こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>kyoko5346さん..
by nonacafe at 10:49
お久しぶりで~す❗ 狛..
by Kyoko5346 at 13:43
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(74)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(21)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 01月 05日
イヌ年の狛犬@新・国立競技場
2018年(平成30年 戊戌) 明けましておめでとうございます。

年賀状用に絡めて庵主のことしの作陶物は「阿吽(あうん)の狛犬」。
そう、ツーと言えばカー!言わずとも語らず忖度の心遣いで、本業の
デザイン原稿制作に、してまた日常のコミュニケーションにおいて
「阿吽の呼吸」こそが、我がポリシーだからして‥。
e0047694_11260423.jpg
ところで狛犬って何の動物?神社仏閣では唐獅子というライオンだか虎だかの
謎の動物が多いけれど、場所によってはオオカミやドラゴン、キリン、河童!?
なんてあるらしい。キツネはもちろんお稲荷様、沖縄ではシーサーが知られるね。
一対の門番である仁王様も「阿形と吽形の金剛力士」‥あれイヌじゃ無イヌ、ね(笑

で、連れ出したのは2020年に向けて急ピッチで工事が進む新・国立競技場の現場。
ここは神聖なる神宮の敷地。新設の競技場に狛犬の用意が無くば、ぜひ提供したい。

新春特別附録!!(おまけ)
上掲の狛犬撮影日は新年1月2日夕刻。凄いスピードで階層が建ち上がっていた。
思えばいろいろ変遷があったこのスタジアム。少ない機会だが、これまで
折にふれて現場を遠巻きに見てきた。ちょっと振り返ってみよう。

2015年4月12日
e0047694_11295797.jpg
e0047694_11301391.jpg
e0047694_11312636.jpg
思い出多き旧・国立競技場の解体工事現場。階段状の観客席一部と照明灯、
そして西面の正門公園の階段部分が残るだけの、寂しい光景だった。

以下のプレイバック写真集は長くなりますので、お時間とご興味のある方のみ・・・




2015年6月13日
e0047694_11523586.jpg
e0047694_11523834.jpg
あの伝説のザハ・ハディド女史に決定したかに思えたオリジナル設計案に
クレームが付き、ただいま彼女自身による改訂設計案中の現場。
すっかり更地となり、南隣の日本青年館はかろうじて立ってはいるが
中央に解体のための巨大な穴が印象的だった。
そして隣接の東京都体育館から国立競技場へと渡る歩道橋はまだ残されていた。

2016年2月9日
e0047694_11552946.jpg
e0047694_11553867.jpg
前年7月にザハ・ハディド設計案は白紙撤回され、その後の再コンペでその年12月に
隈研吾氏の案が採用決定。空漠としたフェンスの隙間からは都市の荒野が覗き見えた。

2017年3月5日
e0047694_11573688.jpg
e0047694_11574081.jpg
決定されたデザイン案に対し、我が建設現場ウオッチングの高揚感は
そがれてしまったのか、前回訪問からはや1年も経ってしまった。
久しぶりの現場は基礎工事だろうか、フィールドトラックに相当する辺りには
数多のブルドーザが。
そして、南隣のとある場所から眺めた近接の都営団地の解体現場。

2017年7月23日
e0047694_11593094.jpg

e0047694_11593334.jpg
にぎやかにクレーンが林立。かすかにスタジアム観客席らしき階段状の施工も見える。
お気に入りの定点スポットのここは今後ビュースポットとして人気が集まりそうだ。
e0047694_11593533.jpg

南隣の団地はきれいさっぱり一掃されたか?のように。代わって工事現場の
プレハブ詰所が建つ。いずれ公園かスタジアム入場門広場にでもなるのだろうか。

2017年12月3日
e0047694_12012967.jpg
冬は短日だから現場はすぐ暗くなる。東の絵画館側から入ると、わ!びっくりした。
もうすっかりコロシアムのような観客席階が建ち上がっているではないか。
e0047694_12013439.jpg
定点箇所から浮かぶ現場は崩れているのではなく、もちろん組み立て建設中。
この晩はやけにデカいスーパームーンが東の空に浮かんだ日だった。

そして明けて
2018年1月2日
e0047694_12040940.jpg
南側を残してぐるっとドーナツの観客席は回っていたようだが、まだ階の
高さを積み上げるのか?それにしても道路からすごく近い!
そしていつか出会ったような・・・見慣れたスタジアムの外観だが、
この先サプライズはあるのか?
ま、今年も折に触れて見守っていこうと思う。

[PR]
by nonacafe | 2018-01-05 12:48 | 庵主の陶芸 | Comments(2)
Commented by Kyoko5346 at 2018-01-05 13:43
お久しぶりで~す❗
狛犬さん、大きさは分からないけど、さすが迫力ありますね🎵
あちこちガタガタしてますが、オリンピックまでにほんとに間に合うんでしょうね?
Commented by nonacafe at 2018-01-06 10:49
>kyoko5346さん
コメントありがとう!
そう、ほんと、まったくもって久しぶりの更新です。(苦笑)
Kyokoさんのワンコ君、仕上がりましたか?
大きさは、貴方が作られていたくらいの小型犬ですよ。

最近の建設物は建ち上がり始めると、あっと言う間に
高さを積み上げますね。でもそれからが時間がかかるようです。
あと2年後弱には竣工を迎えるはず。予定通りに間に合わせて
想像以上にカッコいい?!スタジアムに仕上がって、、、
この中で、この目で、なんとか開会式を観たいな〜〜〜!
これが庵主の新年の抱負です。(笑)
陶芸展、絶賛!?開催中!!!! >>