こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林 寧彦(はやしやすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005年 10月 14日
『穴窯について』説明板の制作
e0047694_2125977.jpg
来週19日から始まる『秋の陶友展』だが、今回の企画展として穴窯焼成作品発表会がある。さて、『穴窯』って何?一般の人たちにとってたぶん馴染みの少ない言葉であろう。で、会場でのお客様への説明用にこんなボードを作成した。写真はお世話になった武山窯の達さんのブログより借用し、以下その拙文の推敲は庵主である。

穴窯(あながま)について
焼きものの焼成窯の中でもっとも原初的な形式で、斜面の地面に穴を掘り天井を被せただけのシンプルな単房の焼成窯。薪を燃料として三日三晩以上不眠不休で焚き続け、高温にて焼き締める。薪の炎が灰となって降り注ぎ天然の釉薬となる。窯の位置や薪の投入よる温度管理や諸条件によって、人為の及ばないビードロ釉や灰被り、窯変、緋色が得られるなど、炎の芸術、焼きものの醍醐味といわれる所以である。しかし穴窯は生産性や経済性に乏しく、その発展形である登り窯とともに現在では産地でもほとんど使われていない“贅沢な”焼成法である。

さて、実際のことをいえば穴窯焼成の現場を知らない庵主だが、果たして適切な説明となっているだろうか?博識の諸兄においてはぜひ添削を仰ぎたい。
[PR]
by nonacafe | 2005-10-14 23:59 | 庵主の文芸 | Comments(6)
Commented by 小金井の猫 at 2005-10-15 18:22 x
庵主さま 穴釜説明ボードの作成
ありがとうございます!!
作品展を見に来てくれる友人に
どう説明したらいいのかな~?って
思っていたところだったんですよ~
Commented by nonacafe at 2005-10-16 01:19
>猫ちゃん。つたない説明ですが少しでもお役に立てたら嬉しいです。
いまのところ世間の有識者からチェックが入っていませんので
信じていい内容だと、勝手に納得してます。(爆)
あ、そうだ。師匠からは“斜面”と“地面”は同じじゃないか?と
言ってましたが、もう額に入れちゃったので直しが面倒ゆえ無視!(笑)
Commented by buzangama at 2005-10-17 22:11
よくできていますね。穴窯焼成説明。お役にたててよかったあ。昨日は美女二人と遊びに来てくれてありがとうございました。明後日からですね。
陶芸展の盛況祈ってマース。
Commented by nonacafe at 2005-10-18 00:13
>おかみ、昨日は蒸しパンのご馳走おいしゅうございました。
ゆっくりできれば『陶友展』ご覧いただけたのにね。忙しくて残念!
美女ふたり+熟女ふたり?の写真を後ほどメールで送りマース。
Commented by あやん at 2005-10-18 19:29 x
いつもいつもありがとうございます!
何度でも言いますよ。
庵主なくしてむさしのなし!!
感謝です。
Commented by nonacafe at 2005-10-18 21:03
>あやん様、ようこそ。
いえいえ、単なる出しゃばり、というかおセッカイぢぢい。
まずは明日からの『陶友展』がんばりましょい!
<< 花水木の赤い実 満ち足りぬ月。心ぽっかりと穴。 >>