こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007年 07月 15日
世田谷美術館『青山二郎の眼』展
台風がどうやら通過したようで、白州正子の著書で知って興味を覚えていた青山二郎をクローズアップした世田谷美術館の企画展『青山二郎の眼』を、ちと、出発の時間が遅れたが、いそいそと観覧に参じた。
e0047694_8351787.jpg
青山二郎(1901〜1979)とは何者か?
e0047694_8355361.jpg
15歳ですでに京橋の古美術店で高価な中国陶磁の骨董を一目買いしている。
20歳、中川一政から絵の手ほどきを受ける。
25歳で柳宗悦らと日本民芸美術館設立の要員に。
26歳から我が国最大の中国陶磁蒐集家であった横河コレクションの図録編集を依頼され、5年を費やし『甌香譜=おうこうふ』を刊行。そのコレクションは後に東京国立博物館の古陶磁の主要所蔵品となっている。
親交は小林秀雄、中原中也、魯山人、濱田庄司、梅原龍三郎、宇野千代、白州正子など、その学芸サロン的集いは“青山学院”と呼ばれたそうな。
結婚は、死別、離婚含めて、4回。
職業は古陶磁鑑賞家?生業と呼べたのは余技の装幀家?はたまた“高等遊民”?

青山が中国陶磁で好きなのは宋の磁州窯だったようだ。
e0047694_83636100.jpg
左は『甌香譜』に収録された「白釉鉄絵牡丹文瓶」(現・東京国立博物館蔵)
右は「白釉黒花梅瓶」銘『自動電話函』(青山の箱書き)この瓶を所有できるなら、たとえ電話ボックス暮らしでも構わぬほどの逸品だそうな。
共に良く似た作で美しいが、並べて較べるとさすがに東京国立博物館蔵の方に軍配を挙げたい。(庵主)
 青山曰く
 「優れた画家が、美を描いたことはない。
  優れた詩人が、美を歌ったことはない。
  それは描くものではなく、歌ひ得るものでもない。
  美とは、それを観た者の発見である。創作である。」

さて、青山二郎とは何者か?謎が解けぬ間に、館内に閉館のアナウンスだ。今後は購入した図録にてゆっくりと解読しよう。
外に出るとまぶしい一瞬の夕焼けに、雨後の竹の子ならぬキノコを発見!
e0047694_8371688.jpg

[PR]
by nonacafe | 2007-07-15 23:59 | 庵主の物見遊山 | Comments(2)
Commented by ukky_tg at 2007-07-21 00:08
私も行ってきました!
青山二郎、謎の人物ですよね。
ただ、そうとうなやきもの好きであることだけは、よーく分かりました。
図録から、何か分かりましたか?
Commented by nonacafe at 2007-07-23 00:53
>Ukkyさま トラックバック&コメントありがとうございます。
おお、さすがに渋好み?!目利き?!のうっきーさん
世田谷まで行かれましたか?…って、故郷でしたね。(笑)
図録は購入したのですが、いざ自分のものになると
パラパラめくってそのまんまです。だから謎もそのまんま!?
それは、そう言えば白州正子著の「いま何故、青山二郎なのか」の
文庫本とも同じ“積ん読”パターンと一緒かも?(苦笑)
でも展示品はいろいろあって面白かったですね〜!
<< 芸大美術館『金刀比羅宮 書院の美』 連休初日はカジュアルフレンチで。 >>