こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>kyoko5346さん..
by nonacafe at 10:49
お久しぶりで~す❗ 狛..
by Kyoko5346 at 13:43
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(74)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(21)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007年 05月 28日
愛は地球を救い、スプーンは馳走を掬う。by 松川伸子
 *この記事は庵主お薦めの個展につき会期初日5月28日まで巻頭に置きます*
e0047694_5141124.jpg5月28日(月)から庵主の旧知の陶友である松川伸子さんの個展が始まる。

会場の『ギャラリー夢卵(ムーラン)』は、かのグルメ評論家Y氏が絶賛した海南チキンライスで名高い西荻窪のアジアンカフェレストラン『夢飯(ムーハン)』の一画にあり、観覧ついでにお茶も食事も楽しめる。
これまで彼女は過去2回ほど青山のギャラリーで個展を開催し評判を集めたが、今回は会場のテイストに合わせたのか、“スプーンとそのスプーンで掬う器”をテーマに約1年の準備作陶期間を要し、およそ100点の展示作品を用意したという。
彼女の作陶はすべてが手びねりであり、パッケージ&グラフィックデザイナーということもあってカタチがすこぶる美しい。きわめて几帳面、丁寧な作り、仕事が綺麗。庵主と同業ながら、言わば月とすっぽん、雲泥の差の完成度なのである。
モダーンながら温かみがあり、シンプルであるがクールに過ぎず、甘からず渋からずの作風は、まさに絶妙、旬の“サジ加減”(笑)なのである。
手びねりだからひとつひとつが手塩にかかり自ずから多作とはなりにくい。して、3年ぶり待望の個展である。この機会を逃さず皆様もぜひご注目ください。庵主もできれば会期中毎日のようにサクッと馳走を掬いに行きたいものよ、と思っている。



e0047694_5414151.jpg
初日、土・日は終日作家在廊。その他の平日も時間の許す限り在廊予定だそうです。
e0047694_5421420.jpg
       手前は素焼き状態。奥は作陶途中、生状態の乾燥中。
e0047694_5424217.jpg
施釉作業と、最終窯入れを待つ器たち。完成にはどんな表情で現われるか非常に楽しみ。それにしても…いつも作業中も整然としているものだ。(庵主、苦笑)
[PR]
by nonacafe | 2007-05-28 11:00 | 庵主の一期一会 | Comments(20)
Commented by kanmyougama at 2007-05-22 09:10
>彼女の作陶はすべてが手びねりであり、パッケージ&グラフィックデザイナーということもあってカタチがすこぶる美しい。きわめて几帳面、丁寧な作り、仕事が綺麗。庵主と同業ながら、言わば月とすっぽん、雲泥の差の完成度なのである。
モダーンながら温かみがあり、シンプルであるがクールに過ぎず、甘からず渋からずの作風は、まさに絶妙、旬の“サジ加減”(笑)なのである。
手びねりだからひとつひとつが手塩にかかり自ずから多作とはなりにくい。して、3年ぶり待望の個展である。
・・・・・・・・最高の賛辞。すべてコピーしました。
こんな賛辞をいただいたら最高に嬉しくなりますね。
Commented by るーりー at 2007-05-22 10:34 x
私もサクッと初日に伺っちゃいたいと思います。
ちょうどこれくらいのスプーンが欲しかったし。
幸せ掬えそうだし。
・・・ふぅ。
Commented by coeurdefleur at 2007-05-22 12:38
>モダーンながら温かみがあり、シンプルであるがクールに過ぎず、
甘からず渋からずの作風

賛辞の嵐~
nonacafeさんの語彙の豊富なこと。
広報マンに抜擢されそう^^
Commented by at 2007-05-22 21:55 x
nonacafeさん、ありがとうございます。
号泣してしまいました(;_;) 
尊敬申し上げる方にこんなに賛辞していただくとは!!
来ていただいた方の期待を裏切らないかと少々心配になりますが、
滅多に褒めてもらえない私としては、非常に嬉しいです。(≧∇≦)
スプーン作りは、ハマりました!『愛は地球をすくう』は
ちょっとオーバーかもしれませんが…(笑)来ていただいた方達に
少しでも楽しい気分になっていただけたらウレシイです(^-^)
Commented by Potter-Y at 2007-05-22 22:22
スプーン作りは制作も焼成も気を使いそうですね。
作品もnonacafeさんの賛辞もすばらしい!
個展する機会があったらぜひコピーを考えていただきたいです。(笑)
Commented by nonacafe at 2007-05-22 23:10
>上名窯さま こんばんは〜♪
べつにヨイショしてるつもりでもなく、
日頃から思ってたことそのままなんですよ…。(笑)
我ながら天性の褒め上手…?!
今度生まれ変わったら太鼓持ち(幇間)でゲスよ?(爆)
Commented by nonacafe at 2007-05-22 23:15
>るーりーさま こんばんは〜♪
初日は何時頃の予定ですか?祝杯挙げましょう〜!
るーりーさまにはオタマで大きな幸せを掬ってほし〜いです。(祈)
Commented by nonacafe at 2007-05-22 23:21
>柊さま こんばんは〜♪
このタイトル、何となく貴サイトの金言?を意識してみました〜!(笑)
讃辞の嵐、知ってる限りの言葉を降らせましたが、
広報という固い言葉じゃなくて、それは、ま、「愛」かも〜?(爆)
Commented by nonacafe at 2007-05-22 23:35
>ぷ・さま こんばんは〜♪
もう涙は乾きましたか?女を泣かせてしまった
ワルイ奴はどこのどいつだ〜!(笑)
いよいよ来週ですね。無事最後の窯出しの成功を
こっそり陰でお祈りしてますよ〜!
そういえば、展示プランはきっちりとまとまりましたか?
お手伝いしましょうか?(あ、でも小生ズボラですからね!?)爆!
Commented by nonacafe at 2007-05-22 23:47
>Potterさま こんばんは〜♪
おや?個展はまだ未体験でしたか。もうそろそろいかがでしょう。
コピーの応援、喜んでお引受けしますよ。
“彫り〜・ポッター ドラゴンの誘惑(釉薬?)”なんていかが?
ダメだね、きっと・・・・(爆)。
あの、小生は・・・本芸はデザインなんですよ〜(大雑把ですが…)
こちらの方もよろしく、です。
Commented by ikkannet at 2007-05-22 23:54
ホント、嬉しくなっちゃいますよね。
nonacafeさんの文章と画像の絡みにいつも感心しています。
言葉が、豊富なんですよね。・・・僕も、いつか書いていただけるよう精進しよう・・・。
Commented by nonacafe at 2007-05-23 02:30
>一閑さま あれ、あれ!光栄至極ですが、、、、
でも、小生、ボキャ貧で、ワンパターン、そして無口なんですよ。(笑)
しかし、絵(画像)と文章の絡みは、
本業の広告デザインではいちばん不可欠な最低要素ですから。
それに広告では基本的にデメリットには口をふさぎますし…(爆)

おっと!〜〜〜〜こちら松川さんの讃辞に関しては
デメリットなんて何ら一切関連ありませんが…(苦笑)
Commented by kyoko5346 at 2007-05-23 09:11 x
コピーライターへの転職、じゃなくて兼業をオススメします!
私も初日に伺いま~す。
近代美術館工芸館へも、このブログを見て駆けつけてしまいました。
ヒトをその気にさせてしまうのは、才能ですヨ。
Commented at 2007-05-23 11:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lemonbirds at 2007-05-23 20:06
こんばんは。
どんなお料理も美味しくしてしまう魔法のスプーン。
私が作った平凡な料理でさえシェフの料理?と言われるかもしれない(笑い)
このスプーンを手にすることができる方が羨ましいです。


Commented by kazbizen at 2007-05-23 22:08
スプーンだけにサジ加減!(笑)
パッケージ&グラフィックデザインをやっていると言う事でデザイン楽しめそうですね~!自分も見習って今までの培ったデザインを作陶に反映しなくては!(笑)
Commented by nonacafe at 2007-05-23 23:22
>Kyokoさま こんばんは〜♪
あらら。それじゃぁ、庵主がまるでカリスマ・ペテン師みたい?!(笑)
岡部嶺男展、いかがでした?
だまされちゃいましたか…? 否、良かったでしょ!
そうそう先日の傑作楽茶碗、どこかで見たような釉調でしたが
岡部の「米色青磁二重貫入」に、すんごく似てますよん〜!♪ガハハッ!
Commented by nonacafe at 2007-05-23 23:23
>鍵コメさま
正解。お出かけは 一声かけて 鍵かけて〜 (笑)
了解。なるべく合わせます、って、忙しぶったりして…(苦笑)
Commented by nonacafe at 2007-05-23 23:37
>Lemonbirdsさま こんばんは〜♪
可愛いでしょ。素敵でしょ。この他にも色々なタイプがありそうですよ。
小さいものは耳掻き(?)スプーン、ティースプーンからレンゲ、サラダサーバー、鍋物用、おたま、そしてシャベル(嘘!)まで…。(笑)
平凡なシュフの料理が敏腕シェフのご馳走に変身するかもです。
ですから、どうぞ新幹線でお越しくださいね。もちろん自己負担ですが!(爆)
Commented by nonacafe at 2007-05-23 23:59
>Kaz備前さま こんばんは〜♪
そうです!何事も適材適宜なサジ加減が肝要でっせ!
あまりにひとりよがりのデザインも禁物ですよ。(と、自分に戒め)笑
Kazさん、アパレルだったんですよね。
『備前でめざせ!スーパー・ファッショナブル・テーブルウエア♪
at ビゼンメゾン in パリコレ・デビュ〜♪展』(仮題)開催をぜひ!
期待してますよ〜!(笑)
<< 速報スク〜プ!松川伸子さんの展... サギ、望遠。 >>