こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 08月 14日
納涼怪奇陶芸特集:1●ピータン壺の男
e0047694_23243161.jpg
日頃は暗闇の壺に封印されていたからなのか、ひさびさに顔を現した彼の瞳は夏のまばゆい陽光に耐えきれず破壊された(実際は酸化焼成時にヒビワレ)。白粘土の肌は紙ヤスリで磨きをかけたが、そのニキビ跡はいっそう強調されるに至った。彼の名は『ピータン壺の男』。庵主が『第三回WEB陶芸展』出品用にと手掛けたマスクのひとつである。それはグランプリ作となった『豆腐屋の豆腐』より、もっとずっと精魂と時間を傾けた作品であったのだ。



あまりの出来映え?は、我ながら生き人形か?デスマスクか?(笑)グロテスク以外のなにものでもない。当節の表現で言えば、ずばり!キモイ!
あっ、自画像ではありません、念のため。
e0047694_2326869.jpg

エントリーを断念し行き場の無くなった彼は、暗い部屋にむき出しに置けばゾッとして天然の冷房代わりになるかもしれないが、ドキッと心臓には悪いのでスーパーから500円にて引き取った中国製のピータン壺の中に安置させている。
[PR]
by nonacafe | 2006-08-14 23:47 | 庵主の陶芸 | Comments(18)
Commented by ikkannet at 2006-08-14 23:56
訪ねてきたとたんこの作品にビックリ。違う方の所にきてしまったかと思いました(笑)。
いろいろ技がすごいですね。

そして、一周年おめでとうございます。
そして、改めて 通常観覧 と変えるところが、nonacafeさんを感じますね。
・・・気がつけば、僕も一年過ぎていました・・・
Commented by nonacafe at 2006-08-15 00:06
ikkan様>うわ〜!びっくり!
お化け屋敷ならぬ、びっくりハウスですね。笑
おどかしてすいません。ま、納涼特集、
真夏の夜の夢。きょう見たことは、忘れてください。(爆)
Commented by aamui at 2006-08-15 07:10
ほんとに恐いよ~
Commented by kanmyougama at 2006-08-15 10:29
一枚目の顔面の、骨格・肉付き・皮膚の皺・眼球の光・・・・・驚きました。
凄い表現力。
只者ではない・・・・・やっぱり高貴の・・・・。
鎌倉室町あたりから・・・・・。

一周年記念おめでとうございます。
「奥の院」通常観覧にしていただいて、安心して観覧できます。
nonacafeさんの全貌を探るべくあちこち訪ねますあしからず。

Commented by jamartetrusco at 2006-08-15 19:03
このお方とピータン壷という合わせがなんとも不気味で、言葉から恐怖感を感じましたね。
でも顔のすべてをみたらお面の感覚が戻りややほっと、しました。
表情がなんとも迫力ありますね。
Commented by ルーリー at 2006-08-15 19:19 x
実物よりいっそう輪をかけてキモイ。
もうちょっとイケ面なはず。
Commented by taka-fujii at 2006-08-16 02:48
わわっ!リアルですね〜。
紐を通す穴の様なのがちらっと見えますが。。
やはりnonacafeさん、かぶってみたんですか?
Commented by シモン at 2006-08-16 12:08 x
ちょっと、怖いですね。 お面とか苦手なんですよね~ 夜中に見たら驚きそう
Commented by nonacafe at 2006-08-16 15:23
aamuiさま>泣き出さないでね!ごめん(面)なさい!(笑
Commented by nonacafe at 2006-08-16 15:31
上名窯さま>有難う存じまする。
敷居を下げました。品位も下げました。
この面の発表で、もともと無かった信頼も下げたような…?(爆)
Commented by nonacafe at 2006-08-16 15:36
jamarteさま>そうですね。壷の中から顔が〜!おおコワー!
そういえばピータン自体も泥をまぶして腐らせた?!
ちょっと趣味悪かったかも?でも納涼大会ですから…大目に見てね。
Commented by nonacafe at 2006-08-16 15:47
ルリー・シーちゃま>ついに公開しました。思いきって。(笑)
面は見る角度と光線でほんとキモかったりイケ面になったり…。
で、今回のセレクトはお化け屋敷ですからね。
次回はイケ・ウイめん(小面?増女?)もお楽しみに〜!
Commented by nonacafe at 2006-08-16 16:01
藤井さま>野菜箸置からリアル派へ転向しちゃいました(笑)
仮面プレイ楽しみましたとも…。(ウソ!)
紐は通せますが、重いので、その前に首を鍛えないといけなさそう。
恥ずかしがり屋さんには特別にお貸出しできますヨ〜。(爆)
Commented by nonacafe at 2006-08-16 16:04
シモンさま>ニガテでしたか?ご面なさい!(←再度使用)
四谷シモンさんの人形もコワイものがあります。って無関係!?
夜中に見なくても、きっと今夜夢に出てきますよ〜!(ギャ〜!)
Commented by Potter-Y at 2006-08-17 00:46
肌のブツブツな質感も妙にリアルで怖いです!!!
こちらを出品作にしてたらどうなってたでしょうね。
Commented by yaduki-sion at 2006-08-17 08:59
こ・・・こわいーー。怖すぎます。
てか、ピータン壷からこれが覗いているかと思うと、なんか怨念のようなものを感じるのですが・・・・。
たまにお線香とお花をあげてみることをオススメします・・・(ぇぇぇ
一周年おめでとうございますーー♪
Commented by nonacafe at 2006-08-17 21:24
Potterさま>世に好事家(数寄者?)ファン多し、ですから…。笑
なめらかな肌がお好みなら、本日更新↑の仮面はいかが?
Commented by nonacafe at 2006-08-17 21:31
也月さま>ぇぇ、お化け屋敷だから怖がらせておんねん!(怨念)
サブ〜!
>一周年おめでとうございますーー♪
ありがとうございます、先輩!
ご先祖さんにも遠くからお礼いたしました。南無〜!
<< 納涼怪奇陶芸特集:2●黒羽眼帯の女 THE 盆リース >>