こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 05月 26日
美濃へ旅した志野茶碗:3
これは茶碗というよりボウルといった方がいいかもしれない。ちなみに焼き上がりを見た教室の陶友は「この丼で食事したら美味しそうネ」と…作者自身は抹茶茶碗のつもりだったのに!(泣)ま、いいかっ。
姑息にも規定サイズの掟を破って径・高さとも約1cm程大きかった。ま、素焼して本焼すればジャストサイズということで大目に見ていただいたようだ(笑)。
e0047694_035717.jpg
e0047694_041777.jpg
えーと、この手の高台の名称は何と呼ぶんだったか?(いわゆる碁石を溜める壺の底の呼び名だったような…あやふや)。こちらは庵主にしては珍しく何も加飾せずに土岐へと送った。先様でぼってり掛けた志野釉を指でなぞる本場の景色づくりに身を任せた次第だ。さすがに3点の中では最も釉調の勢いに溢れ、焼きの変化と見所の多いこと!これぞまさしく傑作かしらん?…しかしコレって、原作者としては喜ぶべきか?悲しむべきか?否、喝采を捧げるしかない(苦笑)。感謝
[PR]
by nonacafe | 2006-05-26 00:21 | 庵主の陶芸 | Comments(12)
Commented by hilaling at 2006-05-26 02:47
ボクは抹茶茶碗だと想いますね~、緑茶の色が鮮やかになりそうな器で静岡人の心を動かされますよ~。
でもね、「この丼で食事したら美味しそうネ」ってのは、ん・・・・・・・。
根ごろ亭の最後のお茶漬けだったら良いかも~(笑)。
Commented by kanmyougama at 2006-05-26 07:01
三点ともにそれぞれに味わい深くみなした。
碁笥底でも何でもいい。用は使うものに任せる。
出来上がりの一瞬に人の手が加わっても・・・・・・・さすが・・・とよろこんでで受け入れる・・・・・・・・・nonacafeさんの心意気がいい。
Commented by honey8787 at 2006-05-26 19:43
これはこれで指掻き落としがなんともいわれない文様ですが、どれをみても見事な志野です。
また、すぐにでも次の作品を焼いてみたくなりませんか?
Commented by Potter-Y at 2006-05-26 21:45
抹茶でもお茶漬けでも美味しくいただけそうです(笑)
経過はどうあれ見事な茶碗ができたらやっぱりうれしいですね!
Commented by ukky_tg at 2006-05-26 23:32
私だったら、こんなすばらしい「茶碗」ができたら、
間違いなくl手放しで大喜びです。
Commented by nonacafe at 2006-05-27 00:56
ひらりん♪さん>本場茶所の静岡人からの太鼓判!ありがとうございます。
もちろん根ごろ亭のお茶漬けなら全然OKです〜!そして
イオーラ仕込みのパスタなんかもいいかも知れない。
あ!これ普通では皿でしたね(爆)何はともあれ、楽しみだな駿河オフ会!
Commented by nonacafe at 2006-05-27 01:13
上名窯さま>そうそう、碁笥底でしたね。あれ〜?読み方?
そう、調べました。「ごけそこ」高台でした。よし、インプット!
そうして皆様の手助けでひとまわりエラク?なるのです。
ありがとうございました!感謝!
Commented by nonacafe at 2006-05-27 01:22
Honey8787さま>初対面以来ですね(笑)、こんばんわ!
先日の一閑さんの絵付け生地にも共通して、志野(長石)釉の
ベースは魅力的ですね。こんな本格的な焼成機会はそうもありませんが、
次回こそはとイメージいろいろ湧きますね。さて、次はいつのことかな〜?
Commented by nonacafe at 2006-05-27 01:31
釉薬のPotterさん>3回皆勤?コメント、ありがとうございます。
そうなんです。所詮は人任せの釉薬調合と焼成でいままでやってきたのですから、考えてみたら同じことです。
何はともあれ(←口癖?)良く出来たなら、万々歳、いい物はいい!(きっぱり!)
Commented by nonacafe at 2006-05-27 01:47
お茶人Ukkyさん>お茶をやられると、お茶碗の見方も変わるでしょうね。きっと。
点て具合がいいとか、肌触りとか、重さや軽さとか…。
そして今だから告白じみて言いますが(笑)どれもとくにコレはだいぶ重いです。
だからって、決して手放ししないでくださいね!(爆)
Commented by umt at 2006-05-27 01:51 x
庵主どの、こちらでははじめまして。
obujenaさんの個展で今日お会いしました、umtです。
お茶碗のことはよくわかりませんが、この志野茶碗は、
手の上でしっくりくる感じですね。
それと美しい色!
また来ますね。どうぞよろしくお願いします。
Commented by nonacafe at 2006-05-28 18:45
umtさま>さっそくのご訪問ありがとうございました。
じつはさっそく潮風1丁目から3丁目まで拝見させていただき
時の経つのも忘れ、コメント返信まで忘れてしまいました。(笑)
ジョージくん可愛いですね。ウチにも遊びに来てね。(オサツお土産で)
ま、それはさておき(爆)今後ともどうぞよろしく!
<< またもやパキラは幻の花?しかし... 美濃へ旅した志野茶碗:2 >>