こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 02月 14日
風船挽き、その後
先週に続いて風船挽きの進行報告だが、正直言って恥さらしは更に深まる。土瓶に仕立てるには技術の精度が必要である。注ぎ口、茶漉し、ハンドルなどパーツも同時進行で揃えねばならぬ。作業はノロマだし、ハッキリ言って不得手である。削ったり、貼り付けたり、なんとか組み立てては見たもの焦躁と苦悩の半日であった。もはや細かな説明などはなく、ご覧の通り。(なんと投げやりな報告!?苦笑)
e0047694_13141859.jpg
そうそう、印花の削り出しも極めて不鮮明。胴まわりに書き落としの線刻を加えた。(仕方なく?)

さて、先の2月7日のヒルズ城煙上に、敬愛するなみへいさんからイラストのコラボをお寄せいただいた。庵主の作陶写真よりずっと面白く、掲載の許可もいただけたのでこちらはどうぞごゆっくりご覧いただきたい。




ヒルズIT城捜査であぶり出されたLD、Hモンの不正。
依然容疑を否認中の衝撃の姿でしょうか…?
e0047694_13164646.jpg
なみへいさんの写真は素晴らしく、イラストや似顔絵も達者。どうやら英語もすこぶるご堪能の様子。恐るべきシニアの底力と、煌めく才能をこちらのサイト群にてぜひごゆるりとご堪能ください。
ブログ:『季節の窓』※日々一刻と変わる自然を活写(なみへいマジックの神髄!)
    『なみへいの遊山』※デジカメ実践講座(必読!)と旅の風物
ホームページ:『ギャラリーなみへい』※エッセイやベストショットなど
       充実のアーカイブ集 (う〜む、すごいなぁ〜!)
[PR]
by nonacafe | 2006-02-14 13:50 | 庵主の陶芸 | Comments(14)
Commented by ukky_tg at 2006-02-14 15:28
美しい土瓶ができているではありませんか!
nonacafeさんは、つくりがキレイでいいですね。
なみへいさんのイラストもスゴイ!これもセンスですね~
Commented by @yoshi at 2006-02-14 17:54 x
今度、Rex HOTELのお皿を貸すから、あんなカンジの染め付け皿を
作って欲しいっす〜♪(w
Commented by yaduki-sion at 2006-02-15 00:33
綺麗な土瓶になってる!!!
これがどう焼きあがるのか、ヒジョーに楽しみです♪
・・・というか、イラスト見て爆笑してしまいました。
まさにHモンさんは、こんな心境?
Commented by nonacafe at 2006-02-15 12:26
ukkyさん>ありゃッ?つくりがキレイ、だなんて!
おだてられるとワタクシも“さる”になってしまいそう…(笑)
Commented by nonacafe at 2006-02-15 12:34
yoshiさん>うれしいオーダーをありがとう〜♪あんなカンジ、ね。
パクリは法に触れそうですから、って贋作技術もありませんが…。
しっ、声が高い!密談はヒソヒソと鍵コメにしましょうか…。(w
Commented by nonacafe at 2006-02-15 12:45
yadukiさん>あらら、陶芸ブロガーはみなさま褒め上手。
小生も“遅れて来た”時代の寵児になれそうですか〜?(笑
Nエモンなんて呼ばれ、そして思いっきり突き落とされたりして!(泣
Commented by yaduki-sion at 2006-02-16 00:12
悪いことしてなかったら大丈夫ですよー。
・・・・世の中には重箱のスミをつつくような人もいっぱいいますけど;;
Commented by moraisan at 2006-02-16 00:40
土瓶や急須‥作ってみたいですねぇ、憧れです。
やっぱり難しいのでしょうね‥、本などで作り方など見ますと、たいへん畏れ多くて手も足も出ない感じです^^;
なみへいさんの多才なパワーには、私も敬服いたします。っていうか、nonacafeさんのパワーにも圧倒されどうしですが^^

Commented by nonacafe at 2006-02-16 19:03
yuduki様>悪いこと!?…ドキッ!
いいえ〜。あんなコト、こんなコト、そんなコト。めっそうもない!
Commented by nonacafe at 2006-02-16 19:11
moraisan様>土瓶や急須をきっちり完璧につくるのは確かに究極の技術ですね。
よく模型やプラモデル作りが達者だった人に巧い人が多いといいます。
小生にはあいにく!!!単3乾電池のパワーぐらいしかありませんが…。(泣
Commented by coeurdefleur at 2006-09-13 12:38
あら、これ渋くてよい感じ。
せっせと過去ログも見せていただかなくてわw
Commented by nonacafe at 2006-09-13 23:09
柊さま>おやおや、こんな遠い記憶の日々にお散歩でしたか?♪
渋くて素敵なのはHモンですか〜?(笑)

もし、作陶中の拙作の方でしたら、完成作が
3月15,16.20日の記事で紹介していますよ。
あれ!なあ〜ンだ!こんなもんか?フン!なんて…(爆)
Commented by coeurdefleur at 2006-09-13 23:44
あ~・・・ありました。ご案内ありがとうございます。
箸置きまでと、ももの種の記事は読んでいましたのに
間がぽっかり抜けていました。
随分と感じが変わるものですねぇ。
あちらもよいけどこちらが好き(笑)
あの形にはこの色 と言うか、
茶色いまんまが素朴で渋くてよい味を出しているように思えるのですが。
陶芸素人の感想でした^^;
Commented by nonacafe at 2006-09-14 00:02
柊さま>おや、ま!早速!
そうなんです。これはまだ粘土がナマ。水分を含んでいます。
このままの色に止めることはなかなかできないんです(焼き締めでも)。
とくに本焼での釉薬は光沢が出ます。
それだからこそ水モレやシミになりにくくなるわけなのですが…。
<< うらうらと『春』に会いに…。 2.11、“参ヒル”の船出。 >>