こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 11月 05日
ふたつのお祝い。
身長49cm、体重3,054g、2006年5月12日(金)00:37ご誕生。
彼女の名前は『風花=ふうか』ちゃん。
e0047694_22474363.jpg
e0047694_2249771.jpg庵主の陶芸教室の陶友であるG田さんの美人初孫嬢であります。G田さんのお嬢様は庵主の染付をお気に入りいただいて、ご結婚の際にお贈りさせていただいた縁があり、今回もお嬢様ご誕生祝いの記念プレートをご注文いただいていたのです。
そのご注文からなんと半年が廻りやっと先日完成することができ、昨日教室でお渡しすることができました。ノロマで申しわけない!

で、その授与式の模様がこちらの写真です。ってなワケない。(笑)
e0047694_22515856.jpg
えっ?教室の先生が前日から煮込んでいたオデンにメデタイ旗が…
e0047694_22524310.jpg




庵主のお世話になっている『陶芸教室むさしの』は今年10周年を迎え、その記念企画として穴窯焼成とその展覧会が好評裡に先日終了しその慰労会が昨日教室にて開催されたのです。
先生が準備なさった料理はオデンに特製土鍋による蒸し焼き肉野菜。刺身とオードブルこそは仕出しであったが、生徒の家庭人の奥様方からは自慢の美味しい料理の数々が並んだ。そして教室随一の若き男子生徒はなんと感心にも赤飯を自ら炊いて来られたのです(エラ〜イ!)。みんなおいしかったです、皆様ごちそうさま!
e0047694_22554927.jpg
で当日のサプライズ企画がうら若き女性陣によって発案されていた。まずは10年の労をねぎらい先生へ花束の贈呈。
e0047694_22562268.jpg
そして、オリジナルデザインの特製Tシャツが…。お洒落な10周年記念ロゴ入りである。
(庵主も欲し〜いです・笑)
合せて、シックなフラワーリースに彩られた手づくりケーキ。
(どんなお味だったか庵主は昨晩食べた記憶がない・爆)
e0047694_22571051.jpg
そして圧巻は、出席者全員が各自ハガキに写真入りでしたためたお礼状の寄せ書きファイル。手づくりの豪勢な装丁に、さすがに先生満面の笑みの中にウルウルな瞳を目撃したのは庵主だけではなかったはず!
先生おめでとう!10年間さしたるご病気もせずに毎日ご苦労さまでした。まだまだこの先50周年までは、お世話になりますよ。そして庵主のワガママもエイッとこれ以上に聞いてくださいませ。from 生徒番号8番:エイトマン(笑)
感謝を込めて『陶芸教室むさしの』に、トラックバック!
[PR]
by nonacafe | 2006-11-05 23:42 | 庵主の陶芸 | Comments(15)
Commented by coeurdefleur at 2006-11-06 00:45
美しい女性で盛況な陶芸教室の先生って皆さん渋くてよい漢。
(はしばみさん、claystudioさんなど)
私の気のせいでしょうか?@@;;
う~ん・・・
生徒が面食いなのか先生がめんくいなのか・・・

Commented by hilaling at 2006-11-06 01:18
おめでとう御座います!
陶芸教室ってホント、あったかい人達ばかりで泣けてきますね。
ウチの先生にも感謝の言葉言わなきゃ・・・・。
でも照れくさいよなぁ~。
でも感謝してます、先生!
え?その名は?
『はし・・・はしば・・・・・、キャー!恥ずかし~』(汗)
Commented by nonacafe at 2006-11-06 01:21
>柊さま
陶芸をやられると、女性は美人に、男は渋い漢になりますよ。
柊さんも、さっ、レッツ陶芸!
ただし庵主のように一部例外もあるようですが…。
Commented by nonacafe at 2006-11-06 01:32
>ひらりん♪様
そうですね。土に触れると心が柔らかにほぐれてきますよね。
そして教室に出会う仲間たちとの世代も越えたおつきあいがまた愉しい。
でもそちらの師匠はほんと素敵でした。感謝してます。きっぱり言えます。
もちろんウチの師匠も、ですが…(笑)
Commented by hilaling at 2006-11-06 01:34
nonacafeさんにも感謝してますよ・・・・。
『GET BACK』歌ってくれなかったけど・・・・・(笑)。
Commented by kanmyougama at 2006-11-06 09:29
心和むお話しですね。
教室においでの方の雰囲気がいいですね。
優しそうな美女たちに渋い髭の先生・・・。

この画像ではnonacafeさんはどこでしょうか。
さりげなく登場いてほしいです。

  >そうですね。土に触れると心が柔らかにほぐれてきますよね。
そして教室に出会う仲間たちとの世代も越えたおつきあいがまた愉しい。

同感です。
Commented by 風花ママ at 2006-11-06 16:12 x
どうもありがとうございますっ!!!
すっごく素敵で、涙出そうですっ。
我が家の家宝にします♪
一番目立つところに飾っておきます☆

娘が大きくなって、産まれた時に、
こんな素敵なお皿を
作ってもらえたと知ったら、
本当に喜ぶと思います!

お忙しい中、本当にありがとうございました☆
取急ぎ、お礼まで。



Commented by nonacafe at 2006-11-06 23:31
>ひらりん♪様
僕だってひらりんさんに大・感謝!です。(感謝の応酬?!)
歌詞は暗誦できるくらいじゃないとクチがまわらないですね♪(笑)
次回までにスローをレパートリーに。なら、やはりイマジンか…(爆)
Commented by kyoko5346 at 2006-11-06 23:40
え~、ケーキ食べなかったんですか!
特製デコレーションケーキ、すっごくおいしかったのに。
残念ですねぇ。おでんもおいしかったけど。
あと3日間はもう何も食べないわ(ウソ)
と思いながら、食べ続け飲み続けておりました。
nonacafeさまのお皿、とっても素敵でした。
もう一枚の春夏秋冬のもネ。
Commented by nonacafe at 2006-11-06 23:42
>上名窯さま
ええ、とっても心なごむパーティでした。
生徒たちはいつもワガママばかりで(自分だけ?笑)、それを
いつも先生は大らかに包んでくれますし、この自由な“陶芸サンクチュアリ”を大事にしたいと思っています。
画像は小生がカメラマンですから写っていません。セルフタイマーってテがあったですね…(笑)
Commented by nonacafe at 2006-11-06 23:56
>風花ママさま
あれ…?拙ブログご覧になっていたのですか〜!(感激)
すいません、個人情報大公開でした!
でもスリーサイズはないから許してください。(笑)
そうそう、すっかりお待たせしてスイマセン。次から次ぎへと
締切りのあるイベントものが続いたりして、つい、後回しに…。
でも気に入っていただいて、嬉しいです。(ほっ!)
ちょうどパーティの前日に焼成が上がっていて、先生が
パーティのさなかオバアチャマへの授与コーナーまで設けていただいて…。
そんなわけで風花ちゃんの美人ぶりは、もう教室の大評判ですよ!
Commented by nonacafe at 2006-11-07 00:08
>kyoko5346さま
ええええ!あの晩、ケーキカットしたのですかあ???
あれ?それとも食べたのかな?だいぶ呑んだので記憶にない…。くやしー!
でも、いいパーティでしたね。いい教室がいつまでも元気じゃないと我々困りますもんね。
春夏秋冬の皿たち、もう5年前になります。(ウデ落ちた?…かな)
Commented by nonacafe at 2006-11-07 00:16
>kyoko5346さま、追伸!
もうひとつの皿って、先生に愛蔵いただいている『12か月暦皿』のことですね。
ハハハハ…、思い出した!ウケましたね、大笑いでした。
あれこそ10年前の傑作?です。(でもいまや当時の熱意消え失せた!?かも)
Commented by at 2006-11-09 00:10 x
パーティ楽しかったですね!
それにしてもケーキ食べてない?!残念!!
まあ確かにすぐ完売でしたけれど 笑
庵主のメッセージカードもさすがの力作でした☆
20周年もこんなふうにお祝いできたらすてきですね
これからもどうぞよろしくです!!
Commented by nonacafe at 2006-11-09 10:23
>彩さま
サプライズ幹事長、おつかれさま!
なかなかいい企画でしたね!ほんと、しみじみ?楽しかったです。
庵主のポストカード、一部では何を勘違いしてる〜!と
ブーイングも有難く頂戴したような???笑
とりあえず20周年をめざして共に盛り上げましょうね。
あれ?10年後は、ワテ何歳なのかしらん?!(苦笑)
<< 穴窯焼成その2:一輪花生&粉引片口 もくもくのクモ、サワサワの芹沢 >>