こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007年 09月 07日
酸化焼成窯より(2) 掻き落し線刻釉彩文
だいぶ前になるが『白化粧日和』でご紹介した2つの皿と鉢が、やっと酸化窯から出て来た。庵主の作陶もかなりスローライフである。(笑)
そしてヒビ修繕を試みたあの鉢は還元焼成を依頼ゆえ、結果はまだ出ぬままである。(遅い!てか…苦笑)
e0047694_23535038.jpg
織部や伊羅保、呉須、赤絵の具での釉下彩の仕上がりは、何だか「きいちのぬりゑ」(←古!)のやうで、どこか可愛ゆいやろ?
…酸化って、どうしても小奇麗になりがちでカッコよくないであります。(って、窯のせいにするな!てか?)以上、自問自ツッコミ!(笑)



ぐい呑み、だろうか?蕎麦猪口、だろうか…?
e0047694_2355121.jpg
これでも揃えて作ったつもりの(爆)…水辺文凸凹コンビであります。
こちらは「ぬりゑ」はせずに、爽やか?に“織部・散らし”のみ、であります。(笑)

久々に台風直撃の関東圏でしたが、皆様のお宅は大丈夫でしたか?拙庵ではベランダのトレリスが崩壊しましたが、何かのバチ当り?!
実はあの夜、酔狂にも暑気祓いの飲み会が居酒屋にて決行されたのです。(爆)さすがに我々以外にもう一組の客しかいませんでしたが…(苦笑)
e0047694_225780.jpg
あしたはフェーン現象で猛暑がブリ返すとか…やれやれ。(↑本日の夕焼)
[PR]
by nonacafe | 2007-09-07 23:55 | 庵主の陶芸 | Comments(8)
Commented by kanmyougama at 2007-09-08 16:14
夕焼け空チョと不気味に見えますけど・・・僕の気のせいですよネ。
多いっ風が直撃しなければ・・・こちらでも暑気払いにいっぱい会やります。
工房近くの町営のお風呂が・・・・大体危ない。
一緒になったらお風呂のせいか・・呑もうとなります。

今回の白化粧・掻き落とし・・・・・釉下彩、面白いです。
綺麗な白マットがあったら、その後掻き落とす顔料・釉彩などどうですか・・・・。
Commented by kyoko5346 at 2007-09-09 08:51 x
おお、仲の良い鳥さん夫婦が。木の実の色が良いですねぇ。
昨日はnonacafeさまのお顔が見えず、皆「今日は本当に土曜日だっけ?」と話してましたよ~。
 @千葉の道の駅で~す。運転手が競馬新聞にらんで動かない、トホホ
Commented by nonacafe at 2007-09-10 00:17
>上名窯さま お返事遅くなりました。(ペコリ)
今回の台風は九州から本州縦断ではなく、こちらに直撃でした。
そして昨日、本日、熱暑がぶり返し、冷えたビールがうまいであります(笑)
白マットを施釉した後、掻き落してそこに釉彩、顔料ですか?
その順序で試みたことないです。こんど試してみます。
ありがとうございました。
(あれ?その場合は生での白化粧はした方がいいのかしらん…?)
Commented by nonacafe at 2007-09-10 00:24
>Kyoko5346さま こんばんは〜♪
昨日は身内の慶事で教室はお休みさせていただきました。
ごめんね、寂しくさせちゃって〜〜〜?!(爆)
代わりに本日、日曜日に教室に行ってまいりましたよ。

え?千葉から携帯投稿かしらん?ん?…競馬…?
若冲、千葉市美術館かと思っちゃいました。(笑)
Commented by kanmyougama at 2007-09-10 08:42
素焼でしてからでいいかと思います。
透明釉・・・最後にかける・・・・・・かけない、・・・味わいの違いも・・・・試してみてください。
Commented by nonacafe at 2007-09-11 00:21
>上名窯さま こんばんは。
白マット釉は、艶を抑えた上品な雰囲気が好きなのですが、
個人的には金属のスプーンとかと梨地に触れる感触が
生理的にどうもダメなんです。(苦笑)
ま、土ものと金属のカトラリーって相性は良くないですが…。
食器ではなく花器とかで試してみようかな?…って
大壺は技術的には到底出来ないんですが…(爆)
再度のお答え、ありがとうございました。(感謝!)
Commented by ikkannet at 2007-09-12 01:13
酸化焼成による軽やかな気分がいいですね。
つがいの鳥さんたちが、とてもいい雰囲気で。

・・・やはり、台風一過、見上げる空ですよね(笑)。
Commented by nonacafe at 2007-09-13 00:17
>一閑さま ありがとうございます。
なんだかファンシー過ぎると思っていたのですが、
なんだか自信が…過剰…に…おだてに…?!(爆)

きょうも素敵な夕焼け(落日)でしたね。汗!(笑)
<< 金婚を祝賀する、磁器染付鉢 酸化焼成窯より(1) 黒絵丼2種 >>