紹介することにして、庵主の本業芸である会場の目印ツールをここでご紹介。
左は会場入口の看板(まさに目印)。右上はポスター(JR車内吊り?否、予算の都合で会場用)。その下は会場への誘引用の階段POP。そして人気企画青空市のプライスカード。なんと!100円、300円、500円也!!!(要注目)
ツールの功が成したのか、まずは予想通り青空市から快調な滑り出だしとなった。

こう書くとまるでセール会場レポートのようですが、2階にあがれば力作、傑作、目白押しのまじめな展覧会なんです(笑)。ぜひ皆様のご高覧並びにご高評の程をお待ちしております。ちなみに次、庵主に会えるのは22日土曜の前半ですヨ(爆。
[PR]
by nonacafe | 2005-10-19 23:11 | 庵主のオモテ芸 | Comments(2)