こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 11月 07日
穴窯焼成その2:一輪花生&粉引片口
陶芸教室むさしの創立10周年の記念イベントであった土岐での穴窯焼成である。
たっぷりと薪灰の自然釉を被ったのは、窯焚きにも立ち会わずとも
窯の特等席にて優遇鎮座していたであろう、揺るがぬ証拠。
e0047694_19302513.jpg
しかし、完璧なるシェイプを生み出せぬ力量不足の庵主には、どこか自分の作品とは思えぬよそよそしさで窯から還ってきたかに見えた。
救いは加飾だけという変質作陶派にとって、自然釉という偶然の産物がどこか身の丈に合わぬ借り物の衣裳を纏ったかのようで…
と、言ったら窯の女神サマをも畏れぬバチ当たりで贅沢過ぎた感想であろうか…。

で、こちらの片口は器の内側のみ白化粧の加飾を施した。
e0047694_1931466.jpg
外側のみ焼締で、緋色が走るハズと踏んだが、現われたのはホンの少し。儚き夢と終わる。しかしよく見れば化粧も焼締も味わい深く、さすが薪窯なのである。
先日教室のパーティで日本酒の片口としてデビューさせたのだが、閉宴後には鍋料理のアラやら食べカス入れと化していたっけなぁ〜。(笑)
ま、役立ったから目をつぶろう…(涙)

◆「立冬」の本日。小道具に使用せりはベランダの山茶花、立ち枯れのプチトマト。
 そして、サンゴの鬢留めのような薔薇の実、枇杷の葉の紅葉。

[PR]
by nonacafe | 2006-11-07 20:12 | 庵主の陶芸 | Comments(10)
Commented by jamartetrusco at 2006-11-07 22:06
白化粧と焼締の調和、なかなかと思いますが。
使いたいな〜。今日立冬ですか。この漢字2字を見て心引き締まるおもいでした。
Commented by honey8787 at 2006-11-08 00:15
灰の自然釉が、自分のものになると良いですね。
白化粧の片口は、役に立ったものの、作者としてはちっと悲しいかな。
私の家ではしょっちゅうの光景ですから分かる気がします。
Commented by nonacafe at 2006-11-08 02:13
>Jamarteさま
ありがとうございます。この片口は大きめなので盛り鉢としてもいいかも知れません。
先日十三夜の後の月だったのにもう冬ですね。きょう風は強かったものの暖かな立冬でした。
Commented by nonacafe at 2006-11-08 02:24
>Honey8787さま
薪の穴窯を操るなんて小生にとって不可能、奇跡です。きっと。
でも窯詰めから窯焚きまで一部始終挑戦してみたいですね。
狙いは、来春、駿河かしらん?(笑)
飲み会では皆さん一升瓶から直接カップへでしたから、
片口なんてまどろっこしいですね。あっ、自分も手酌でした。(爆)
Commented by kyoko5346 at 2006-11-08 23:04
↓もう一枚の皿は、そうです『12か月暦皿』です。
ビキニのお姉さんとか、裃のおじさんとかいて、
しかも磁器で、ちょっと見は格調高く、よく見るとワハハ!
一年間は絶対笑えますよ~。
乞ブログで公開 (^_-)-☆
Commented by Potter-Y at 2006-11-08 23:14
花生、いい感じに自然釉が流れてますね。
土は備前ぽい感じでしょうか!?
こちらは今日薪併用窯の窯出ししてきました。
うれしいものもあればがっかりするものも...。
気合入れたものより期待してないものの方が良かったりするんですよね。
Commented by kanmyougama at 2006-11-09 09:36
自然釉のかぶった花器見事ですね。
ウン・・・花器でなく酒器でしたね。
3番目がいいです。・・・・・・・・・・コンナニ呑みませんが。
あれ・・・やっぱり花器。一輪挿し。

白化粧の片口とっても斬新に見えます。
お酒用にいい。

ガラ入れにするなどそんな無粋な方は・・・・いけませんね。


お酒好きの方に徳利とチョコ上げました(始めたころのこと)
チョコが灰皿になっていました。
それっきりです・・・・・・。
Commented by nonacafe at 2006-11-09 10:32
>kyoko…さま
やっぱりアレでしたか…。(笑)
ブログ公開ご所望でしたら、オーナー師匠からお許しを
いただいて、さっそく特撮せねば…ですね。
でも福笑いみたいなものだから…お正(笑)月登場かしらん!?
Commented by nonacafe at 2006-11-09 10:42
>Potterさま
そうでしたね。そちらでも薪併用窯ウイークでしたね。
だいぶ良さそうなものが取れたようで、公開が楽しみ〜♪
この土は、土岐の窯元から送っていただいたものに、1割ほど
古信楽をブレンドしてます。
備前というよりも志野土のようだった、ような?
ネバネバ、ザックリ気味だったような?比較的白土でした…!?
Commented by nonacafe at 2006-11-09 11:02
>上名窯さま
おはようございます。フフフ…朝から苦笑させていただきました。
猪口を灰皿にはヒドイですよね。酒呑み&愛煙家の風上にも置けない。
花生は軽ければ徳利にもいいのですが…すごく重くて安定感たっぷり!(笑)
ここだけの話ですが(笑)当初はぷっくりと丸〜く膨らんで、細くて長〜い鶴首のプランでしたが、そんな面影ぜんぜんですよね。技量の限界です。内緒の話ですが…。(笑)
秘密を知ったからにはこの片口で固めの契り酒を飲み交わしましょうよ!
<< たかが茶碗、されど茶碗。赤と黒... ふたつのお祝い。 >>