こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦の陶芸ブログ
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(165)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(38)
(34)
(33)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:庵主の驚喜乱舞( 9 )
2010年 04月 21日
特報!=得報?(※到来日まで巻頭記事です)
陶芸教室むさしのに学ぶ『陶児』たちの、一年に一度『陶春』に開催される我らが夢の『陶宴』いよいよ4月21日より開催です。
(…って、まぁ、まるで高校球児みたいですが…笑)
e0047694_2161389.jpg
もちろん小生も参加させていただきます。そして今年も驚異の「青空市」も併設されますので、みなさんお買物のホームランをかっ飛ばしてくださいネッ。
ちなみに庵主のマウンド登板(当番)は、初日の搬入陳列と24日(土曜)前半ですから、かぶりつきのライブ観戦&応援をどうぞよろしく!
詳細は、まずはこちらのイベントサイトをご参照あれ。
[PR]
by nonacafe | 2010-04-21 12:00 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(2)
2009年 07月 22日
東京の日食、捉えたり。
どうやら皆既日食の本命地トカラ列島はあいにく雨模様だったようだが、
拙庵頭上にはそれまでの小雨も止み、薄日の中から
およそ7割を欠いた三日月状の太陽が時折顔を出した。(撮影時間11:24)
e0047694_16341016.jpg
何だか解らないがスピリチュアルな気分になって、頭の中で『HAIR』の名曲
“Aquarius〜Let the sunshine in”がリフレイン〜♪

♪ The 5th Dimension+HAIR

日食ってご存知でしょうが、太陽、月、地球が一直線に並ぶ天文現象。
e0047694_16365730.jpg
って言うことは左から太陽、月、地球かしらん?!(爆)
嗚呼、まるでダイヤモンドリングの輝き?てか!(爆×2)
[PR]
by nonacafe | 2009-07-22 12:12 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(12)
2008年 12月 24日
クリスマスの贈り物になりました。
この染付角皿は先日、kaikaiseiさんこと、福西雅之さん個展会場にて素焼生地に絵付けをさせていただいたもの。
畏れ多くも、岡山の工房にお持ち帰りいただき施釉と還元窯にて完璧な焼成を賜わり、丁寧に梱包されて還って参りました。しかも超ハイスピードの仕上げ作業にて、まさかクリスマスに間に合わせていただけるとは…♪
ありがとうございました。
e0047694_17572125.jpg
絵柄のマンネリ具合はさておき…(笑)この使い勝手の良い大きさ(仕上り約16cm)四辺の反り具合の形態、パクって量産したくなりました。
イブの今夜あたりはケーキを乗せて、ピーチク♪パーチク♪愛を語らいたい気分です。(爆)
なお、こちらのサイトにはその時参加された皆さんの作品発表もございます。
皆さん、初挑戦の方も含めて巧いもんですよ〜!しばし自信喪失!汚名挽回?(涙)
[PR]
by nonacafe | 2008-12-24 18:14 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(8)
2008年 12月 09日
ワ~イ!また当たったッ~!?
さるビール会社のプレゼント・キャンペーン
今回もまた見事当選してしまいました。

どうして毎回当たってしまうんだろう?(…って贅沢な疑問&高笑い!)
以前こんなこともあったけれど、じつは確かこの後の復刻版ラガービールプレゼントも当たっているし、それ以前の「サッカー日本代表・勝Tプレゼント」も2度もらっているのだ!ひょっとしたら特待上客にリストインされているのかも…?(苦笑)
e0047694_19797.jpg
で、貰って早速ご飯を炊いて、何はなくともささやかにブランチビールで乾杯。ごちそうさまでした!
クジ運絶好調!さてはて「年末ジャンボ」でも買いに走ろうかしらん? おっ!あした10日が大安じゃ。(笑)
e0047694_197473.jpg
なおこの新巻鮭。冷凍とはいえ侘び住まいの身には持て余しそうなまるごと一尾ゆえ、近隣の友に半身を御福分け。その日が「友引」ということもあったが(笑)その彼女、いま開催中の下の記事『国立・展示会』に早々にお出かけを賜わり拙作をお求めいただいたとのことで…。そのお礼も兼ね、いつもありがとう!!!
[PR]
by nonacafe | 2008-12-09 19:37 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(12)
2008年 09月 16日
『The Fall=落下の王国』に、Falling Love。
連休の昨日は、久しぶりに映画館で映画を観た。
その映画とは、先日の北京五輪開会式でチャン・イーモウ総指揮の許、衣裳を担当した石岡瑛子氏が、今度はインドで生まれた監督のターセム氏の映像で全編衣裳を手掛けた『The Fall=落下の王国』である。

石岡瑛子といえば、今でこそ活躍の場をアメリカに移し衣裳や舞台美術の国際的ビジュアルアーティストであるが、庵主がやっと踏み入れた当時のグラフィックデザイン界では、資生堂・パルコ・角川書店などの仕事で厳しくも鮮烈なメッセージを放ち、眩しい「デザイン王国の女王」であったのだ。
e0047694_2255887.jpg
映画は無声映画の時代のロサンゼルス。スタントマン俳優の青年が撮影中に橋から「落下」し半身不髄の大負傷。入院した病院には、家業のオレンジ農園の収穫を小さいながらお手伝いの最中オレンジの樹から同じく「落下」して骨折治療中の移民の幼女と出会う。(この子役の演技が達者!)
e0047694_2263730.jpg
青年は、ちょうどその隙に人気スター俳優に恋人を奪われ自暴自棄になり自殺を企ているのだが、ひょんなことからなついてくる幼女に「お話」を聞かせるうちに、その物語りは、「愛と復讐の一大叙事詩」の冒険活劇の映像となる。(と、まぁ、ストーリーはかなり大雑把であるが…笑)
e0047694_2271447.jpg
それは少女が兎の住処の穴に落下したばかりに繰り広げられるあたかも『不思議の国のアリス』のようでもあるのだが…、世界各地のめくるめく「世界遺産」の風景や建造物を背景に、CG特撮ではない生のロケ撮影による圧倒的な映像ファンタジー絵巻が繰り広げられるだ。素晴らしい映像美である。もちろん登場人物の特異なコスチュームと絵づくりは石岡瑛子の美意識そのものであると思う。(拍手)
e0047694_2274627.jpg
映画はアメリカ映画ではあるのだが、監督・衣裳を始めスタッフも、登場人物の少女と共に援軍となるキャストも第三国を中心としたワールドワイドなエスニック・チームである。
この映画は特に大画面のスクリーンで観るべきものと劇場に行ったのだが、当節流行のシネコンのミニシアター公開であったのが、ちと残念。でもこの美しい映像世界を決して見逃してはならない…と。
本日、経済界は一気に急「落下」の報を伝えてきた。経済が落下すると芸術や文化活動にまず大きな落下の打撃が常となるのだから。まずは、経済社会の落下を救うための第一歩として、皆様もぜひ劇場へ足を。(^_^)
e0047694_2282138.jpg

※写真はすべて『The Fall=落下の王国』オフィシャルサイトからの借用です。
[PR]
by nonacafe | 2008-09-16 22:42 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(8)
2008年 08月 21日
走る、稲妻(Lightning Volt)。
ジャマイカの閃光ウサイン・ボルト選手、100m/9秒69世界新・金メダル。
カール・ルイス以来24年目の2種目制覇で、200m/19秒30世界新・金メダル。
e0047694_23552352.jpg
恐るべき2冠の稲光(Lightning Volt)は、拙庵上空にも現われた!
その栄誉を称えるべく、庵主は雷鳴に撃たれながら必死でカメラで捉える。
e0047694_2356443.jpg
って、写ったのは…この2枚だけ。(トホホ…)

でも今、日本女子のソフトボールチームが金メダルを獲ったァ〜!(おめでとう)
なでしこサッカーは残念ながら惜しくも銅メダルを逃したが、善戦した。
(…にしても男子の五輪サッカー、昨日の日本フル代表の何と言うていたらく…)

北京五輪もいよいよ残すところ、あと3日間。メダル追加はあといくつかなぁ〜?
[PR]
by nonacafe | 2008-08-21 23:52 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(4)
2008年 04月 13日
桜鯛の夕べ。
陶芸教室の隣家の八重桜が最高の見頃を迎えたその下で、教室では昨夕、呑み会が開催された。好評裡に幕を閉じた『春の陶芸展』の打ち上げである。
えっ?庵主は今回の展覧会を見送ったのになぜ参加できたのか?…って?(笑)
e0047694_0115834.jpg
会開催の名目は、もうふたつ。ひとつは前々スタッフのFちゃんが、天下の東京藝大に目出度く合格この春入学されたお祝と、もうひとつは新人スタッフとなったゴム長ブーツ嬢の歓迎会も兼ねていたからだ。
お祝いのご馳走は陶友の皆さんが持ち寄った自慢の手料理の数々が並んだが、何と言っても白眉は季節柄メイさんのサーヴィスによる『桜鯛』であろう。
e0047694_0123526.jpg
実は先日、教室ではその『鯛めし』の第1回目のふるまいがあって、所用で顔が出せなかった庵主は涙を呑んで悲嘆に暮れた日々を送っていたのだからして…。
e0047694_0131894.jpg
教室に行きメイさんの参加を初めて知り、特大桜鯛に対面した時の庵主のサプライズたるや!
涙が出るほどおいしかったです!どうもご馳走さまでした〜!
e0047694_0135065.jpg
左は、鯛めしに舌鼓した後、興奮覚めやらぬ第一会場。
右は、第二会場の焼肉炉端談義。(お肉はペロッと無くなりました)笑

さて、ここでオマケ画像・・・・(笑)More
[PR]
by nonacafe | 2008-04-13 23:59 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(10)
2008年 01月 23日
雪だ〜〜〜〜っ!
2年ぶりに見る雪だ。昨年は降らなかったし…、
でも「初雪」じゃないらしい。今年は、積もらなかったが
10日前頃、東京では人知れず「初雪」の降雪があったらしい。
e0047694_1521468.jpg
    ※嬉しいので(笑)、我が裏庭の景色(?)大きく載っけちゃいます。
     (クリックでたぶん大きくなると思う!?)

・・・・・・・・・More
[PR]
by nonacafe | 2008-01-23 23:59 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(6)
2007年 08月 29日
釣果 (?) は、バカラ。
誕生日幸せ月間に付き、見せびらかし露出症をご容赦ください。
だって、だって、嬉しいんだもん!(ヘ_ヘ)ッ!

陶器の絵付けにまで描いたあの夢のバカラが現実に…。(笑)
e0047694_18562546.jpg
旧友に贈った拙作の湯呑茶碗のお返しが、小生の誕生日プレゼントとなって還ってきたのである。
これぞまさしく“エビで鯛を釣り上げた”ということに他ならぬ。ヤッターッ!(爆)
やっぱ、ウイスキーは陶器よりグラスだよね〜。(ヘ_ヘ;)ッ!

で、さっそく嬉しい時には巻紙でお礼状。これ、最近のマイブーム。(笑)
e0047694_18571189.jpg
ところで旧友N君、まさか拙ブログなんて見てないよね〜?
オジさんたる者はITに弱いハズ…(苦笑)。
それにしてもよくぞ歓喜のツボを押してくれたものです。感謝!!
[PR]
by nonacafe | 2007-08-29 19:15 | 庵主の驚喜乱舞 | Comments(10)