こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 02月 28日
わたし天目の宇宙に孤独感じたわ。(怪文)
齢“知命”を過ぎ陶芸家に転身された桃青窯さんこと三崎哲郎さんには、同じ頃陶芸の面白さを知ったオジサンのひとりとして庵主は特別のシンパシーを感じている(いえ、庵主の方がずっと?もっと?若輩ですが…笑)。
しかし、現在開催中の氏の初個展より持ち帰ったこの天目釉の器を見ていると、中途半端に遊んでいる我が作陶姿勢に鋭い刃を突き付けられるようで逃げ場がない。実際、この光沢あふれる漆黒の点目鉢には隠れようったって逃げられない、カメラをかかえた阿呆顔な我が身が投影されてしまうのである。(苦笑)
e0047694_18524156.jpg
この鍔広の、まるで土星(サターン)のようなシャープでストイックなカタチ。黒はすべてを内包してくれる色であると、氏は個展に寄せた思いで語っていらっしゃるが、小生にはとても笑顔で抱擁してくれそうに、ない。
ま、あちらは並みいる公募展を完全制覇された輝かしい受賞歴と、昨年においてはついに陶芸界最高峰と目される「伝統工芸展」に初入選された当代最注目のプロ陶芸家である。仕方ないか…(笑)。
70cm超の大皿なんかいとも簡単に大胆に挽かれてしまい、糸のように細密な「糸抜き波状紋」の技法には、ただただ頭を垂れさせるばかりである。
こんな「食のうつわ」を作ってみたいな…と思っただけで、その厳しさにケガをするに違いない。やっぱり庵主はこのままお気楽なシロートでいようっと…。(爆)

三崎哲郎「食のうつわ展」
3月6日(木)まで。渋谷区神宮前2-5-6「Gallery 蓮」

追記*時間はズレていたようですがhoney8787さんも同日行かれていたようで、
トラックバックいたします。合わせて御一読を。
[PR]
by nonacafe | 2008-02-28 19:32 | 庵主の物見遊山 | Comments(8)
Commented by honey8787 at 2008-02-28 21:39
この記事のお題となっている(怪文)を(回文)と読み間違って、逆さまから読んでしまい、その後で(怪文)だったと納得したのでした。
そろそろ、ボケが入ってきた今日この頃です。
三崎さんは気さくな方でした。艶のある黒は、半還元から中性炎での焼成と伺いました。釉薬が薄くなる縁の部分が茶色を呈しておりその変化が好きです。
トラックバックありがとうございます。
Commented by Potter-Y at 2008-02-28 22:36
honeyさんのコメントがなければ怪文、あやうく見過ごす所でした。(笑)
それにしても見事な漆黒の天目ですね。
散らかった我が部屋の中ではとても写せません。(爆)
Commented by touseigama696 at 2008-02-28 23:16
おふたりとも・・ありがとうございます
ブログ仲間って・・
やっぱり解かるもんですね・・笑
過分にお褒めいただいて・・
あと一週間・・がんばりま~~す!
Commented by kanmyougama at 2008-02-29 09:58
昨年日本伝統工芸展でお会いしました皆さんです。
三崎さんの作品展に足を運べるのは羨ましいです。
艶のある黒天目の作品すばらしいですね。ブログでのみですが「赤い色」も気をひくきます。作品に気品がありますね。思い入れが伝わってきます。
三崎さんがんばってください。

nonacafeさん。作品をみていますとまた別格の雰囲気で楽しませいただいています。乾山の洒落た雰囲気や・・・・センスのよさです。
ぼくにはできない・・・(苦笑)
Commented by nonacafe at 2008-03-01 11:25
>Honeyさま

回文ならぬ紛らわしい怪文、おどかして?すみません。
Honeyさんは、窯焚きも釉薬作りもご自分でされるので、ずいぶん
勉強になったようですね。小生には未知の分野です。(涙)
そう、このピカピカ黒の天目。縁の茶色、光線によっては
全体がシルバーっぽく変化して見えます。宇宙ちっく!?ですね。
Commented by nonacafe at 2008-03-01 11:31
>Potterさま

そうです、この黒、鏡になります。指紋のヨゴレもホコリも
極端に主張します。とても綺麗数寄!
最初は室内で撮りましたが、おっしゃるように我があばら家の
大暴露になるので…あわてて…、ベランダにての撮影にしました。(爆)
Commented by nonacafe at 2008-03-01 11:41
>桃青窯さま

先日はこちらこそ目の保養とおもてなしをありがとうございました。
大変な人気と、売れ行きのようでご同慶の至りです。
3日にして品切れ?追加投入とか…。
ことし最初の歴史的初イベント、幸先の良い一年になりそうですね。
後半もご盛会をお祈りしています。がんばって!
Commented by nonacafe at 2008-03-01 11:53
>上名窯さま

三越での伝統工芸展以来の再会でした。三崎さん、すっかり
お元気に回復されていましたので、小生も安心しました。
上名窯さんとも今年もお会いできる機会が近いといいですね。
ぜひ、東京で個展開催希望いたします!
あじゃ〜〜?恐れ多くも、憧れの尾形乾山ですか〜?!?!?!
天にも昇る褒め言葉。もう作陶に思い残す未練と栄誉は
これ以上ありません。すぐにでも辞めようかしらん?(苦笑)
<< 新作クローズアップ:CとD 新作クローズアップ:AとB >>