こちらではnonacafe庵々主の『一日一芸』の秘技が連日連夜公開されるらしい。
by nonacafe
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
LINK
おかげさまで、V3
 ありがとうございました



■こちらが庵主の『本院』
 nonacafe庵ホームページ
2002アーカイブ


■庵主がいつもお世話に
 陶芸教室むさしのHP
■教室の展示会情報やら
 むさしのイベントサイト
■うつわ作家、田中信彦ブログ
 非熱血・やきものLife
■女流陶芸家・千田玲子さんの
 千ちゃんのブログ
■AYAちゃんの、おうち。
 At Home Works
■川合牧人さん「そつたく窯」
 CERAMIC WORKS
■旧友&陶友 静岡にUターン
 TAKATAKAATT
■RURI'S おしゃれブログ
 Work of Art
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
MULAMASA'S BLOG
Aokimac's BLOG
小さな哲学~雑想の世界
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
ソラ日記
陶芸生活日記
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
極上の憂鬱
■ 空中楼閣の住人 ■ ...
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
5watts / win...
陶芸教室むさしの プラザ
陶芸の技法とレシピ 第2章
林寧彦(はやし・やすひこ...
おかみさんの土岐土器日記
 ☆器とアンティークを愛...
Gleybird's i...
空の下 歩けば
BOOKBINDING ...
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
季節の窓  Seaso...
 陶工房「上名窯」通信・...
とーげいやさんになりたくて
小さな陶芸教室 ~菊桃工房~
陶工房久美のつぶやき
mattina note
nyobi's cera...
ひげとちょんまげ
トスカーナ 「進行中」 ...
陶芸家(卵)の夫の日記み...
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
陶芸家・大江一人 『ロク...
from アメリカ 
かえるところ2
桃青窯696
Lemon's season
空と大地の間で
陶芸の技法とレシピ 第3章
くりりん Happy&思...
『 作漆便り。』
陶の館コレクション● 作...
陶芸教室一閑 みんなの広場
工房「上名窯」便り・・四...
「上名窯」便り・・・・・3
「上名窯」通信・4
最新のコメント
>aamuiさま ご無沙..
by nonacafe at 20:03
うちの居間にもあるのに ..
by aamui at 18:30
>Kyoko5346さま..
by nonacafe at 23:38
あらぁ、お久しぶりです!..
by Kyoko5346 at 21:51
>桃青窯さま コメント..
by nonacafe at 11:21
ご無沙汰してますが 相..
by touseigama696 at 08:18
>aamuiさま ごぶ..
by nonacafe at 20:58
お早うございます ますま..
by aamui at 06:53
>上名窯さま 明けまして..
by nonacafe at 18:48
あけましておめでとうござ..
by kanmyougama at 11:30
>aamuiさま コメン..
by nonacafe at 00:47
ひゃ~~凄い(@_@)暫..
by aamui at 10:22
>kyokoさま コメン..
by nonacafe at 19:49
川喜田半泥子良かったです..
by Kyoko5346 at 22:42
>kyoko5346さま..
by nonacafe at 13:52
kazbizenさんのと..
by Kyoko5346 at 14:27
最新のトラックバック
手わざの力。
from 工房 「一閑」 気まま通信
様々な出会いと...。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
望月 集 作陶展@銀座・..
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■すったまげた!
from ブルース日和 :風に吹かれて..
■やっぱりYES
from ブルース日和 :風に吹かれて..
タグ
(167)
(91)
(84)
(73)
(66)
(62)
(47)
(40)
(35)
(34)
(31)
(23)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
検索
カテゴリ
全体
庵主の陶芸
庵主の園芸
庵主の手芸
庵主の文芸
庵主の工芸
庵主の書芸
庵主のオモテ芸
庵主のウラ芸
庵主の花鳥風月
庵主の物見遊山
庵主の加米紀行
庵主の幻想錯視
庵主の暦歳時記
庵主の一期一会
庵主の驚喜乱舞
庵主の由無私事
庵主の温故知新
庵主の建築漫歩
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009年 08月 24日
八王子の穴窯から。
利休が一輪の朝顔で秀吉を迎えたという伝説の『朝顔の茶会』は、いわゆる現在の朝顔の花だったのだろうか・・・?
朝顔=朝貌は、古く万葉の時代には桔梗の花だったそうな。現在の朝顔は江戸時代に渡来したのでそれ以前の利休の安土桃山の時代では、当時最新の渡来品種で朝顔と称され、現代でも茶花の代表格である「木槿=ムクゲ」であったのかも知れない。

ま、それはさておき、この花生の壺は穴窯焼成によります。(笑)
e0047694_19372681.jpg
縁あって、八王子の陶芸家でいらっしゃる川合牧人氏開窯の「そつたく窯」さん築窯の穴窯に、有り難くも忍ばせていただきました。e0047694_19385162.jpg
三日三晩の薪焚きには参加できませんでしたが、7月の熱暑の一日に窯出しのお手伝いにお邪魔させていただきました。e0047694_19422074.jpg
薪の焼成から降る天然の灰が自然釉となって、こちらの拙作3点も格段の男前(別嬪度?)を上げて、火を落として一週間も経つのにホカホカで出て参りました。
e0047694_1943222.jpg
奥の輪花鉢にはビードロの景色が見事!ですねぇ〜。
重ね焼きから生まれた目跡も朝顔のオシベの如し…(↓)です。(笑)
e0047694_19443093.jpg
そして手前の銅鑼鉢(↓)。以前経験した穴窯焼成では意外と高台裏に見所の景色が生まれた記憶があったので、両面使いをもくろんで、持ち易いよう耳を付けました。そう、取り箸置き用にも兼ねて、ね。(爆)
e0047694_1945566.jpg
ところがそんなケチな根性をあざ笑うかのように、真っ黒な醜いホクロが離れない!
目跡の道具土が溶けて剥がれないのです!
伺うところに依ると今回新調されたのは業者おすすめの道具土だそうで、さすがに温厚そうな川合先生も怒り心頭の面持ちでした。
輪花鉢は先生に剥離していただいたので綺麗な仕上がりですが、小生がタガネやリューターを使った銅鑼鉢は、下手な作業で本体が欠損しそう!(泣)
…と言うことで、このままにして裏面の両面使いは諦めまっす!(苦笑)

*なお川合先生は、この9月17日~23日まで新宿京王百貨店のギャラリーにて、5回目の個展を開催されます。
今回窯出しされた作品を含む「穴窯焼締と白い器」のサブタイトルの元に新作を発表予定とのこと。庵主にとっては今年の「日本陶芸展」で入賞のオブジェ作品は拝見させていただきましたが、個展としての拝見は初めてのこと。今から楽しみです~。
[PR]
by nonacafe | 2009-08-24 21:00 | 庵主の陶芸 | Comments(18)
Commented by yumita6 at 2009-08-24 22:01 x
いい感じですね!
おもしろいと思います。何かを盛り付けてみたいです。

>>取り箸置き用にも兼ねて、ね。(爆)
ふーーん、なるほど・・(^_^)ン (素直に感心・・・)

ほくろもチャーミングではありませんか!


Commented by そつたく窯 at 2009-08-24 23:10 x
色々と 事後作業に苦悩の連続で、最後の案件(?)
に取り掛かっております。
これずに、次回も参加下さい!

こちらもリンクさせていただきました。
Commented by kanmyougama at 2009-08-25 07:58
三点ともすばらしい上がりですね。
ウラの黒いホクロ・・・・無理してとることもないと思うますよ。
そのうち味になります。
Commented by kyoko5346 at 2009-08-25 22:38 x
花入れといい、朝顔・木槿といい、お茶席の床を見るようです。
自然釉の走っている景色を見れば、ホクロも笑窪 (*^^)v
生菓子は輪花鉢と銅鑼鉢とどちらに合うかしら?
次は自然釉の抹茶碗ですね♪
Commented by kazbizen at 2009-08-26 19:55
穴窯で焼成されたのですね!
八王子に穴窯を築かれているとはまた羨ましいです!
そしてお忍びで(笑)3点入ったのですね!
中でも櫛目の中鉢ですかね?これまた綺麗な流星紋が出ていますね!
Commented by Potter-Y at 2009-08-26 21:40
どれもいい景色に焼きあがりましたね~。
薪窯は場所によって全然焼き上がりが違うので、
お忍びながらも特等席に陣取っていたのでしょうか?

リバーシブルの銅鑼鉢、なるほどそういう手もありますね!
Commented by nonacafe at 2009-08-27 00:05
>yumita6さま こんばんは。

ありがとうございます。何を盛り付けたらいいでしょう?
取り箸を使うもの・・・カレーライスじゃなさそう!(笑)
ほくろが、ライスに入ったレーズンに見えてきたりして・・!?
おっ!チーズとレーズン+ワインもいいかな?(爆)
Commented by nonacafe at 2009-08-27 00:23
>そつたく窯・川合さま

先日は貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
おかげさまで魅力倍々増の作品に成り上がり(?)ました。
個展前の追い込みでお忙しい中、ご紹介リンクまでいただき
重ねて御礼申し上げます。どうか素晴らしい個展となりますよう
期待してます。もちろん楽しみに押しかけます!!
Commented by nonacafe at 2009-08-27 00:31
>上名窯さま こんばんは。

ありがとうございます。って、薪窯の神様のおぼしめしですが…。
ホクロ・・・ビューティ・スポットですからね。
いにしえのベルサイユの貴族たちは、もっと沢山付けていたようですしね!(苦笑)
Commented by nonacafe at 2009-08-27 00:41
>kyoko5346さま こんばんは。

まぁ!お茶席ですかん?茶花はベランダの野に在る如し…で活けましたからん。(笑)
ホクロも笑窪?…アバタも笑窪じゃないかしらん!?(爆)
それはさておき、穴窯ではすっかりいろいろお便宜いただきました。
持つべき者は陶友です♪感謝!多謝!次もまたヨロシクね!(爆×2)
Commented by nonacafe at 2009-08-27 00:52
>kaz備前さま こんばんは。

八王子には山があります。山の麓のお寺の一画に
川合先生の人徳で特別築窯されていました。
「流星紋」っていうんですか?美しい名ですね〜〜!
さすが歴史ある薪窯の本場中の本場!勉強させてもらいました!
ありがとうございます。
Commented by nonacafe at 2009-08-27 01:04
>Potter-Yさま こんばんは。

ありがとうございます。睨みを効かせたわけじゃないけれど
きっと特等席でしたね。たぶん窯の4分の一くらいの手前でした。
たぶん?!(おいおい、窯出しに行ったんだろう?って。)苦笑
銅鑼鉢のリバーシブル、なんだかドテラみたい?(爆)
そうそう、これ、台皿からの思いつきです。
Commented by ikkannet at 2009-09-10 11:46
ご無沙汰しています。
・・・なるほど、リバーシブル!
台皿になるその発想はいいですね。
ホクロ・・・まぁ、これも焼き物の表情というコトで・・・なんて言いながら
僕だったらダイヤモンドディスクのグラインダーも持ち出して
必至に削り上げているかもしれません(笑)。
Commented by nonacafe at 2009-09-10 12:36
わっ!一閑さま。 
入れ替わるようにコメントが…ありがとうございます。
そうそう、この台皿、いつぞやの御作のパクリ?いや
私なりのアレンジの盗作(?)です。(爆)
ダイヤモンドディスクのグラインダーって我が教室にも
あるものと一緒かしらん?でも出生の窯が別なので
機器の使用、なんか遠慮してます。
しこしこヤスリ掛けで今後のライフワークかしらん?(苦笑)
Commented by kanmyougama at 2009-09-23 09:24
おはようございます。
しごとがいそがしそうですね。
それとも制作に没頭・・・・。
ひょっとしたら海外旅行・・・・。

肌持ちがいいですが、
一雨ほしいところです秋野菜も作れません。
Commented by nonacafe at 2009-09-25 00:09
>上名窯さま こんばんは。

すっかりご無沙汰しちゃって御免ください。
海外旅行いいですね〜!行けるものなら遊びに行きたいです。
最近はブログ更新もすっかり怠けちゃって…特段忙しいわけでもなく
制作意欲も戦意喪失で、いやはや困ったものです。
何とかせにやーイカンものだと、我ながら沈思黙考しております、です。(苦笑)
季節はすっかり秋になりましたね。秋の長雨の頃なのに、
そちらも雨が降りませんか?今からそちらへ雨乞いの「念」を送りますネ!
フレー!フレー!畑に雨、降れーぇー!(?)
Commented by kyoko534 at 2009-09-25 20:38 x
私もヒトのこと言えませんが、nonacafeさまのブログがちっとも更新されないと淋しいです~!お元気ですか???
Commented by nonacafe at 2009-09-27 20:08
>kyoko534さま

ごめんなさい。ご心配いただいているようですが
心身ともに元気ですよ。でも、ま、100%のカラ元気かもしれません(笑)
何事もなかったように、勇気を振り絞って(?)ブログ更新再開に
努めようと思いますので、今後ともおつきあいのほどよろしく。m(_ _)m
<< 東京スカイツリーが出来るまで【3】 【新作】古伊万里風・膾皿だった... >>