こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007年 09月 09日
金婚を祝賀する、磁器染付鉢
貧乏人の子沢山の中に生まれた庵主であるが、我が長姉がめでたく金婚式を迎えた。末子の小生であったので、幼少の頃から親のようにあれこれお世話をいただいた夫妻である。
e0047694_23384351.jpg
結婚50年。人生山あり谷ありと言うが、ご両人曰く『平坦になだらかに、さしたる事件も事故も病気もなく、幸せの日々と現在である』と午餐の祝宴の挨拶にあった。ふたりの息子夫婦と4人の孫たちに囲まれ、にぎやかながら、おだやかで健やかな光景はまさにその言葉通りであった。
e0047694_23392211.jpg
そんな記念すべき大きな慶賀には不似合いで小さく地味な浅鉢であるが、次なるダイヤモンド婚こそは天にも屆く大作を贈るからとお茶を濁し…(笑)この拙作を贈ったのである。
ちなみに“磁器婚式”は結婚20年目だそうな…。(爆)
[PR]
by nonacafe | 2007-09-09 23:48 | 庵主の陶芸 | Comments(14)
Commented by coeurdefleur at 2007-09-10 12:43
結婚してからの歳月が50年ですか…な、長い^^;
すごいですねぇ。
結婚前に生きてきたのより、お二人が一緒になられてからの方が長いんだ~(呻

素敵なプレゼントを楽しみに、お元気でダイヤモンド婚式をお迎えになられますように^^
Commented by violetvalley at 2007-09-10 22:22
ご無沙汰してます。それにしてもお母さんは長い事出産、育児の繰り返しで大変だったのかしら?なんて想像してしまいましたが。末っ子は可愛がられたのでしょうね?(笑)いつも絵柄が和やかで素晴らしいですね?大分前に一緒にガレージセールした方旦那さんは日系アメリカ人でそのお父さんは日本からの移民でありながら日本に戦争へ行ったそうです。その時に伊万里焼きをかなり持ち帰ったそうで大きなずっしりした絵皿などを見せて貰いました。50センチ強はあった気がします。かなりな額になるのかな??って言ってましたが、全くその方面の知識はないのだそうですが立てかけて飾ってありました。カラーでなくnonacafeさん↑のような色合いのお皿でした。
Commented by nonacafe at 2007-09-11 00:35
>柊さま ようこそ。ありがとう!
そう、50年と言えば半世紀、彼等の人生の中でも半分はおろか
約3分の2くらいですよ!
両人とも元気ピンピンで迎えられたのは、奇跡とは言わないまでも
幸運であると思われます。
ダイヤモンド婚は、60年だったり70年だったり諸説あるようですが、
小生、なまけものなので、10年後に大作のプレゼントが
作れるようになるかな〜ぁ?(笑)
Commented by nonacafe at 2007-09-11 01:01
>Viさま おひさしぶりです。
でも貴サイトは拝見させていただいておりますよ。
ご子息、ご令嬢の活躍も、お喜び申しあげます。
母はもうかれこれ30数年前に他界しましたが、6人の子を残しました。
(ほんとはもうひとり生みましたが、早世)
今考えるとたしかに末っ子は可愛がられていたようですが、
反面、長兄やらには甘やかし過ぎると…まるで父親がもうひとり
いたかのようでした…。(爆)お陰様で協調性は生まれました(笑)

その伊万里の染付け大皿、古伊万里ならきっとたいへんなお宝ですよ!
まさかガレージセールで二足三文で売っちゃたとか?(アジャー!)
安かったら(←これ前提ですが)欲しぃ〜かったぁ〜!(笑)
Commented by C-Nemo at 2007-09-11 21:11
キーンコーン・・・ おめでとうございます。
でも、カーン(完)は、もっともっと、ずーっと先でいいですね。

世界に1つしかない贈り物、いいですね。
Commented by nonacafe at 2007-09-12 00:26
>Cap-Nemoさま お休みのところありがとうございます。
ホテルでの金婚式だったのですが、祝宴は
キーン、コーン、カーン〜♪チャペルの鐘と共に、オゾマシクも
じいさん&ばあさんがウエディングドレスで入場か…("ヘ_ヘ")と
実は怖いもの見たさで期待?していたのですが…、
ふつうの披露宴のような食事会でした。カラオケ付きの…。(笑)
で、引出物はなんと…キーン、コーン、カーン〜♪の
掛時計をいただいちゃったのですよ〜。("@_@")汗
Commented by ikkannet at 2007-09-12 01:12
素敵なプレゼント。
僕はこのような贈り物、最高!・・・と信じています。物作りとして・・・(笑)。
それにしてもこの御時世、幸せな金婚式をお迎えになられたお二人は最高です。
Commented by violetvalley at 2007-09-12 01:12
古伊万里一寸調べました。確かにこれは大宝になりそうですね?彼女、小皿の方は普段でも使ってて、大皿だけ飾ってありましたが、数枚あるみたいです。これら戦利品みたいな感じで持ってきたようです。
勿論売るような事はしてませんでした。(笑
Commented by touseigama696 at 2007-09-12 23:45
ほんと・・素晴らしいプレゼントです
染付けの藍が・・
老いてますます瑞々しい日々を祝って
ほんとお幸せなご夫婦です

私は結婚が若かったから
あと8~9年で金婚
自分で自分のために作るかなぁ・・苦笑
Commented by nonacafe at 2007-09-13 00:29
>一閑さま 再びありがとうございます。
ボクも先日教室の皆様からいただいた寄せ書きの皿に感激したばかりでしたから…。これは現在のボクの出来うる最大の祝意だと思い心を込めて作りました。いや、描きました。(新しくロクロを挽く時間がなくて、ため込んでいた素焼済みの素地のうちのひとつを利用したのです…笑)

Commented by nonacafe at 2007-09-13 00:43
>Viさま どうも!
きのうはちょうど9.11でしたね。戦利品それも半分母国と戦い、
古伊万里を持ち帰られたとのお話は、複雑な思いをもって
聞かせていただきました。
逆に日本も中国や朝鮮に侵略した際、きっと略奪したであろうお宝も
きっとどこかの美術館か私蔵されたままのものがあるんでしょうね。
Commented by nonacafe at 2007-09-13 01:01
>青桃窯さま ありがとうございます。
あらら、金婚前8〜9年前なら、エメラルド婚?サファイア婚?
あたりじゃありませんこと?(不確かですが…)笑
8〜9年後に、こんな不細工なものでよろしかったら、
ぜひ声をかけてください。喜んでお作りお祝いさせていただきます。
あれ?僭越にして…厚顔、恥知らず…でしたね。(苦笑)
Commented by touseigama696 at 2007-09-13 08:14
追伸・・
計算しましたら9年後の2016年が50th アニヴァーサリーのようです
もし・・お暇がありましたら・・染つけでひとつ・・よろしく~~笑
Commented by nonacafe at 2007-09-14 00:35
>桃青窯さま
ごめんなさい!前コメで漢字が逆転!(ペコリ)

かしこまりました〜! 9年後、よろこんでェ〜!
オーダー、金婚鉢、いっちょ〜うっ!染付けで〜っ!
(なんだか、心の居酒屋?!)苦笑
さて、カレンダーに、メモ、メモ、メモ…。
あれ?2016年?先が、長〜いっ!(笑)
<< 総理、落日。 酸化焼成窯より(2) 掻き落し... >>