こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 07月 12日
福西雅之さんの、芙蓉手。
ブログでリンクをいただいているkaikaiseiさんこと福西雅之さんの個展
初日の昨日お邪魔いたしました。
福西さんは磁器染付の産地有田・九谷・美濃でもない岡山・津山市で、磁器生地づくりから絵付け、焼成まで一貫した素晴らしい染付作品を発表されている作家さんであります。
昨年、丸の内パレスホテルでの個展にてその優しいお人柄に初めてお会いして以来の再会でありました。
e0047694_11595349.jpg
この「芙蓉手」の7寸鉢。組物でもありましたが予算の都合(?)で、一枚だけいただきました。
口縁の輪花、鍔の張り方、そして緻密な絵付け。あまりに完成度が高いので、よくある粗雑な大量生産品と勘違いされそうですが(苦笑)全てが福西さんの手から生まれています。こんなにも中国や初期古伊万里の正統を受け継ぎ作品に発展させている作家さんを他に知りません。
e0047694_1202840.jpg
庵主も染付まがいのものをお遊びで手掛けていますが、これはまさにお手本です、教科書です、道標です。いつも手元で眺め吸収し、陶芸作品にこんな言い方はあるのかどうかわかりませんが庵主の座右の銘にしようと思います。
そして「芙蓉手」のエッセンスを学べたら、次はいよいよ福西さん作品の核心「祥瑞=しょんずい」を手元に置かねばならない!
もちろん平行して購入資金用に貯金もしなくちゃ、ね。(笑)

■福西雅之 作陶展
穴窯陶廊 炎色野(ひいろの) 
渋谷区渋谷2-7-14 中村ビル1F TEL:03-5485-8922
会期:7月16日(水)まで。12:30〜18:30〔最終日16:00まで〕


[PR]
by nonacafe | 2008-07-12 12:18 | 庵主の一期一会 | Comments(4)
Commented by kaikaisei at 2008-07-12 21:29
早速に御紹介ありがとうございます。
過分なるご評価をいただいて思わず冷汗が出ますf(-_-;)
写真にとられると自分の作品でないような!

庵主さまは、私ドモが生業として陶芸作品を造っているのと違って、
楽しみで陶芸をされているのですから、あまり堅苦しくお考えにならない方が。。。

庵主さまの大らかな作風、今後も楽しみに拝見させてもらいます!
拙作は、あくまで参考品ということで(笑)
Commented by nonacafe at 2008-07-14 20:24
>福西雅之さま 先日はありがとうございました。

いや、とんでもございません。拙い写真と失礼な記事で
お気を悪くしませんよう、何卒ご容赦くださいませ。

ですね。もちろん当方は甘ちゃんのアマチュアですから
ゆる〜く陶芸を楽しんでいます。しかし、これまでこれほど勉強も
工夫も知らずにウン十年の陶芸趣味生活を過ごしてきたのも
いささか恥知らずと言える小生かもしれません。
ええ。いただいた御作、参考品として、お手本として、見本として
これからは生まれ変わって!捏造?に努めます…とも。
でも決して出来っこない!(笑)
今年はまた秋にもお会いできそうですね。またご指導の程どうぞよろしく。
Commented by nyago21 at 2008-07-17 18:27
おお!手に入れられましたか。
しかも本格的な芙蓉手のもの。
うらやましい限りでございます。

P.S. 上のnonacafeさんの染付も爽やかでステキですよぉ。
「ワンパターン」=「個性」という事でよろしいのでは?
Commented by nonacafe at 2008-07-20 01:32
>nyago21さま どうも!お返事が遅くなりました。

どう?素敵でしょ!
ほんとは「向学」のために祥瑞のものが欲しいのですが、
小生にとって、ちと「高額」かな?!(苦笑)
いや、この芙蓉手、もちろんこちらも十分に「向学」になります。
拙作のワンパターン打破のために、まずはこちらをじっくり眺めつつ、
お手本として、「写し」に励もうと思います!!!(爆)
<< 【染付新作】代わり映えしない、三種。 【染付新作】“鳥の巣スタジアム... >>