こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:庵主の書芸( 7 )
2007年 08月 20日
お福返し
陶芸教室の皆様から祝福を受けて、さて感謝の気持を何でお返ししようか?
陶友それぞれに曜日はまたがるし…? 直接お会いできるとも限らないし…?
食品はこの季節、日持ちが心配であるし…。

そこで思いついたのが図鑑であった。(ミニ版ですが…)
e0047694_2325973.jpg
先日教室でカニの絵付けをする際に、さて?足は何本ついていたっけな?…なんて
確認の図鑑が欲しかったからだ。(何だ!自分の都合勝手じゃない、ってか!)
で、皆さん宛へのお手紙は一括して色紙にしたためた。(芸能人でもないのに…てか!)爆 ま、紙ペラより厚紙の方が良いでしょう。
それにしても頂戴した寄せ書きの文面を読ませていただくと、目頭が熱くなります。
何度でも言わせてもらいます。ありがとうございました。ボクの宝物です!!
e0047694_234141.jpg


あら…?こちらの皿にもチョコレートでメッセージ!(笑)More
[PR]
by nonacafe | 2007-08-20 23:35 | 庵主の書芸 | Comments(18)
2007年 08月 08日
立秋だから、恋文?!
本日は「立秋」で、今日からは「暑中お見舞」ではなく「残暑お見舞」となる。
東京ではやっと数日前に梅雨明けしたばかりなのに…。アツ〜イ!
e0047694_22402744.jpg

そこで庵主は小野東風よろしく巻紙にサラサラ(?)とお手紙をしたためる。
e0047694_224118.jpg
あの方に熱き胸の内を…。と言っても、ラブレターには非ず。(爆)
[PR]
by nonacafe | 2007-08-08 22:50 | 庵主の書芸 | Comments(16)
2007年 01月 20日
「お福分け」の、熨斗紙。
Terapan様からいただいた賞品。棚に収納しきれない(笑)ので、「おすそ分け」として教室へお持ちしようと思う。言ってみれば、得票のほとんどは教室の皆さんからの組織票と思われますので、もちろん感謝のシルシとして…(爆)。
e0047694_1228961.jpg
さて、この「おすそ分け」という表現。元々は目下の人や同級の方々へ差し上げる時の言葉とか!? で、代わる言葉として「お福分け」と言うそうな。
ま、物がトイレットペーパーだから「お拭く分け」が、ずばり!ピッタリではある。
[PR]
by nonacafe | 2007-01-20 12:43 | 庵主の書芸 | Comments(12)
2007年 01月 04日
グランプリ賞品、Potter-Y委員長から
今年の初詣は、江戸情緒を求めて浅草の観音様へと。数多の善男善女に囲まれながら参拝、そして運だめしのお神籤を。何を引き当てたかはゼッタイにご報告したくないが(苦笑)お告げの帳消し?を願って、珍しくおフダを求めた。
e0047694_19332934.jpg
そして庵主の書初めは、自戒?の歌となった。折りしも初荷で届いた『WEB陶芸展』主宰のPotter-Y委員長が篆刻してくださった印章を落款に押した。庵主の本名を万葉仮名にて、高慢にもV3記念に王冠!(笑)まで添えていただいた。素敵です。ありがとうございました。
e0047694_1934297.jpg
省みるに庵主、年末年始と少々天狗になっていたかもしれない。投票していただいたご贔屓衆の皆様のご支援があってこその栄冠だったのに…。ことしは感謝の念を忘れずに、もちっと謙虚に研鑽に努めねば…。
[PR]
by nonacafe | 2007-01-04 19:48 | 庵主の書芸 | Comments(10)
2006年 07月 23日
グランプリV2の証。ハンコ
e0047694_21513722.jpg
『第三回WEB陶芸展』の主宰者Potter-Yさん自らの手によるグランプリの勲章賞品であるハンコを頂戴した。
前回はこんな意匠であったが、V2である今回は拙宅の家紋である“面高=オモダカ”をモチーフにとお願いして完成いただいのがこの印影であります。色々うるさい注文(?)をつけてしまいましたが素敵なハンコになりました。
おまけにオマケの菊文も付けていただいたりして、まことにありがとうございました。これまた前回いただいたのに合わせて陶芸の華飾法である印花に重宝しそうです。(にっこり!)
e0047694_21523172.jpg
さて、折角の捺印ですので、暦の上で本日は『大暑』と『土用丑の日』が重なりその記念に一字を色紙にしたため候。筆に選んだのが同じくブログ仲間である笠間の陶芸家、高野氏のブログ記事を拝見して模作した(?)竹筆であります。
先日の七夕の笹竹の廃物利用であり、穂先になるように竹を金槌で叩くのだが、水気のない部分は繊維がバラけずに、やっと先端部分の青竹のみが高野氏のような竹筆に相なった。(笑)
なかなか表情のある枯れた書になりそうな出来映えににんまり。陶芸では刷毛目の華飾にも活用できそう。高野さんにも合わせてありがとうの感謝を捧げます。

で、肝心の色紙の完成はこちら・・・More
[PR]
by nonacafe | 2006-07-23 22:10 | 庵主の書芸 | Comments(14)
2005年 12月 17日
師走の満月
昨日はお世話になっている取引先の忘年会にお招きいただいた。
いわゆるドンチャン騒ぎには非ず、神楽坂の隠れ家リストランテにてイタリアンを取り入れた気鋭の若きオーナーシェフのフレンチ・フルコースである。リッチである。オシャレである。美酒と美味の御馳走である。まことに有難き幸せ、身に余る贅沢である。 夜更けの帰り道、凍るような寒空をふと見上げた。
e0047694_1315029.jpg
オリオンと冬の大三角が輝き、天心には陰暦11月15日の月が満つる晩であった。
[PR]
by nonacafe | 2005-12-17 13:27 | 庵主の書芸 | Comments(3)
2005年 08月 15日
終戦記念日に寄せて
e0047694_16471882.jpg
1945年の敗戦から60年。不戦の誓いを宣言したはずなのにイラクの「戦場」には日本軍(自衛隊?)が駐留している不思議。庵主は毎年この日になると無情の念でこの句が浮かぶ。『奥の細道』で藤原三代の栄華盛衰を追想した芭蕉の代表句だが、同時に杜甫の漢詩『国破山河在、城春草木深』から想を借りたという。
で、終戦に寄せてどちらを書にしようかと思ったが、かな好きな庵主としては『ばせを』翁に決定。一方には終戦そっちのけで、はや選挙戦開戦の永田町がある。
[PR]
by nonacafe | 2005-08-15 17:26 | 庵主の書芸 | Comments(0)