こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦の陶芸ブログ
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:庵主の花鳥風月( 26 )
2009年 03月 16日
春本番、近し。
ハクモクレンの花弁がほころびると…
e0047694_7325377.jpg
                     (谷中・加納院門前にて)

いよいよサクラの開花宣言だ。
が、こちらのサクラはソメイヨシノに非ず、大寒緋桜だそうな…。
e0047694_7343236.jpg
                    (上野公園・五條天神社にて)

そして土産に持ち帰ったのは不忍池名物のハチス。(注・食用ではありませぬ)
池畔を散策していたら運良く池掃除の廃棄物の中から…発見!(苦笑)
綺麗なヤツを3個選別し、拙庵にて洗浄しベランダにて陰干し。
e0047694_7373088.jpg
だが、それらのハチスの中にはたった一粒しか丸い種子はなかった。
種蒔きしたら、発芽して、いつしか典雅な蓮華を咲かせてくれるかなぁ…?(笑)
[PR]
by nonacafe | 2009-03-16 23:59 | 庵主の花鳥風月 | Comments(8)
2008年 08月 07日
蓮華見物@上野不忍池
本日は「立秋」。暦の上では秋ですが、いやはや暑い〜です!
この暑さを今日から「残暑」と呼ぶようですが、
夏・真っ盛りがこれからの時期であります。
e0047694_2201789.jpg
で、盛夏といえば「ハス」。ハスの花を観なければ、
涼しい秋もやって来ないと思う庵主ですから、例年のごとく不忍池に参じました。
e0047694_2204298.jpg
開〜いた、開いた、蓮華の花が開い〜た♪
時期的には今が盛りと言ったところでしょうが…
e0047694_2211546.jpg
「ハス見物」のベストタイムにはいささか寝坊したようであります。
ともかくこの炎天下、ハスの葉の大きな日傘が不可欠であったような…。(笑)
e0047694_2214011.jpg
望遠レンズを持たぬ貧困コンデジゆえ、あいにく
ベストポジションにある満開の蓮華はご覧のようにぐったり。
e0047694_2225620.jpg
ハラリと落ちた花弁のひとつが、小舟となってゆらり。
これは見た目にも風流で涼しそう…。
e0047694_2233856.jpg
木蔭に近かったこの花の清涼さに納得して、ランチへと向かう。
向かった先は東京藝大学生食堂(笑)モグリ?学生で日替わりランチ¥450也(爆)

午後は東京国立博物館で開催中の、話題の展覧会
「対決/巨匠たちの日本美術」¥1500。ランチ3倍以上の満腹感で楽しめました。
長くなりそうなので、感想レポはまた後日にでも…。(笑)
[PR]
by nonacafe | 2008-08-07 22:17 | 庵主の花鳥風月 | Comments(10)
2008年 03月 26日
サクラ咲いてます。
サクラ、じゃんじゃん咲いてますねぇ。
e0047694_21385272.jpg
ところによっては満開とおぼしき樹もある。
e0047694_21391866.jpg
しかし、明日から、お天気、下り坂とか…!?
e0047694_21395919.jpg
そいつぁ〜イカンな、と、ご近所の世田谷観音様へ。
ツガイの小鳥も仲良くお花見だ。
e0047694_21412091.jpg
ヒヨドリかな?シジュウカラかな…?クチバシはオレンジ色か…?
うーむ、庵主のカメラじゃ、いっぱい&いっぱいで、わからん。(苦笑)
[PR]
by nonacafe | 2008-03-26 21:50 | 庵主の花鳥風月 | Comments(6)
2008年 03月 18日
サクラ開花日まで、何日?
もうすぐサクラ、咲きそうだナ…。
e0047694_22332588.jpg
ほら、こんなにふくらんで…、
e0047694_2234640.jpg
今にも開きそうな…。
e0047694_22344390.jpg
あっ!・・・・・うわーっ!満開だ!?(笑)
e0047694_22354237.jpg
                    (ご近所の緑道へ、気晴らしに…)
[PR]
by nonacafe | 2008-03-18 22:42 | 庵主の花鳥風月 | Comments(14)
2007年 12月 02日
木々、燃える。
師走に入って最初の日曜日は暖かく穏やかであった。

楓(カエデ)のバーミリオン
e0047694_2056464.jpg
銀杏(イチョウ)のレモンイエロー
e0047694_20573643.jpg
鈴掛(プラタナス)のイエローオーカー
e0047694_20582217.jpg
櫟(クヌギ)のバーントアンバー
e0047694_20585924.jpg
欅(ケヤキ)はクリムソンレーキか…
e0047694_20593679.jpg
桜(ソメイヨシノ)はすでに葉を落し、来年の花芽の準備をしているに違いない。
e0047694_210764.jpg
で、庵主はといえば、迎春に向けてこんな豆皿を準備中。(笑)
e0047694_2103881.jpg

[PR]
by nonacafe | 2007-12-02 21:16 | 庵主の花鳥風月 | Comments(6)
2007年 10月 08日
秋を訪ねて、縄文人になる?!
金木犀の芳しい香りに誘われて武蔵野の山林に入る。
(と言っても東京のど真ん中、皇居東御苑だが…笑)
e0047694_054150.jpg
尾花(ススキ)はやはり武蔵野の秋を代表させる風情。
背景の真っ赤な果実はガマズミに違いない。
e0047694_0552444.jpg
実りの秋と言うがこれはたぶん喰えないだろう…。(爆)
e0047694_0555392.jpg

収穫の秋だから、何か土産はないものか…(笑)と、拾ったのが下のこれだ!
大雑把に言ってどんぐりである。推測としてはマテバシイの実であろうか。
e0047694_056276.jpg
だいぶ前になるが居酒屋のバァさんがシイの実をツマミに出してくれて、ピスタッチオを彷佛させてそれなりに旨かった記憶がある。あれは何のシイの実だったろうか?これより細身だったのでスダジイだったかも知れない。

フライパンで煎ってアツアツをフーフーしながら口に入れた。
かつて経験したあのスダジイよりもボリュームがあり、ほっこりして栗に近い!!
ま、栗ほど極端に甘くはないが、かすかに甘味が感じられ、言い方によっては上品でイケてるかも?!気分は縄文人のご馳走である。(笑)
だがしかし…待てよ。ちょっとシブさというかエグさが口に残ったことも記して置こう。果たして食用可能の実だったのだろうか?
…今夜は腹痛で七転八倒だったりして…(苦笑)せめて救急車のお世話にだけはなりたくないのだが…。
[PR]
by nonacafe | 2007-10-08 23:59 | 庵主の花鳥風月 | Comments(8)
2007年 09月 25日
十五夜:月見(?)の宴
陰暦八月十五日は中秋の名月。今年は天気に恵まれた。
しかし本当の満月は明後日だそうだ。夕焼けの残照が東雲をピンクに染める頃、左をちょっと欠いた今年の名月が現れた。
e0047694_21585346.jpg

雲が流れ全容を表した頃、月に向けてヘリコプターが飛んだ。
月の右上近くのゴミみたいのは蚊なんかではありませぬ。(ま、クリックで大きくご覧になっても、それはゴミみたいですが…苦笑)
e0047694_21593253.jpg
きっとどこかの新聞社かテレビ局が名月の映像を捉えているのかも知れません。
あるいは新政権組閣中の永田町でも空撮しているのかな…?

さて我が輩は月見の宴、CENAへと…More
[PR]
by nonacafe | 2007-09-25 22:27 | 庵主の花鳥風月 | Comments(6)
2007年 08月 26日
月下・美人
今夜の月は満月2日前の十三日月。
だいぶ秋の風情に近づいて来たようだ。
e0047694_027766.jpg

その月下には美人たちが乱舞していた。
e0047694_0274212.jpg
あらら…?…興奮で手振れしてしまった。(笑)
                     (地元商店街の三茶阿波踊り祭にて)

ホンモノの“月下美人”を捉えたNemo船長上名窯さんへトラックバック!(爆)
*そう言えばあさっての満月、月の出に皆既月食が見られるらしい。ちと楽しみ!
[PR]
by nonacafe | 2007-08-26 23:59 | 庵主の花鳥風月 | Comments(6)
2007年 04月 04日
サクラ終わる。染付も終わる。
この週末はソメイヨシノ開花のピークだった。
e0047694_23494913.jpg
来週開催予定の『春の陶芸展』に向けた最後の作業であった染付も終え、施釉に四苦八苦しながらも何とか教室の還元焼成窯にすべてを入れてもらえたようだ。
e0047694_23502377.jpg
折りしも桜の開花真っ盛りを、もっとたっぷり堪能したかったが、
e0047694_23512588.jpg
それでも近所の公園ではしばし立ち止まり…
e0047694_23515474.jpg
ヒヨドリの悪戯も見上げることが出来たし…、
e0047694_23541052.jpg
出先の仕事の最中も横目で楽しんでいたし…、
e0047694_23555029.jpg
夜ともなれば目黒川で花見酒も嗜んだし…、
e0047694_23563125.jpg
満開の井の頭公園では…
e0047694_235792.jpg
桜の幸せな光景に頬も弛んだし…、
e0047694_23574483.jpg
中野通りの桜並木では花吹雪に包まれたり…、
e0047694_23581954.jpg
哲学堂では薄暮の宵桜も幽玄ではあった。
e0047694_23585660.jpg
だが、今年もまた京都の枝垂れ桜も…、
e0047694_23593021.jpg
吉野の山桜も愛でられそうにもなかったが…いつの日か夢を…。
[PR]
by nonacafe | 2007-04-04 00:08 | 庵主の花鳥風月 | Comments(18)
2007年 03月 26日
サクラは今ようやく一分咲き
仕事の帰りに暮れなずむ四谷堤に立ち寄りソメイヨシノ開花状況を偵察。
おお、咲いてる!
e0047694_22272417.jpg
でも一週間前に気象庁が東京に開花宣言を出したが、寒かったり天候が不順だったりで開花はまだまだ控え目だ。ほんの梢の一部分、一分咲きといったところだろう。
葉っぱの出た白いサクラは、ソメイヨシノ出生の片親を担ったオオシマザクラ。
e0047694_2228184.jpg
夕焼けにストロボを焚いて写したが、開花のサクラはほんのパラパラ。
e0047694_22292863.jpg
こんな開花状況に花見の陣取りシートもすでに2,3組あったが、夜桜の風情に似合うにはあと3日は欲しい…。
e0047694_2235991.jpg


さて『春の陶芸展』に向けた庵主の染付進行具合だが…More
[PR]
by nonacafe | 2007-03-26 22:42 | 庵主の花鳥風月 | Comments(14)