こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007年 04月 18日
新作窯出から2:小天使たちの器
前回のレオナルド・ダ・ヴィンチ『受胎告知』の大天使ガブリエルの後で、畏れ多くも、何とも赤面であるが、庵主の新作である(苦笑)。
昨年末のフェアリー・シリーズに引続いてのオーダーで、今回は角皿と湯呑みをご所望された。ゆえに窯出しから教室の展示会には並ばずにパトロン?の元に嫁いだ。

まず、八角鉢と八角中皿。
e0047694_22175853.jpg
湯呑みは汲み出しの形。演出上、手持ちの茶托に乗せて撮影。(笑)
ひとつ足りないのは5個セットだから。そしてあぶれた1個は胴底が透けるように薄く削りの失敗。オマケとした。ま、帯び状のホタルか?!(爆)
e0047694_22184411.jpg
そして、角皿の銘々皿。お茶受けのスイーツ用にでも…。
e0047694_22195584.jpg

さて、ここで余談。『受胎告知』に戻るが、下のこの絵はルーブル美術館所蔵の『受胎告知』。一時はレオナルド作と言われたようだが、現在はレオナルドと同じヴェロッキオ工房で共に学んでいたロレンツォ・ディ・クレディという画家の作ということに落ち着いたそうな…。それにしても大天使ガブリエルのポーズや衣裳、構図などほんと!良く似ている。(笑)
e0047694_22205049.jpg
『受胎告知』は聖書の有名シーンだから様々な画家様々な装置演出で描かれていて興味深い。次回は庵主も染付でチャレンジしようかな?(ウソ!笑)
[PR]
by nonacafe | 2007-04-18 22:35 | 庵主の陶芸 | Comments(16)
Commented by at 2007-04-18 22:49 x
エンジェルシリーズ、やっぱり素敵ですね!
今度私にも作ってくださーい!
Commented by Potter-Y at 2007-04-18 22:54
これだけの数があると構図を考えるだけでも大変そうですね。
そのうち注文が追いつかなくなって、
巨匠のように工房が必要になるかも!?
Commented by Vi at 2007-04-18 23:10 x
ダヴィンチ展が案外空いてるんですね?↑の器、素敵ですね?パトロンさんが
いっぱい増えるかもしれませんね?(笑
イタリアで買ってきたダヴィンチの本がこの今日本で展示されている受胎告知のマリア様が表紙でした。中にはほぼ全体の写真もありますが、今実際それを広げて眺めています。(笑)タイル一つとっても一色ではないんですね?一体どれほど時間をかけたかしら?と思える作品ですね?
Commented by nonacafe at 2007-04-19 01:02
>ぷ・さま ありがとうございます。
どんな器の形でどんな絵柄がお好みですか?
…って伺っても未熟ものですからその通りにはできませんが…。(笑)
新作の『受胎告知』はいかがでしょうか?(爆)
Commented by nonacafe at 2007-04-19 01:07
>彫り〜・ポッター様
今度の彫り物、天使紋はいかがでしょう?
男ふたりでエンゼル工房設立なんてキモ可愛いくて、いいかもね!
前向きにご検討ください。(爆)
Commented by nonacafe at 2007-04-19 01:26
>Viさま そちらもやっと春の訪れが来たようですね。
鳴り物入りの日本でのダ・ヴィンチ展どうなんでしょう?
行ったのがレートショーだったので平日休日の実感が掴めません。
チケット売場前には混雑対応の仮設テント(村?)が張ってありましたが…。
ま、作品がかつての『モナリザ』来日ほど派手ではないので、一般的に大騒ぎにはなりませんでしょうが。
ネットでいくつかの『受胎告知』を見ましたが、やはりレオナルドのマリア様、大天使様のお顔は白眉の美しさです。
Viさんはやはりフィレンツェの現地で生鑑賞したんですよね。
ああ、行きたいな〜!ルネサンスの宝物たちに逢いたいです!!!
Commented by kumikumi50 at 2007-04-19 02:14
染付けのnonacafeさん。
染付け好きですし、いいですよね。ワタシもやりたい!けれど、作品にならないです。
「描きこんだ数に比例」して品格がでるのでしょう」

ステキだと思っています。自分の世界を大切にしてくださいね^^。
ワタシも自分の世界を大切にしつつ、又成長を・・・。と希んではいるのですが・・・。なかなか簡単には現れてはくれませんね。(笑い)
Commented by ikkannet at 2007-04-19 09:23
パトロンの手元に直行とは、すでに、巨匠の空気が・・・。
この天使の作品たち。なんか、思わず微笑んでしまう・・・そんな感じがとてもいいですね。
ダ・ヴィンチの絵を観ても、そんなコトなさそうですから。
Commented by kanmyougama at 2007-04-19 11:10
nonacafeさんの作品染付けに、《受胎告知》のセッテイングが出てきて
天使がまうだろうと思っていました。
そんなに先のことではないですね・・・。楽しみにしています。

フィレンツェでみる《受胎告知》最高ですよ・・・。
Commented by touseigama696 at 2007-04-19 22:59
ダヴィンチの鳥獣戯画・・笑・・
たっぷりと楽しませていただきました
軽妙にして洒脱な筆さばき・・お見事です

とりわけ・・くみ出しの雰囲気が好きです
赤い茶たくが似合ってて・・
玉露で一服・・所望ってあたりかな
ご馳走さまです・・笑
Commented by nonacafe at 2007-04-20 00:17
>Kumiさん ありがとうございます。
作品というそんなご大層なものでなくて、ほとんど落書きです。
だから十年一日、進歩も挑戦も成長も品格もナイ!(笑)
おかげさまでアマチュアでいられるからプレッシャーもない!?
大黒柱(?)のプロともなると苦心も苦労も多いでしょうが、
人形作りなど新しいことに取り組むKumiさんのガッツとパワーにはいつも感服しています。
甘ったれた毎日を過ごす小生も、少しは見習わねばいけませんね、旦那さんと同じ男として…すいません、、、(汗)
Commented by nonacafe at 2007-04-20 00:32
>一閑さん ありがとうございました。(過去形?!)
というのも本日、スルーしようとしていたおすすめの出光『志野と織部』展を
観てきました!会期に間に合い、行ってほんと良かったです!
模様の分析とか系統立てが良くてスゴイいい展覧会でした。
ちょっと改装されていたり、新しいサントリー美術館とかの対向意識かな(笑)チカラの入った良い展示内容でしたね〜!
絵付けのヘタウマ具合が良く、微笑ましくて、励みになりました〜!これでオイラも巨匠だ〜かな!?(爆)
Commented by nonacafe at 2007-04-20 00:43
>上名窯さま いつもありがとうございます。
『受胎告知』冗談ですよ〜、クリスチャンでもないですし…。
えっ?でもおだてられると描いちゃいそうな自分、バチが当たる!?
それにして上名窯さん、ヨーロッパはいろいろ美術館廻りをされているようですね。うらやましい!でも…画家でもあるわけですからね。
庵主、この先の人生の夢はイタリア美術紀行かな〜?誰かパトロンを〜!(笑)
Commented by nonacafe at 2007-04-20 00:58
桃青窯さま こんばんわ。ありがとうございます。
鳥獣戯画?あれ?…天使が主役なんですよ。(笑)
カテゴリー的にはメルヘン戯画かと…(苦笑)
赤い茶托、いいでしょう?何年か前、テーブルウエア展で購入したきり、
初おろしです。だってお出しするようなお客様が…(笑)
ま、馬子にも衣裳、よそゆきのはなむけです。もちろんおまけには付けませんでした。(爆)
Commented by at 2007-04-20 22:40 x
受胎告知、素敵です。神秘的です。
ヨーロッパ好きな私にはたまらない素材です。
Commented by nonacafe at 2007-04-21 01:09
>ぷ・さま こんばんは〜♪
『受胎告知』お好きでしたか?それは良かった!
って、染付けの絵柄のことかしらん?
レオナルド版?ボッティチェリ版?フラ・アンジェリコ版?
それぞれ魅力がありますね?
さて、どんな器に付けましょうか…?(笑)
<< 展覧会ハシゴ日和:再び 金曜日は、展覧会ハシゴ日和。 >>